三菱、「eKカスタム」と「eKワゴン」を一部改良

2017.01.26 自動車ニュース
「三菱eKカスタム」。ボディーカラーは新色の「ライトニングブルーマイカ」。
「三菱eKカスタム」。ボディーカラーは新色の「ライトニングブルーマイカ」。拡大

三菱自動車は2016年1月26日、軽乗用車「eKカスタム」と「eKワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「eKワゴン」。ボディーカラーは新色の「コーラルピンクマイカ」。
「eKワゴン」。ボディーカラーは新色の「コーラルピンクマイカ」。拡大

今回の改良では、ボディーカラー展開の見直しと、一部グレードで装備の強化が行われた。

ボディーカラーは、eKカスタムに「ライトニングブルーマイカ」が新たに設定されて全6色展開に、eKワゴンには「コーラルピンクマイカ」が新たに設定され、全9色の展開となった。

装備面では、eKカスタム/eKワゴンとも「Tセーフティーパッケージ」にクルーズコントロールを採用。また、eKワゴンの「E」では、リアドア、リアクオーター、テールゲートのガラスがプライバシーガラスに変更された。

価格はeKカスタムが129万1680円~165万8880円、eKワゴンが103万1400円~153万7920円。

(webCG)

関連キーワード:
eKカスタム, eKワゴン, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKカスタム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 第37回:三菱eKクロス(前編) 2019.6.19 カーデザイナー明照寺彰の直言 三菱最新のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の採用により、当代きっての“ド迫力マスク”を手に入れた「三菱eKクロス」。そのデザインのキモに、兄弟車「日産デイズ」や同門のミニバン「三菱デリカD:5」との比較を通して迫る。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 第38回:三菱eKクロス(後編) 2019.6.26 カーデザイナー明照寺彰の直言 この“顔”はスポーツカーにもよく似合う!? SUV風のデザインが目を引く、三菱の新しい軽乗用車「eKクロス」。迫力満点のフロントマスク「ダイナミックシールド」の特徴とアドバンテージを、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
ホームへ戻る