三菱、「eKカスタム」と「eKワゴン」を一部改良

2017.01.26 自動車ニュース
「三菱eKカスタム」。ボディーカラーは新色の「ライトニングブルーマイカ」。
「三菱eKカスタム」。ボディーカラーは新色の「ライトニングブルーマイカ」。拡大

三菱自動車は2016年1月26日、軽乗用車「eKカスタム」と「eKワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「eKワゴン」。ボディーカラーは新色の「コーラルピンクマイカ」。
「eKワゴン」。ボディーカラーは新色の「コーラルピンクマイカ」。拡大

今回の改良では、ボディーカラー展開の見直しと、一部グレードで装備の強化が行われた。

ボディーカラーは、eKカスタムに「ライトニングブルーマイカ」が新たに設定されて全6色展開に、eKワゴンには「コーラルピンクマイカ」が新たに設定され、全9色の展開となった。

装備面では、eKカスタム/eKワゴンとも「Tセーフティーパッケージ」にクルーズコントロールを採用。また、eKワゴンの「E」では、リアドア、リアクオーター、テールゲートのガラスがプライバシーガラスに変更された。

価格はeKカスタムが129万1680円~165万8880円、eKワゴンが103万1400円~153万7920円。

(webCG)

関連キーワード:
eKカスタムeKワゴン三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • おめでとう25周年!
    「スズキ・ワゴンR」の栄光の軌跡
    2018.9.17 デイリーコラム 1993年9月3日の発売から25周年を迎えた「スズキ・ワゴンR」。現在までトレンドが続いている背高系軽自動車のパイオニアは、どんなところが画期的だったのか。自動車ライター渡辺陽一郎が解説する。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • 「三菱eKシリーズ」の予防安全性能がレベルアップ 2018.5.28 自動車ニュース 三菱自動車は2018年5月28日、予防安全性能を向上させた軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」を発表。新たに設定した特別仕様車「eKスペース アクティブギア」とともに、同日発売した。
ホームへ戻る