「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデル

2016.09.20 自動車ニュース
「アウディS1 クワトロリミテッドエディション」(右)と「S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」(左)。
「アウディS1 クワトロリミテッドエディション」(右)と「S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」(左)。 拡大

アウディ ジャパンは2016年9月20日、特別仕様車「S1/S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」を合計115台限定で発売した。

■カタログモデルとは一線を画す内外装が魅力

今回のアウディS1/S1スポーツバック クワトロリミテッドエディションは、2リッター直噴ターボエンジンとフルタイム4WDシステムが採用された高性能スポーツモデル「S1」および「S1スポーツバック」をベースとした限定モデルで、2012年に欧州で333台が限定販売された「アウディA1クワトロ」をイメージしたという内外装を特徴としている。

エクステリアでは、「ブラックハイグロススタイリングパッケージ(Audi exclusive)」やブリリアントブラックのコントラストルーフ、ブラックハイグロス フロントリップを採用するなど、ボディーの各所を黒でコーディネート。専用形状のリアウイングや5アームデザインのマットブラック18インチアルミホイール、赤と黒で塗り分けられたカラードブレーキキャリパー(Audi exclusive)、レッドラインを配したバイキセノンヘッドライト、プライバシーガラス、ボディーサイドの「quattro」ロゴなども特徴となっている。

ボディーカラーは「グレイシアホワイトメタリック」と「ミサノレッドパールエフェクト」「ベガスイエロー」の3色。ベースモデルとは異なり、ドアミラーもボディーと同色となっている。

一方、インテリアではカラーシートバック&センターコンソール、ファインナッパレザーのSスポーツシート、アルミニウムシフトノブ、レッドインナーリング付きハイグロスブラック エアコン吹き出し口カラードスリーブ、シートヒーター、BOSEサラウンドサウンドシステムなどを採用。インテリアカラーは、ボディーカラーがグレイシアホワイトメタリックとミサノレッドパールエフェクトの場合は、スチールグレー&レッド、ベガスイエローの場合はブラック&イエローとなる。

価格と販売台数は以下の通り。

【S1クワトロリミテッドエディション】
販売台数:25台
価格:449万円

【S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション】
販売台数:90台
価格:471万円

※ともにボディーカラーがベガスイエローの場合は、プラス19万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
S1, S1スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.26 試乗記 “アンフォロー”をテーマに、ブランドの既存のルールにとらわれない独特な立ち位置でデビューした「BMW X2」。しかし、いくら“鬼っ子”として振る舞っても、出自はなかなか隠せないもの。試乗を通じて感じたのは、あのクルマとの強い類似性だった。
  • アウディが「A3」と「S3」の仕様・装備を一部変更 2018.9.20 自動車ニュース アウディが「A3スポーツバック/セダン」「S3スポーツバック/セダン」の装備・仕様を変更。S3のリアシートを3分割可倒式としたほか、A3ではオプションの「ラグジュアリーパーッケージ」にチェスナットブラウンのパーシャルレザーシートを設定した。
ホームへ戻る