“祝10周年”の「ホンダ・フィット」発売

2011.10.13 自動車ニュース

“祝10周年”の「ホンダ・フィット」発売

本田技研工業は、コンパクトカー「フィット」シリーズの特別仕様車3モデルを設定し、2011年10月13日に発売した。

今回の特別仕様車は、「フィット」のデビュー10周年を記念したもの。装備の充実が図られた、「フィット13G・10thアニバーサリーII」「フィットハイブリッド・10thアニバーサリー」「フィットRS・10thアニバーサリー」の3モデルが用意される。それぞれの主要な特別装備と価格は、以下のとおり。

■「フィット13G・10thアニバーサリーII」

・バックモニター付きオーディオ+USBジャック
・Hondaスマートキーシステム(スマートキー1個付き)
・ETC車載器
・IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス
・専用ブラウンインテリア(ブラウンステッチ入り)
・ウォームブラウンメタリック塗装パネル(センターパネル/アッパーグローブボックスリッド/フロントドア部スイッチパネル)
・助手席側バニティミラー付きサンバイザー
・Fパッケージ(LEDドアミラーウインカー、電動格納式リモコンカラードドアミラーなど)
・専用メタリック塗装フロントグリル(ミディアムシルバー)
・10thアニバーサリー専用エンブレム

価格は、FF車(CVT)が137万円で、4WD車(5AT)が154万5600円。

■「フィットハイブリッド・10thアニバーサリー」

・Hondaスマートキーシステム(スマートキー2個付き)
・ETC車載器
・本革巻きステアリングホイール
・フロントドア部のシャンパンメタリック塗装スイッチパネル
・専用インテリア(ブラック内装のモデルはブルーステッチ入り、ベージュ内装のモデルはベージュステッチ入り)
・10thアニバーサリー専用エンブレム

FF車(CVT)のみで、価格は165万円。

■「フィットRS・10thアニバーサリー」

・キーレスエントリー一体型キー(1個追加)
・専用ブラックインテリア(オレンジステッチ入り)
・専用16インチアルミホイール
・クロームメッキ・メーターリング
・10thアニバーサリー専用エンブレム

こちらも駆動方式はFFのみ。トランスミッションはCVTと6段MTが選べ、価格はともに171万円。

(webCG 関)

「フィット13G・10thアニバーサリーII」
「フィット13G・10thアニバーサリーII」 拡大
「フィット13G・10thアニバーサリーII」の専用ブラウンインテリア。
「フィット13G・10thアニバーサリーII」の専用ブラウンインテリア。 拡大
「フィットハイブリッド・10thアニバーサリー」
「フィットハイブリッド・10thアニバーサリー」 拡大
「フィットRS・10thアニバーサリー」
「フィットRS・10thアニバーサリー」 拡大

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドL Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 デビューから4年を控え、大幅な改良が施された「ホンダ・フィット」。充実した装備が特徴の「ハイブリッドL Honda SENSING」と、同車にオプション設定される「プレミアムブラウン・インテリア」の詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2017.9.27 試乗記 モデルライフ半ばのテコ入れが実施された、「ホンダ・フィット ハイブリッド」に試乗。目玉となる運転支援システムの使い勝手や実際に計測した燃費データも含め、売れ筋コンパクトカーの実力を報告する。
ホームへ戻る