走りのパフォーマンスを高めた新グレード「スバルBRZ GT」が登場

2016.10.18 自動車ニュース
「スバルBRZ GT」
「スバルBRZ GT」 拡大

富士重工業は2016年10月18日、「スバルBRZ」のラインナップに、新たな最上級グレード「GT」を追加設定し、同年11月7日に発売すると発表した。

17インチアルミホイールと、ブレンボ製ブレーキを装備する。
17インチアルミホイールと、ブレンボ製ブレーキを装備する。 拡大
アルカンターラと本皮のコンビシートは、フロントシートヒーターも備えている。
アルカンターラと本皮のコンビシートは、フロントシートヒーターも備えている。 拡大

今回のGTは、走りのパフォーマンスと質感の向上が図られた、BRZの最上級グレード。2016年7月のマイナーチェンジ発表の際に、同年秋の発売がアナウンスされていた。ZF製のザックスダンパーやブレンボ製ブレーキ、専用17インチアルミホイールを装備し、操縦安定性が高められている。

主な特別装備は以下の通り。
・ZF製ザックスダンパー
・ブレンボ製17インチ対向4ポット フロントベンチレーテッドディスクブレーキ
・ブレンボ製17インチ対向2ポット リアベンチレーテッドディスクブレーキ
・17インチアルミホイール (スーパーブラックハイラスター)
・リアスポイラー
・アルカンターラ/本革シート(フロントシートヒーター付き)

価格は6段MT仕様が331万5600円、6段AT仕様が337万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
BRZ, スバル, 自動車ニュース

スバル BRZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • より意のままに スバルが「BRZ」の改良モデルを発売 2018.9.11 自動車ニュース スバルは2018年9月11日、「BRZ」の改良モデルを発表し、同日、販売を開始した。車体後方における空気の乱流を抑えるためのフィンをリアのホイールアーチ部分に追加したほか、サスペンションのダンパーチューニングを最適化した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る