「ルノー・キャプチャー」にジーンズで装った限定車登場

2016.10.25 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー ジーンズ」
「ルノー・キャプチャー ジーンズ」 拡大

ルノー・ジャポンは2016年10月25日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー ジーンズ」を、50台限定で発売した。

ジーンズ調のシートカバーとアームレストは、実際にはデニム生地ではなく、柔らかい起毛素材が採用されている。
ジーンズ調のシートカバーとアームレストは、実際にはデニム生地ではなく、柔らかい起毛素材が採用されている。 拡大

ブルーレイ搭載7インチワイドSDナビを標準装備。画面外左側の円筒状の物体が、成約記念品のアロマディフューザー。


	ブルーレイ搭載7インチワイドSDナビを標準装備。画面外左側の円筒状の物体が、成約記念品のアロマディフューザー。
	拡大
Vサインでキメるルノー・ジャポンの近棟氏……ではなく、「キャプチャー」は2014年“2”月の導入。と説明しているところを記者が激写した。なぜか目線もばっちり。
Vサインでキメるルノー・ジャポンの近棟氏……ではなく、「キャプチャー」は2014年“2”月の導入。と説明しているところを記者が激写した。なぜか目線もばっちり。 拡大

今回のキャプチャー ジーンズは、「キャプチャー インテンス」をベースに、ジーンズ調のシートカバーとフロントアームレストが装着されるほか、ブルーレイ搭載7インチワイドSDナビも標準装備としている。

ルノー・ジャポン マーケティング部 商品企画グループの近棟伸邦プロダクトマネージャーは「キャプチャーは子供がすでに大きくなった40代以上の購買が多い。若々しいイメージのジーンズで、30台以下の層へも訴求できれば」とアピールした。

ボディーカラーはブルーメディテラネ メタリックとオランジュ ルシヨン メタリックの2色が選択でき、どちらもイヴォワールのルーフと組み合わされる。販売台数は前者が30台、後者が20台の限定となる。

価格はベース車両より2万円高の269万2000円。また、成約記念品として8種類のアロマディフューザーも用意される。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • シトロエンが「グランドC4ピカソ」改め「グランドC4スペースツアラー」発売 2018.10.1 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年9月25日、シトロエンのミニバン「グランドC4ピカソ」の名称を「グランドC4 SPACETOURER(スペースツアラー)」に変更し、同日、販売を開始した。
ホームへ戻る