アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表

2016.11.16 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」拡大

英アストンマーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。

マフラーのエキゾーストパイプは左右それぞれ2本出しとなっている。
マフラーのエキゾーストパイプは左右それぞれ2本出しとなっている。拡大
ヘッドレストには「Vanquish S」のロゴがステッチされる。
ヘッドレストには「Vanquish S」のロゴがステッチされる。拡大
独創的なインストゥルメントパネルまわり。エアコン吹き出し口の下にシフトセレクターが配置される。
独創的なインストゥルメントパネルまわり。エアコン吹き出し口の下にシフトセレクターが配置される。拡大

今回のヴァンキッシュSでは、従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。

搭載される6リッターV12エンジンは、インテークマニホールドの拡大により吸気効率が向上。最高出力600psと最大トルク64.2kgm(英国、欧州仕様の数値)を発生する。また、高回転域の吸気量を増化させることで、レッドゾーンまで途切れないパワーフィールの獲得が図られている。エンジン出力の向上に合わせて、8段AT「タッチトロニックIII」のキャリブレーションも調整され、ギアチェンジの高速化と、低速時のシフトマナーの洗練が図られている。併せてサスペンション、ダンパー設定、スプリングレート、アンチロールバーのブッシュも調整が施された。

エクステリアは、フロントスプリッターとリアディフューザーによりフロントリフトが低減し、空気抵抗の抑制を実現。この空力パーツはカーボンファイバーの素地(そじ)を露出させたデザインとなっている。さらにマフラーは4本出しのエキゾーストパイプを採用し、アグレッシブな外観が演出されている。

インテリアでは、シートに「フィログラフ」キルトレザーや、「サテンチョップド」フェイシアパネルなどの新しい素材や仕上げが用意され、カスタマイズの選択肢が広げられている。また、「Bridge of Weir」ケースネスレザーが採用されるほか、ヘッドレストには職人の仕上げによる「Vanquish S」のステッチが施される。

ラインナップは「クーペ」とオープンモデルの「ヴォランテ」が用意される。価格は英国では19万9950ポンド(約2719万円、1ポンド=136円で換算)から、アメリカでは31万2950ドル(約3411万円、1ドル=109円で換算)からに設定されており、納車は2016年12月から開始される予定。

(webCG)

 

関連キーワード:
ヴァンキッシュ, ヴァンキッシュ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティンDB11 AMR 2018.5.15 画像・写真 英アストンマーティンは、ハイチューンを施した5.2リッターV12ターボエンジンを搭載する、新たな高性能モデル「アストンマーティンDB11 AMR」を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • 第583回:レースと市販モデルの関係性とは?
    アストンマーティンのワークスドライバーに聞いた
    2019.8.10 エディターから一言 2019年8月3日~4日に富士スピードウェイで行われた、SUPER GT第5戦出場のためにアストンマーティンのワークスドライバー、ダレン・ターナー選手が英国より来日。アストンマーティンの市販モデルにはどんな魅力があるのか、レーシングマシンをよく知るプロの意見を聞いた。
ホームへ戻る