「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデル

2016.09.20 自動車ニュース
「アウディS1 クワトロリミテッドエディション」(右)と「S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」(左)。
「アウディS1 クワトロリミテッドエディション」(右)と「S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」(左)。 拡大

アウディ ジャパンは2016年9月20日、特別仕様車「S1/S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」を合計115台限定で発売した。

■カタログモデルとは一線を画す内外装が魅力

今回のアウディS1/S1スポーツバック クワトロリミテッドエディションは、2リッター直噴ターボエンジンとフルタイム4WDシステムが採用された高性能スポーツモデル「S1」および「S1スポーツバック」をベースとした限定モデルで、2012年に欧州で333台が限定販売された「アウディA1クワトロ」をイメージしたという内外装を特徴としている。

エクステリアでは、「ブラックハイグロススタイリングパッケージ(Audi exclusive)」やブリリアントブラックのコントラストルーフ、ブラックハイグロス フロントリップを採用するなど、ボディーの各所を黒でコーディネート。専用形状のリアウイングや5アームデザインのマットブラック18インチアルミホイール、赤と黒で塗り分けられたカラードブレーキキャリパー(Audi exclusive)、レッドラインを配したバイキセノンヘッドライト、プライバシーガラス、ボディーサイドの「quattro」ロゴなども特徴となっている。

ボディーカラーは「グレイシアホワイトメタリック」と「ミサノレッドパールエフェクト」「ベガスイエロー」の3色。ベースモデルとは異なり、ドアミラーもボディーと同色となっている。

一方、インテリアではカラーシートバック&センターコンソール、ファインナッパレザーのSスポーツシート、アルミニウムシフトノブ、レッドインナーリング付きハイグロスブラック エアコン吹き出し口カラードスリーブ、シートヒーター、BOSEサラウンドサウンドシステムなどを採用。インテリアカラーは、ボディーカラーがグレイシアホワイトメタリックとミサノレッドパールエフェクトの場合は、スチールグレー&レッド、ベガスイエローの場合はブラック&イエローとなる。

価格と販売台数は以下の通り。

【S1クワトロリミテッドエディション】
販売台数:25台
価格:449万円

【S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション】
販売台数:90台
価格:471万円

※ともにボディーカラーがベガスイエローの場合は、プラス19万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
S1, S1スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ S1 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3/S3 2021.4.21 画像・写真 アウディ ジャパンは2021年4月21日、「アウディA3シリーズ」をフルモデルチェンジし、東京・渋谷において実車を初披露した。会場に展示された導入記念の特別仕様車「A3ファーストエディション」と、「A3セダン」「S3スポーツバック」の姿を写真で紹介する。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.5.15 試乗記 アウディスポーツが手がけたハイパフォーマンスクーペSUV「RS Q3スポーツバック」に試乗。開発にはモータースポーツでの知見を生かし、さらにサーキットで鍛え上げたというその走りを、ロングドライブに連れ出し味わってみた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る