「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車

2017.02.02 自動車ニュース
「ジープ・レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはアルパインホワイト。
「ジープ・レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはアルパインホワイト。拡大

FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。

「レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはアンヴィル。
「レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはアンヴィル。拡大
「レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはモハベサンド。
「レネゲード セーフティエディション」。ボディーカラーはモハベサンド。拡大

今回のレネゲード セーフティエディションは、エントリーグレードの「ロンジチュード」をベースに、安全装備の充実が図られたモデル。上級グレードである「リミテッド」に準ずる安全装備を搭載しながら、リミテッドより8万6000円安い価格設定がセリングポイントとなっている。ボディーカラーはアルパインホワイト(限定100台)、アンヴィル(同100台)、モハベサンド(同200台)の全3色が用意される。ルーフカラーには、レネゲードとしては初めてブラックを採用した。

主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックルーフ
  • LaneSense車線逸脱警報プラス
  • 前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付き)
  • ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
  • Parkviewリアバックアップカメラ
  • オートヘッドライト
  • 雨量感知機能ワイパー

(webCG)

 

関連キーワード:
レネゲードジープSUV 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.9.10 試乗記 「Gクラス」と「ジムニー」ばかりが目立っているが、本格オフローダーといえば「ジープ・ラングラー」を忘れてはいけない。世界有数の悪路といわれるアメリカ・ルビコントレイルで、新型の出来栄えをチェックした。
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.9.2 試乗記 ホンダの軽スポーツカー「S660」に純正オプションをたっぷりと組み込んだ、コンプリートカー「S660モデューロX」に試乗。自らS660を所有していた清水草一が、その乗り味の特徴をリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • BMW M2コンペティション/M5コンペティション【海外試乗記】 2018.8.23 試乗記 走り好きをうならせる“BMW M”のラインナップに、より動力性能を高めた2モデル「M2コンペティション」「M5コンペティション」が登場。標準モデルでも十分に高かったパフォーマンスはどのように進化したのか? その走りをスペイン・マラガから報告する。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
ホームへ戻る