三菱、「eKカスタム」と「eKワゴン」を一部改良

2017.01.26 自動車ニュース
「三菱eKカスタム」。ボディーカラーは新色の「ライトニングブルーマイカ」。
「三菱eKカスタム」。ボディーカラーは新色の「ライトニングブルーマイカ」。拡大

三菱自動車は2016年1月26日、軽乗用車「eKカスタム」と「eKワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「eKワゴン」。ボディーカラーは新色の「コーラルピンクマイカ」。
「eKワゴン」。ボディーカラーは新色の「コーラルピンクマイカ」。拡大

今回の改良では、ボディーカラー展開の見直しと、一部グレードで装備の強化が行われた。

ボディーカラーは、eKカスタムに「ライトニングブルーマイカ」が新たに設定されて全6色展開に、eKワゴンには「コーラルピンクマイカ」が新たに設定され、全9色の展開となった。

装備面では、eKカスタム/eKワゴンとも「Tセーフティーパッケージ」にクルーズコントロールを採用。また、eKワゴンの「E」では、リアドア、リアクオーター、テールゲートのガラスがプライバシーガラスに変更された。

価格はeKカスタムが129万1680円~165万8880円、eKワゴンが103万1400円~153万7920円。

(webCG)

関連キーワード:
eKカスタム, eKワゴン, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKカスタム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 「三菱eKクロス」の特別仕様車「Tプラスエディション」発売
    2019.12.25 自動車ニュース 三菱自動車は2019年12月25日、軽乗用車「eKクロス」に特別仕様車「Tプラスエディション」を設定し、販売を開始した。最上級グレード「T」をベースに、人気オプションの「MI-PILOT」と電動パーキングブレーキ、デジタルルームミラーを標準装備している。
  • 三菱が新型軽乗用車「eKワゴン」「eKクロス」を発売 2019.3.28 自動車ニュース 三菱が軽乗用車「eKワゴン」をモデルチェンジ。SUVテイストの派生モデル「eKクロス」とともに販売を開始した。充実した運転支援システムも特徴で、オプションでアダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能を組み合わせた「MI-PILOT(マイパイロット)」も用意される。
  • ホンダが国内に導入する新型「アコード」の概要発表 ハイブリッドのモノグレードで展開 2020.1.23 自動車ニュース 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月に国内での販売を予定している「アコード」の概要を発表した。10代目となる新型は、4ドアクーペを思わせるスタイリングが特徴。新プラットフォームの採用によりユーティリティー性も向上している。
ホームへ戻る