「ジープ・グランドチェロキー」がマイナーチェンジ

2017.02.16 自動車ニュース
「ジープ・グランドチェロキー サミット」
「ジープ・グランドチェロキー サミット」拡大

FCAジャパンは2017年2月16日、ジープブランドのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」をマイナーチェンジし、同年3月4日に発売すると発表した。

「グランドチェロキー リミテッド」のフロントマスク。
「グランドチェロキー リミテッド」のフロントマスク。拡大
「グランドチェロキー リミテッド」のバックショット。
「グランドチェロキー リミテッド」のバックショット。拡大
「グランドチェロキー サミット ラグーナレザーパッケージ」のインテリア。
「グランドチェロキー サミット ラグーナレザーパッケージ」のインテリア。拡大
「グランドチェロキー リミテッド」のインテリア。
「グランドチェロキー リミテッド」のインテリア。拡大

ジープ伝統の「セブンスロットグリル」の高さを短くするなどフロントマスクを新しくしたほか、先進安全装備や快適装備などの充実を図った。現行型グランドチェロキーのマイナーチェンジは、2011年の国内導入以来、2度目となる。

グレードごとの主な変更点は、以下の通り。

<ラレード>
・リアバックアップカメラを標準装備化
・アイドリングストップを新たに搭載
・エンジンの改良によって燃費を8.6km/リッターから9.6km/リッターに向上
・ドアミラーにオート格納機能を追加
・シングルCD プレーヤーを廃⽌
・パークビューリアバックアップカメラを追加
・フロントグリルのデザインを変更
・ヘッドライトベゼルのカラーを従来よりもダークにし、グリル周りをブラックに統一
・18インチアルミホイールのデザインを変更

<リミテッド>
・ドアミラーにオート格納機能を追加
・シングルCDプレーヤーを廃止
・充実した安全装備を追加(アドバンストブレーキアシスト/アダプティブクルーズコントロール<Stop機能付き>/前面衝突警報<クラッシュミティゲーション付き>/LaneSense車線逸脱警報プラス/ParkSense縦列/並列パークアシスト/ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション)
・フロントグリルのデザインを変更
・ヘッドライトベゼルのカラーを従来よりもダークにし、グリル周りをブラックに統一

<サミット>
・5.7リッターV8に替えて3.6リッターV6(START&STOPシステム付き)エンジンを搭載
・クォドラドライブII 4X4 システムを廃止
・ドアミラーにオート格納機能を追加
・シングルCD プレーヤーを廃止
・LaneSense車線逸脱警報プラスを追加
・ParkSense縦列/並列パークアシストを追加
・フロントグリルのデザインを変更
・ヘッドライトベゼルのカラーを従来よりもダークにし、グリル周りをブラックに統一
・20 インチアルミホイールのデザインを変更
・ラグーナレザーパッケージ(ダッシュボード、センターコンソール、ドアパネル部分にホワイトのラグーナレザーを採用)をオプションとして新設定

価格は、「ラレード」が従来モデルから据え置きの494万6400円。「リミテッド」は従来モデル+3万2400円の599万4000円。「サミット」はエンジンの変更などもあり、従来モデルよりも約70万円安い664万2000円。「サミット ラグーナレザーパッケージ」は707万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.27 試乗記 およそ70年の歴史を持つ、本格クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。雪道を行く最強グレード「ルビコン」の走りは、ほかのクルマでは得がたい機能性を感じさせるものだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • 「ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ」の受注開始 2019.3.1 自動車ニュース FCAジャパンは2019年3月1日、新型「ジープ・ラングラー」に、新たに「アンリミテッド サハラ」を設定し、同日に受注を開始した。4代目ラングラーは、4つのバリエーションから選べるようになった。
ホームへ戻る