「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場

2016.12.08 自動車ニュース
「スズキ・ハスラーFリミテッド」
「スズキ・ハスラーFリミテッド」拡大

スズキは2016年12月8日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、同日販売を開始した。

 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、自然吸気エンジンを搭載した中間グレード「G」をベースに、装備を充実させるとともに、内外装に同車専用のコーディネートを取り入れたモデルである。カーキ色の専用シート表皮や、ガンメタリック塗装のフロントバンパーガーニッシュとリヤバンパーガーニッシュ、黒色のスチールホイールなどが採用されている。

具体的な特別装備は以下の通り。
・ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付き)
・専用色フロントリアバンパーガーニッシュ(ガンメタリック)
・専用色15インチスチールホイール(ブラックメタリック)
・電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納)
・フロントグリル「HUSTLER」アルファベットエンブレム(スモークメッキ)
・バックドア車名エンブレム(スモークメッキ)
・「Fリミテッド」エンブレム(左右フロントドア)
・専用色ファブリックシート表皮(カーキ)
・専用色シートパイピング(ガンメタリック)
・メッキインサイドドアハンドル
・専用フロアマット(ラバー)
・ステアリングオーディオスイッチ
・プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)

外装色はいずれのツートンカラーで、オレンジ×黒、ホワイト×黒、イエロー×白という同車専用の組み合わせを含む全4種類のバリエーションを用意。また、通常は上級グレード「X」「Xターボ」のみに設定されるステレオカメラ方式の運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」もオプションで選択可能としている。

価格はFF車が140万9400円、4WD車が153万5760円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ハスラー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ハスラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.8 試乗記 軽クロスオーバーという古くて新しいジャンルを定着させた「スズキ・ハスラー」は、フルモデルチェンジによってどんな進化を遂げたのか。ISGを組み込んだ自然吸気エンジン搭載の「ハイブリッドX」をロングドライブに連れ出し、仕上がりを確認した。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX/ハスラー ハイブリッドXターボ【試乗記】 2020.2.6 試乗記 一代にして軽クロスオーバーというジャンルを築いた「スズキ・ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ユーティリティー、装備の充実度、快適性、走りの質感と、全方位的な進化を遂げた新型は、開発理念にブレのない、完成度の高いクルマに仕上がっていた。
  • スズキ(その1) 2019.10.25 画像・写真 スズキは東京モーターショーの会場に、複数台のデザインの異なる「スズキ・ハスラー コンセプト」を出展した。人気の軽クロスオーバー「スズキ・ハスラー」の、新型の姿を示唆するモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
  • ただの軽クロスオーバーにあらず 「ダイハツ・タフト」に見る“新しい提案”とは? 2020.4.20 デイリーコラム ダイハツが満を持してリリースする軽クロスオーバー「タフト」。車内空間やデザインなど、随所に“提案”が込められたニューモデルは、ユーザーにどう受け止められるのか? 東京モーターショーから追いかけてきたwebCG編集部員が、新型車に寄せる期待を語る。
ホームへ戻る