左ハンドルの「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」発売

2016.10.05 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」
「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」 拡大

ルノー・ジャポンは2016年10月5日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273トロフィーS」を発表し、販売を開始した。左ハンドル仕様のみが設定される。50台限定で、価格は456万円。

アクラポヴィッチ製チタンマフラーを装備している。
アクラポヴィッチ製チタンマフラーを装備している。 拡大
 
左ハンドルの「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」発売の画像 拡大

今回のメガーヌR.S. 273トロフィーSは、2014年5月にドイツのニュルブルクリンクサーキットで、当時のFF市販車最速タイムを塗り替えた「メガーヌR.S. トロフィーR」と同じエンジンを搭載。最高出力は273ps、最大トルク36.7kgmを発生する。また、オーリンズ製ダンパーや、アクラポヴィッチ製チタンマフラーなど、スポーツ走行に寄与する多くの特別装備が与えられている。

主な特別装備は以下の通り。
・左ハンドル仕様(アルカンターラステアリング、サイドブレーキハンドル、シフトブーツ)
・カーボンエンド付きアクラポヴィッチ製チタンマフラー
・オーリンズ製調整式ダンパー
・スピードライン製19インチブラックアロイホイール“Turini”
・F1タイプエアインテークブレード(ブラック/“TROPHY”ロゴ入り)
・レザー&アルカンターラコンビレカロシート
・専用デカール(シルバー/“TROPHY”ロゴ入り)

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
ホームへ戻る