三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化

2017.01.26 自動車ニュース

三菱自動車は2017年1月26日、軽商用電気自動車「ミニキャブ ミーブ バン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良は各種機能、装備の強化が中心となっている。具体的には、車両の充電中にも空調の使用が可能となるようエアコンを改良したほか、メーカーオプションのキーレスエントリーシステムのリモコンキーにプレ空調スイッチを追加。乗車前の遠隔空調操作を可能とした。

また運転席&助手席シートヒーターを標準装備とするなど、既存の「寒冷地仕様」を標準仕様化。さらに運転席、助手席パワーウィンドウや、バッテリーが満充電、および満充電に近い状態における回生ブレーキ力の低下を警告する「回生ブレーキ力警告灯」を新たに採用した。

また、グレードの構成が見直され、「CD 16.0kWh」はハイルーフの2シーターと4シーターに、「CD 10.5kWh」はハイルーフの4シーターのみにラインナップが集約された。

価格は以下の通り。

  • CD 10.5kWh(4シーター):176万9040円
  • CD 16.0kWh(2シーター):212万8680円
  • CD 16.0kWh(4シーター):215万0280円

(webCG)
 

 

「三菱ミニキャブ ミーブ バン」
「三菱ミニキャブ ミーブ バン」拡大

関連キーワード:
ミニキャブ ミーブ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)【試乗記】 2011.5.24 試乗記 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)

    三菱の商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」試作車に試乗。電力不足のなかでの、EVの役割について考えた。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタムNEW 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(前編)【試乗記】 2019.7.17 試乗記 本格的なオフロード性能を有するクロスカントリー車として、今や貴重な存在となった「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。価格もボディーサイズも異なる2台の間に、共通する価値観はあるのか? 東京-富士ヶ嶺のドライブを通して確かめた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
ホームへ戻る