左ハンドルの「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」発売

2016.10.05 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」
「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」 拡大

ルノー・ジャポンは2016年10月5日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273トロフィーS」を発表し、販売を開始した。左ハンドル仕様のみが設定される。50台限定で、価格は456万円。

アクラポヴィッチ製チタンマフラーを装備している。
アクラポヴィッチ製チタンマフラーを装備している。 拡大
 
左ハンドルの「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」発売の画像 拡大

今回のメガーヌR.S. 273トロフィーSは、2014年5月にドイツのニュルブルクリンクサーキットで、当時のFF市販車最速タイムを塗り替えた「メガーヌR.S. トロフィーR」と同じエンジンを搭載。最高出力は273ps、最大トルク36.7kgmを発生する。また、オーリンズ製ダンパーや、アクラポヴィッチ製チタンマフラーなど、スポーツ走行に寄与する多くの特別装備が与えられている。

主な特別装備は以下の通り。
・左ハンドル仕様(アルカンターラステアリング、サイドブレーキハンドル、シフトブーツ)
・カーボンエンド付きアクラポヴィッチ製チタンマフラー
・オーリンズ製調整式ダンパー
・スピードライン製19インチブラックアロイホイール“Turini”
・F1タイプエアインテークブレード(ブラック/“TROPHY”ロゴ入り)
・レザー&アルカンターラコンビレカロシート
・専用デカール(シルバー/“TROPHY”ロゴ入り)

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ! フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に5段MTを搭載した新グレード登場 2020.2.3 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年2月3日、コンパクトハッチバック車「トゥインゴ」のモデルラインナップに新グレード「S」を追加設定し、販売を開始した。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」の限定モデル「ルコックスポルティフ」登場 2020.1.30 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に200台の限定モデル「ルコックスポルティフ」が登場。スポーツ用品メーカー ルコックスポルティフとのコラボレーションモデルの第2弾にあたり、専用のエクステリアデザインや充実した装備を特徴としている。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.2.4 試乗記 ディーゼルエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「メルセデス・ベンツE350de」。「Eクラス」に初搭載されたこのパワーユニットの実力を確かめるべく、東京・都心から郊外へと、休日の使い方を想定したロングドライブに連れ出してみた。
ホームへ戻る