「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場

2016.12.08 自動車ニュース
「スズキ・ハスラーFリミテッド」
「スズキ・ハスラーFリミテッド」拡大

スズキは2016年12月8日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、同日販売を開始した。

 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、自然吸気エンジンを搭載した中間グレード「G」をベースに、装備を充実させるとともに、内外装に同車専用のコーディネートを取り入れたモデルである。カーキ色の専用シート表皮や、ガンメタリック塗装のフロントバンパーガーニッシュとリヤバンパーガーニッシュ、黒色のスチールホイールなどが採用されている。

具体的な特別装備は以下の通り。
・ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付き)
・専用色フロントリアバンパーガーニッシュ(ガンメタリック)
・専用色15インチスチールホイール(ブラックメタリック)
・電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納)
・フロントグリル「HUSTLER」アルファベットエンブレム(スモークメッキ)
・バックドア車名エンブレム(スモークメッキ)
・「Fリミテッド」エンブレム(左右フロントドア)
・専用色ファブリックシート表皮(カーキ)
・専用色シートパイピング(ガンメタリック)
・メッキインサイドドアハンドル
・専用フロアマット(ラバー)
・ステアリングオーディオスイッチ
・プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)

外装色はいずれのツートンカラーで、オレンジ×黒、ホワイト×黒、イエロー×白という同車専用の組み合わせを含む全4種類のバリエーションを用意。また、通常は上級グレード「X」「Xターボ」のみに設定されるステレオカメラ方式の運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」もオプションで選択可能としている。

価格はFF車が140万9400円、4WD車が153万5760円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ハスラー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ハスラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スズキ・ハスラー」発表会の会場から 2019.12.24 画像・写真 いよいよフルモデルチェンジされたスズキの軽クロスオーバー「ハスラー」。2代目となる新型は、どんなクルマに仕上がっているのか? その“見どころ”や、取り入れられた新技術の数々を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.8 試乗記 軽クロスオーバーという古くて新しいジャンルを定着させた「スズキ・ハスラー」は、フルモデルチェンジによってどんな進化を遂げたのか。ISGを組み込んだ自然吸気エンジン搭載の「ハイブリッドX」をロングドライブに連れ出し、仕上がりを確認した。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
  • スズキ・ハスラー【開発者インタビュー】 2020.2.7 試乗記 2014年に登場して、またたく間に人気モデルとなった軽クロスオーバー「ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ライバルも登場する中で、先駆者のアドバンテージをどう生かすのか? チーフエンジニアとデザイナーに話を聞いた。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD) 2019.12.24 画像・写真 軽クロスオーバーのパイオニア「スズキ・ハスラー」が2代目にモデルチェンジ。従来モデルから刷新された内外装のデザインや、機能性が高められた車内空間、インフォテインメントシステムをはじめとした新装備など、新型のディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る