左ハンドルの「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」発売

2016.10.05 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」
「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」 拡大

ルノー・ジャポンは2016年10月5日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273トロフィーS」を発表し、販売を開始した。左ハンドル仕様のみが設定される。50台限定で、価格は456万円。

アクラポヴィッチ製チタンマフラーを装備している。
アクラポヴィッチ製チタンマフラーを装備している。 拡大
 
左ハンドルの「ルノー・メガーヌR.S. 273トロフィーS」発売の画像 拡大

今回のメガーヌR.S. 273トロフィーSは、2014年5月にドイツのニュルブルクリンクサーキットで、当時のFF市販車最速タイムを塗り替えた「メガーヌR.S. トロフィーR」と同じエンジンを搭載。最高出力は273ps、最大トルク36.7kgmを発生する。また、オーリンズ製ダンパーや、アクラポヴィッチ製チタンマフラーなど、スポーツ走行に寄与する多くの特別装備が与えられている。

主な特別装備は以下の通り。
・左ハンドル仕様(アルカンターラステアリング、サイドブレーキハンドル、シフトブーツ)
・カーボンエンド付きアクラポヴィッチ製チタンマフラー
・オーリンズ製調整式ダンパー
・スピードライン製19インチブラックアロイホイール“Turini”
・F1タイプエアインテークブレード(ブラック/“TROPHY”ロゴ入り)
・レザー&アルカンターラコンビレカロシート
・専用デカール(シルバー/“TROPHY”ロゴ入り)

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
ホームへ戻る