三菱、「デリカD:5」の特別仕様車を2車同時発売

2016.10.27 自動車ニュース

「三菱デリカD:5ローデスト ロイヤルツーリング」(写真のボディーカラーはダイヤモンドブラックマイカ)


	「三菱デリカD:5ローデスト ロイヤルツーリング」(写真のボディーカラーはダイヤモンドブラックマイカ)
	拡大

三菱自動車は2016年10月26日、ミニバン「デリカD:5」の特別仕様車「ローデスト ロイヤルツーリング」と「シャモニー」を発表した。同年11月10日から販売を開始する。

「デリカD:5ローデスト ロイヤルツーリング」(写真は、ボディーカラーがウォームホワイトパールのモデル)
「デリカD:5ローデスト ロイヤルツーリング」(写真は、ボディーカラーがウォームホワイトパールのモデル) 拡大

今回のD:5ローデスト ロイヤルツーリングは、エアロパーツでドレスアップしたクリーンディーゼルエンジン搭載車「ローデスト D-Power package」(8人乗り)がベースの特別仕様車。ベース車ではオプション設定となるスパッタリング仕様のアルミホイールが装着される。

インテリアは、セカンドシートをキャプテンシートに変更し7人乗りとしたうえで、ブラックの本革シートを採用。運転席と助手席にシートヒーターを、運転席に電動調節機構(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)を加えることで利便性を向上。さらに、7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション「MMCS」に、後席9インチワイド液晶ディスプレイ(リモコン付き)、音声・映像入力RCA端子、ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステムを組み合わせた(装着車/非装着車を選択可能)。

価格は以下の通り。ボディーカラーは、ウォームホワイトパールとダイヤモンドブラックマイカの2色がラインナップされる。

  • ローデスト ロイヤルツーリング(MMCS装着車):429万8400円
  • ローデスト ロイヤルツーリング(MMCS非装着車):401万2200円

もうひとつの特別仕様車であるシャモニーは、両側電動スライドドアを装備するディーゼル車「D-Power package」(8人乗り)がベースで、クロームメッキのアウタードアハンドルとウインカー付き電動格納式リモコンドアミラーカバーが装着される。

インテリアについては、本木目&本革巻きステアリングホイール、木目調パネル(インパネセンター、アッパーグローブボックス、フロアコンソールリッド、パワーウィンドウスイッチパネル<フロント、リア>)、ルーフビームガーニッシュ(ホワイト天井照明)を装備。運転席には電動調節機構(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)が備わる。

ボディーカラーは2トーン2種類(ウォームホワイトパール×クールシルバーメタリック、クールシルバーメタリック×アイガーグレーメタリック)、モノトーン2色(ウォームホワイトパール、ダイヤモンドブラックマイカ)から選べる。

MMCSの有無により、以下の2車種がラインナップされる。

  • シャモニー(MMCS装着車):429万8400円
  • シャモニー(MMCS非装着車):401万2200円

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
  • 日産アリア リミテッド 2021.6.4 画像・写真 日産が新型電気自動車(EV)「アリア」の予約受注を開始した。先進的な操作インターフェイスや、ハンズオフ機能付き運転支援システム「プロパイロット2.0」の採用などでも注目を集めている最新EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
ホームへ戻る