BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を発表

2011.09.30 自動車ニュース

BMW、「5シリーズ」のハイブリッド版「アクティブハイブリッド5」を発表

独BMWは、「5シリーズ」のハイブリッドバージョン「アクティブハイブリッド5」の概要を発表した。

■「アクティブハイブリッド」の本命登場

2010年3月のジュネーブモーターショーでコンセプトカーが披露された、BMW5シリーズのハイブリッド車「アクティブハイブリッド5」が本国で発表された。

エンジンをモーターでアシストするBMWの「アクティブハイブリッド」システムは、すでに「X6」と「7シリーズ」に設定されている。これらはシステム構成は異なるものの、いずれもV8エンジンにモーターを組み合わせている点で共通する。しかし今回発表された5シリーズのそれはV8ではなく、BMWの量産ハイブリッド車として初めて直6エンジンを採用した点が新しい。

ベースとなるユニットは、「535i」などに搭載されているバルブトロニック付きのツインパワー(ツインスクロール)ターボ(最高出力306ps、最大トルク40.8kgm)。これに40kW(55ps)のモーターとリチウムイオン電池を組み合わせ、システムを構成する。最高出力は340psで、「535i」(306ps)と「550i」(407ps)の中間に位置する出力値だ。0-100km/h加速は5.9秒という。

このハイブリッドシステムは、エンジンのダウンサイジングのほかにもさまざまな燃費向上策が採られている。モーターは、加速中にエンジンブースターとして出力アップに寄与するほか、アクセルオフおよびブレーキング中にはエネルギー回生を行い、発電機の機能を果たす。また「ECO PRO」と呼ばれる省エネ機能を備え、これをONの状態でアクセルオフにすると、クラッチがエンジンを切り離し、モーターによる巡航モードに切り替わる。「コースティングモード」と呼ばれるこの機能は、最大160km/hまで適用可能という。

■次期「3シリーズ」にも?

またクラッチ付きのハイブリッドシステムでは一般的になりつつある「EVモード」も備える。これはバッテリー残量が多いときに、最高60km/hまでモーターのみでの走行を可能とするもの。最大約2.5マイル(約4km)走れるという。

スタートストップ(アイドリングストップ)機能も備え、信号待ちでは自動でエンジンを停止する。これらの機能は、ナビゲーションの地図データとも連携し、エネルギー効率の向上が図られるという。

燃費(EUモード)は、装着タイヤにより7.0リッター/100km(14.3km/リッター)から6.4リッター/100km(15.6km/リッター)。CO2排出量は149〜163g/kmと公表される。

ついに登場したBMWの直6ハイブリッド。それは5シリーズのみならず、次期「3シリーズ」など、よりサイズの小さな車種に展開される可能性もある。

(webCG 曽宮)

「BMWアクティブハイブリッド5」
「BMWアクティブハイブリッド5」 拡大
 
BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を発表の画像 拡大
 
BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を発表の画像 拡大
 
BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を発表の画像 拡大

関連キーワード:
アクティブハイブリッド5, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る