フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化

2017.01.06 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化し、2017年1月6日に発売した。

今回、フォルクスワーゲンのミニバンとしては初めて、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」がゴルフトゥーランに採用された。「TSIハイライン」と「TSI Rライン」には、標準装備として搭載。「TSIコンフォートライン」についても、専用オプション「セーフティーパッケージ」に追加される。

トラフィックアシストは、ドライバーがあらかじめ設定した車速や先行車との車間距離を自動的に保ちながら、走行レーンからも逸脱しないようにサポートする機能。渋滞時や長距離移動におけるドライバーの疲労やストレスを緩和するとアピールされる。

同時に、TSIコンフォートラインの専用オプション「アップグレードパッケージ」(価格:20万円)には、「クロームパッケージ」(サイドウィンドウ)と「シルバールーフレール」を追加。エクステリアの質感向上が図られた。

ゴルフトゥーランのラインナップと価格は、以下の通り。

  • TSIトレンドライン:284万7000円
  • TSIコンフォートライン:319万9000円
  • TSIハイライン:379万9000円
  • TSI Rライン:397万4000円

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン」
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン」拡大

関連キーワード:
ゴルフトゥーランフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン2.0 TDI SCR(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.8.1 試乗記 いよいよ日本へのディーゼルモデル導入を開始したフォルクスワーゲン(VW)。その第2弾となる「ゴルフトゥーラン」のTDIモデルに、本国ドイツで試乗。間もなく日本に導入されるディーゼルミニバンは、“アウトバーンの国”ならではの長距離ランナーだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデルを設定 2018.8.30 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデルを設定し、間もなく発売すると発表した。エンジンは最高出力150ps、最大トルク340Nmの2リッターディーゼルターボで、トランスミッションには6段DSGが組み合わされる。
  • アウディTTSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.1 試乗記 コンパクトスポーツカー「アウディTT」の最新型に、同車ゆかりの地であるイギリス・マン島で試乗。エクステリアデザインやパワートレインをはじめとするマイナーチェンジの成果を、高性能モデル「TTS」で確かめた。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2018.8.25 試乗記 トランスミッションが変更されるなど、大規模なマイナーチェンジを受けたMINIに試乗。今回のテスト車は4シーターオープンの「クーパーS コンバーチブル」。風を感じながらのドライブで、最新モデルの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る