クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ランボルギーニ ウラカン 試乗記・新型情報

ランボルギーニ ウラカン 試乗記 ランボルギーニ ウラカン ニュース ランボルギーニ ウラカン 画像・写真
  • 2022.11.17 自動車ニュース webCG 編集部

    ランボルギーニがミドシップスポーツカー「ウラカン」のオフロード仕様を発表

    ランボルギーニが新型車「ウラカン ステラート」を世界初公開すると発表。「アスファルトを離れて非舗装・ダートの路面でも最高の走りを楽しめる」と説明される新型スポーツカーで、2022年11月30日に米マイアミで公式にアンベールされる予定だ。

  • 2022.8.14 池沢早人師の恋するニューモデル 池沢 早人師

    ランボルギーニ・ウラカンSTO(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、楽しさは「ポルシェ911 GT3」の上をいくと絶賛した「ランボルギーニ・ウラカンSTO」。あえて欠点を挙げていただくと……その答えは、意外なものだった。

  • 2022.8.7 池沢早人師の恋するニューモデル 池沢 早人師

    ランボルギーニ・ウラカンSTO(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、「ランボルギーニ・ウラカンSTO」に試乗。かつてブルーの「ディアブロSV」を所有していた漫画界のレジェンドは、最新のハードコアモデルにいかなる感想を抱いたのだろうか。

  • 2022.8.5 webCG Movies 池沢 早人師

    漫画『サーキットの狼』の作者・池沢早人師が「ランボルギーニ・ウラカンSTO」を駆る その評価やいかに

    漫画『サーキットの狼』の作者にして元レーサーである池沢早人師の人気連載企画「池沢早人師の恋するニューモデル」に、ランボルギーニのハードコアモデル「ウラカンSTO」が登場。その試乗現場の様子を動画で紹介する。

  • 2022.8.1 From Our Staff CAR GRAPHIC 編集部

    『CAR GRAPHIC』2022年9月号発売 新型「日産フェアレディZ」に初試乗

    『CG』2022年9月号では、新型「日産フェアレディZ」の試乗記を紹介。「ダットサン・スポーツ1600」や「ジャガーEタイプ」といった名車を含む、オープンカー特集も必読!

  • 2022.7.16 試乗記 西川 淳

    ランボルギーニ・ウラカン テクニカ(MR/7AT)【海外試乗記】

    自然吸気のV10エンジンをリアミドに搭載した「ランボルギーニ・ウラカン」に、最新モデル「テクニカ」が登場。操る楽しさを追求したという後輪駆動のウラカンは、およそ20年にわたり歴史を重ねてきた“V10ランボ”の集大成にふさわしいクルマに仕上がっていた。

  • 2022.4.22 自動車ニュース webCG 編集部

    ランボルギーニが新たな後輪駆動モデル「ウラカン テクニカ」を日本で初披露

    ランボルギーニ・ジャパンは2022年4月22日、東京・六本木のランボルギーニブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、V10エンジン搭載車「ウラカン」シリーズの最新モデル「ウラカン テクニカ」を初披露した。

  • 2022.4.22 画像・写真 webCG 編集部

    ランボルギーニ・ウラカン テクニカ

    ランボルギーニ・ジャパンは2022年4月22日、東京・六本木の「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカン テクニカ」を初披露した。0-100km/h加速3.2秒、最高速325km/hを誇る後輪駆動モデルの姿を写真で紹介する。

  • 2022.4.13 画像・写真 webCG 編集部

    ランボルギーニ・ウラカン テクニカ

    伊アウトモビリ・ランボルギーニは2022年4月12日(現地時間)、V10エンジン搭載の最新モデル「ウラカン テクニカ」を発表した。サーキットでの性能や安定性、優れたエアロダイナミクスを強調したエクステリアを特徴とする、その姿を写真で紹介する。

  • 2022.4.13 自動車ニュース webCG 編集部

    「ランボルギーニ・ウラカン テクニカ」デビュー 新しいエクステリアで空力性能を追求

    伊アウトモビリ・ランボルギーニは2022年4月12日(現地時間)、「ウラカン テクニカ」を発表した。テクニカの名称はウラカンの技術的能力の進化を表現したとされており、サーキットでの性能や安定性、優れたエアロダイナミクスを強調したエクステリアを特徴としている。

  • 2022.2.14 デイリーコラム 西川 淳

    絶好調のランボルギーニ その快進撃はどこまで続く?

    グローバルで8405台を販売するなど、2021年は過去最高の結果を残したランボルギーニ。今後、電動化を含め世の中が急速に変化するなかで、どのように成長していくのか? まだまだ快進撃は続きそうか? イタリアン・スーパーカーメーカーの今と未来を、識者はこう考える。

  • 2022.2.1 試乗記 渡辺 敏史

    ランボルギーニ・ウラカンSTO(MR/7AT)【試乗記】

    「ランボルギーニ・ウラカンSTO」は、ウラカンの競技車両「スーパートロフェオ」や「GT3 EVO」のテクノロジーを用いて開発された、レーサーレプリカのような存在だ。富士スピードウェイでの初試乗に続き、公道でそのパフォーマンスを確かめてみた。

  • 2022.1.27 自動車ニュース webCG 編集部

    ランボルギーニ・ジャパンが年初の会見 2022年は4車種を導入

    ランボルギーニ・ジャパンは2022年1月27日、オンラインでのプレスカンファレンスを開催し、ランボルギーニの2021年実績を振り返るとともに、2022年の見通しを発表した。

  • 2022.1.21 試乗記 高平 高輝

    ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】

    本当の性能を知るにはサーキットに持ち込むしかないが、「ランボルギーニ・ウラカンEVO」の長所は、たとえ公道走行であっても気負わずに楽しめるところだ。後輪駆動のオープントップモデル、すなわち「RWDスパイダー」をワインディングロードに連れ出してみた。

  • 2021.12.28 エッセイ 藤沢 勝

    第671回:九州に「ランボルギーニ教」布教の旅に行ってきた

    ランボルギーニのツーリングイベント「GIRO」に参加。宮崎→大分→熊本を舞台に市街地から高速道路、ワインディングロード、さらにはサーキットを駆け巡り、冬の九州の魅力とランボの魅力を同時に味わってみた。

  • 2021.11.5 画像・写真 webCG 編集部

    「ランボルギーニデー・ジャパン2021」の会場から

    ランボルギーニ・ジャパンがオーナー向けイベント「ランボルギーニ・デイ・ジャパン2021」を開幕した。日本初公開となるサーキット専用モデル「Essenza(エッセンツァ)SCV12」に加えて、ミントコンディションの「カウンタック」が全10台登場した会場の様子を写真でリポートする。

  • 2021.10.22 エッセイ 藤沢 勝

    第661回:1周目から全開で走れる! 「ランボルギーニ・ウラカンSTO」にサーキットで乗った

    2013年にデビューした「ランボルギーニ・ウラカン」のフィナーレを飾るのは、レーシングカーのロードゴーイングバージョン「STO(スーパートロフェオ・オモロガータ)」だ。ド派手な空力パーツの効能を富士スピードウェイで味わってみた。

  • 2021.10.15 試乗記 渡辺 敏史

    ランボルギーニ・ウラカンSTO(MR/7AT)【試乗記】

    超戦闘的な見た目の通り、並々ならぬ動力性能を誇る「ランボルギーニ・ウラカンSTO」。とびきり速いのは当然のことながら、サーキットでむちを当てた筆者は、その官能的な走りに大いに感銘を受けたのだった。

  • 2021.5.18 エッセイ 西川 淳

    第649回:「ウルス」も「ウラカン」もモーター搭載!? これがランボルギーニ電動化プランの真相だ!

    普及型のファミリーカーのみならず、高級サルーンや高性能スポーツカーでも電動化が進む昨今。スーパーカー専業メーカーであるランボルギーニはどう動くのか? 今後の見通しについて、ステファン・ヴィンケルマンCEOに聞いた。

  • 2021.1.25 自動車ニュース webCG 編集部

    ランボルギーニは新型モデルを夏以降に発表【輸入車ブランドに聞きました2021】

    2021年の干支は「丑(うし)」。昨2020年に6モデルを発表したランボルギーニも、エンブレムに“猛牛”を掲げている。その勢いは今年も続くのか。ニューモデルの発表時期や日本への導入スケジュールを、ランボルギーニ・ジャパンに聞いた。

ランボルギーニ ウラカンの記事を読んだユーザがよく見る車種の新型情報
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。