初代の誕生30周年を記念する「BMW M3」限定発売

2016.09.30 自動車ニュース

BMWジャパンは2016年9月30日、「BMW M3」の特別限定車「30 Jahre(ドライスィッヒ・ヤーレ)M3」を導入すると発表した。全世界500台限定で、日本市場では30台が販売される。同日、購入希望予約の受け付けが開始され、希望者多数の場合は抽選となる。デリバリー開始は2016年10月末となる見込み。

今回の30 Jahre M3は、初代M3のデビュー30周年を記念した、現行型M3の限定モデルで、車名の「30 Jahre」はドイツ語で「30年」を意味する。内外装は専用に仕立てられており、ボディーカラーには初代M3の特別色として初めてBMWのカラーラインナップに加わった「マカオブルーメタリック」を採用。室内については、フロントシートのヘッドレストに「30 JAHRE M3」のステッチを施したブラック/フィヨルドブルー・ツートンカラーのメリノレザーインテリアを採用するほか、カーボンファイバー製のインテリアトリムにも同じく「30 JAHRE M3」のロゴと、500台限定であることを示す「1/500」というレタリングが施される。日本仕様は右ハンドルとなる。

主な特別装備は以下の通り。
・専用ボディーカラー「マカオブルーメタリック」
・フルレザーメリノインテリア「ブラック&フィヨルドブルー」(専用カラー)
・フロントシートヘッドレスト(専用”30 JAHRE M3”ステッチ付き)
・カーボンファイバートリム「ブラッククロームハイライト」(専用”30 JAHRE M3”ロゴ&1/500レタリング付き)
・スカッフプレート(専用”30 JAHRE M3”ロゴ付き)
・コンペティションパッケージ(エンジン最高出力450ps、アダプティブMサスペンション<コンペティションパッケージ専用セッティング>、専用DSCセッティング、専用アクティブMディファレンシャルセッティング、ハイグロスブラック・キドニーグリル、サイドギル、リアモデルバッジ、20インチ鍛造Mライトアロイホイール・スタースポークスタイリング666M<フロント:9J x 20インチ+265/30ZR20/リア:10J x 20インチ+285/30ZR20>、Mスポーツ・エキゾーストシステム<ブラッククローム仕上げデュアルエキゾーストテールパイプ>、Mストライプ付きシートベルト)

価格は1340万円。

(webCG)

「BMW 30 Jahre M3」
「BMW 30 Jahre M3」 拡大
 
初代の誕生30周年を記念する「BMW M3」限定発売の画像 拡大
インテリアトリムに施される、500台限定を示すロゴ。
インテリアトリムに施される、500台限定を示すロゴ。 拡大

関連キーワード:
M3セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW M3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • 「BMW M5」の35周年記念モデル登場 日本国内は10台限定で発売 2019.8.23 自動車ニュース BMWジャパンは2019年8月23日、ハイパフォーマンススポーツセダン「BMW M5」の誕生35周年を記念した特別仕様車「M5 35 Jahreエディション」を発表し、同日、販売を開始した。全世界350台の限定生産で、日本での販売台数は10台となる。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
ホームへ戻る