三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化

2017.01.26 自動車ニュース

三菱自動車は2017年1月26日、軽商用電気自動車「ミニキャブ ミーブ バン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良は各種機能、装備の強化が中心となっている。具体的には、車両の充電中にも空調の使用が可能となるようエアコンを改良したほか、メーカーオプションのキーレスエントリーシステムのリモコンキーにプレ空調スイッチを追加。乗車前の遠隔空調操作を可能とした。

また運転席&助手席シートヒーターを標準装備とするなど、既存の「寒冷地仕様」を標準仕様化。さらに運転席、助手席パワーウィンドウや、バッテリーが満充電、および満充電に近い状態における回生ブレーキ力の低下を警告する「回生ブレーキ力警告灯」を新たに採用した。

また、グレードの構成が見直され、「CD 16.0kWh」はハイルーフの2シーターと4シーターに、「CD 10.5kWh」はハイルーフの4シーターのみにラインナップが集約された。

価格は以下の通り。

  • CD 10.5kWh(4シーター):176万9040円
  • CD 16.0kWh(2シーター):212万8680円
  • CD 16.0kWh(4シーター):215万0280円

(webCG)
 

 

「三菱ミニキャブ ミーブ バン」
「三菱ミニキャブ ミーブ バン」拡大

関連キーワード:
ミニキャブ ミーブ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 ミニキャブ ミーブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)【試乗記】 2011.5.24 試乗記 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)

    三菱の商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」試作車に試乗。電力不足のなかでの、EVの役割について考えた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.3.25 試乗記 三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、「アウトランダー」ゆずりの電動パワートレインを搭載したPHEVが登場。ハイテクの電動四駆と引き締まった高剛性ボディー、おうようなクルマの挙動が織り成すその走りは、三菱製4WD車の伝統を感じさせるものだった。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
ホームへ戻る