「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデル

2016.09.20 自動車ニュース
「アウディS1 クワトロリミテッドエディション」(右)と「S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」(左)。
「アウディS1 クワトロリミテッドエディション」(右)と「S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」(左)。 拡大

アウディ ジャパンは2016年9月20日、特別仕様車「S1/S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」を合計115台限定で発売した。

■カタログモデルとは一線を画す内外装が魅力

今回のアウディS1/S1スポーツバック クワトロリミテッドエディションは、2リッター直噴ターボエンジンとフルタイム4WDシステムが採用された高性能スポーツモデル「S1」および「S1スポーツバック」をベースとした限定モデルで、2012年に欧州で333台が限定販売された「アウディA1クワトロ」をイメージしたという内外装を特徴としている。

エクステリアでは、「ブラックハイグロススタイリングパッケージ(Audi exclusive)」やブリリアントブラックのコントラストルーフ、ブラックハイグロス フロントリップを採用するなど、ボディーの各所を黒でコーディネート。専用形状のリアウイングや5アームデザインのマットブラック18インチアルミホイール、赤と黒で塗り分けられたカラードブレーキキャリパー(Audi exclusive)、レッドラインを配したバイキセノンヘッドライト、プライバシーガラス、ボディーサイドの「quattro」ロゴなども特徴となっている。

ボディーカラーは「グレイシアホワイトメタリック」と「ミサノレッドパールエフェクト」「ベガスイエロー」の3色。ベースモデルとは異なり、ドアミラーもボディーと同色となっている。

一方、インテリアではカラーシートバック&センターコンソール、ファインナッパレザーのSスポーツシート、アルミニウムシフトノブ、レッドインナーリング付きハイグロスブラック エアコン吹き出し口カラードスリーブ、シートヒーター、BOSEサラウンドサウンドシステムなどを採用。インテリアカラーは、ボディーカラーがグレイシアホワイトメタリックとミサノレッドパールエフェクトの場合は、スチールグレー&レッド、ベガスイエローの場合はブラック&イエローとなる。

価格と販売台数は以下の通り。

【S1クワトロリミテッドエディション】
販売台数:25台
価格:449万円

【S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション】
販売台数:90台
価格:471万円

※ともにボディーカラーがベガスイエローの場合は、プラス19万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
S1, S1スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディe-tronスポーツバック55クワトロ ファーストエディション(4WD)【試乗記】 2020.10.9 試乗記 日本初登場となるアウディのピュアEV「e-tron(イートロン)スポーツバック」に試乗。システム最高出力408PSの電動パワーユニットと、前後モーターによる電動4WDとなった「クワトロ」が織りなす走りの印象を報告する。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る