三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化

2017.01.26 自動車ニュース

三菱自動車は2017年1月26日、軽商用電気自動車「ミニキャブ ミーブ バン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良は各種機能、装備の強化が中心となっている。具体的には、車両の充電中にも空調の使用が可能となるようエアコンを改良したほか、メーカーオプションのキーレスエントリーシステムのリモコンキーにプレ空調スイッチを追加。乗車前の遠隔空調操作を可能とした。

また運転席&助手席シートヒーターを標準装備とするなど、既存の「寒冷地仕様」を標準仕様化。さらに運転席、助手席パワーウィンドウや、バッテリーが満充電、および満充電に近い状態における回生ブレーキ力の低下を警告する「回生ブレーキ力警告灯」を新たに採用した。

また、グレードの構成が見直され、「CD 16.0kWh」はハイルーフの2シーターと4シーターに、「CD 10.5kWh」はハイルーフの4シーターのみにラインナップが集約された。

価格は以下の通り。

  • CD 10.5kWh(4シーター):176万9040円
  • CD 16.0kWh(2シーター):212万8680円
  • CD 16.0kWh(4シーター):215万0280円

(webCG)
 

 

「三菱ミニキャブ ミーブ バン」
「三菱ミニキャブ ミーブ バン」拡大

関連キーワード:
ミニキャブ ミーブ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)【試乗記】 2011.5.24 試乗記 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)

    三菱の商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」試作車に試乗。電力不足のなかでの、EVの役割について考えた。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • 三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化 2017.1.26 自動車ニュース 三菱が軽ワンボックスタイプの電動商用車「ミニキャブ ミーブ バン」を一部改良。充電中などに車外から空調を遠隔操作できる「プレ空調」機能を新たに採用したほか、運転席&助手席シートヒーターなどを標準装備とした。
  • トヨタが「プリウスPHV」を一部改良 乗車定員が5人に 2019.5.9 自動車ニュース トヨタ自動車は、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」を一部改良し、2019年5月9日に発売した。乗車定員を従来型の4人から5人とし、新たにクルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み“V2H”を装備している。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
ホームへ戻る