砂漠の色をイメージしたジープの限定モデル登場

2016.09.29 自動車ニュース
「ジープ・レネゲード モハベ エディション」
「ジープ・レネゲード モハベ エディション」 拡大

FCAジャパンは2016年9月28日、ジープブランドのSUV「ラングラー」および「レネゲード」の特別仕様車「Mojave Edition(モハベ エディション)」を発表した。それぞれ100台限定で、同年10月8日に販売を開始する。

「ラングラー アンリミテッド モハベ エディション」
「ラングラー アンリミテッド モハベ エディション」 拡大
 
砂漠の色をイメージしたジープの限定モデル登場の画像 拡大
 
砂漠の色をイメージしたジープの限定モデル登場の画像 拡大

今回のモハベ エディションは、米国南西部のカリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州にまたがるモハベ砂漠の色をイメージしたボディーカラー「モハベサンド」が特徴の限定モデル。星条旗のデカールをボディーの左右に装着する点もポイントだ。通常、星条旗の星は左上にあるが、「進行方向に星が来るようにする」という考えのもと、ボディー右側のデカールは右上に星が位置するデザインとなる。

レネゲード モハベ エディションは「ロンジチュード」グレードをベースに、上級グレード「リミテッド」に搭載される「レーンセンス車線逸脱警報プラス」「前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付き)」「ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション」「パークビューリアバックアップカメラ」といった、さまざまな安全装備を装備している。価格は、ベースモデル比10万8000円プラスの307万8000円。

一方のラングラー アンリミテッド モハベ エディションは「アンリミテッド スポーツ」グレードをベースに、「三菱電機製 DIATONE SOUNDナビゲーションシステム」と「Jeepロゴ入りボディーカラードアミラー」を追加装備。価格は、ベースモデル比5万4000円プラスの401万7600円となっている。

(webCG)

 

関連キーワード:
ラングラー, レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.27 試乗記 およそ70年の歴史を持つ、本格クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。雪道を行く最強グレード「ルビコン」の走りは、ほかのクルマでは得がたい機能性を感じさせるものだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • 「ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ」の受注開始 2019.3.1 自動車ニュース FCAジャパンは2019年3月1日、新型「ジープ・ラングラー」に、新たに「アンリミテッド サハラ」を設定し、同日に受注を開始した。4代目ラングラーは、4つのバリエーションから選べるようになった。
ホームへ戻る