イタリア警察、「ランボルギーニ・ウラカン ポリツィア」を導入

2017.04.03 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカン ポリツィア」
「ランボルギーニ・ウラカン ポリツィア」拡大

伊ランボルギーニは2017年3月30日(現地時間)、「ウラカン」の警察用モデル「ポリツィア」をイタリア・ハイウェイパトロールに納車した。ローマのヴィミナーレで、伊ランボルギーニのCEOステファノ・ドメニカリ氏から、イタリア内務省のマルコ・ミンニーティ大臣に鍵が手渡された。

 
イタリア警察、「ランボルギーニ・ウラカン ポリツィア」を導入の画像拡大
 
イタリア警察、「ランボルギーニ・ウラカン ポリツィア」を導入の画像拡大

今回のウラカン ポリツィアは、ボローニャのハイウェイパトロール任務に従事し、通常の警察業務だけでなく、輸血用血液や臓器などの緊急搬送にも使用される。すでに2015年から別のウラカンが同任務に活用されている。

ボディーカラーには、イタリア警察の公式カラーであるポリス・ミディアムブルーと白が使用され、ウラカンのエクステリアに合わせて特別に製作されたレタリングが施されている。また、ボディーの両サイドには、イタリア国旗の3色のストライプがあしらわれる。タイヤはランボルギーニのほかの車両と同様に高性能スポーツタイヤ「ピレリPゼロ」が装着され、サイドウォールにはポリス・ミディアムブルーがペイントされる。

パワートレインは標準モデルと同様で、5.2リッターV10自然吸気エンジンから最高出力610psを発生、4輪を駆動する。シャシーはアルミニウムとカーボンファイバーのハイブリッド型を採用する。

さらに室内には最先端技術を用いた車載システムが備わっており、コンピューター、記録装置、ビデオカメラ付きのタブレットで、路上での活動を記録できる。

また、従来のパトカー装備であるガンホルスター、携帯用消火器、標準VHF警察無線なども備えている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
ホームへ戻る