クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ランボルギーニ ウラカン 試乗記・新型情報

ランボルギーニ ウラカン 試乗記 ランボルギーニ ウラカン ニュース ランボルギーニ ウラカン 画像・写真
  • 2021.11.5 画像・写真

    「ランボルギーニデー・ジャパン2021」の会場から

    ランボルギーニ・ジャパンがオーナー向けイベント「ランボルギーニ・デイ・ジャパン2021」を開幕した。日本初公開となるサーキット専用モデル「Essenza(エッセンツァ)SCV12」に加えて、ミントコンディションの「カウンタック」が全10台登場した会場の様子を写真でリポートする。

  • 2021.10.22 エッセイ

    第661回:1周目から全開で走れる! 「ランボルギーニ・ウラカンSTO」にサーキットで乗った

    2013年にデビューした「ランボルギーニ・ウラカン」のフィナーレを飾るのは、レーシングカーのロードゴーイングバージョン「STO(スーパートロフェオ・オモロガータ)」だ。ド派手な空力パーツの効能を富士スピードウェイで味わってみた。

  • 2021.10.15 試乗記

    ランボルギーニ・ウラカンSTO(MR/7AT)【試乗記】

    超戦闘的な見た目の通り、並々ならぬ動力性能を誇る「ランボルギーニ・ウラカンSTO」。とびきり速いのは当然のことながら、サーキットでむちを当てた筆者は、その官能的な走りに大いに感銘を受けたのだった。

  • 2021.5.18 エッセイ

    第649回:「ウルス」も「ウラカン」もモーター搭載!? これがランボルギーニ電動化プランの真相だ!

    普及型のファミリーカーのみならず、高級サルーンや高性能スポーツカーでも電動化が進む昨今。スーパーカー専業メーカーであるランボルギーニはどう動くのか? 今後の見通しについて、ステファン・ヴィンケルマンCEOに聞いた。

  • 2021.1.25 自動車ニュース

    ランボルギーニは新型モデルを夏以降に発表【輸入車ブランドに聞きました2021】

    2021年の干支は「丑(うし)」。昨2020年に6モデルを発表したランボルギーニも、エンブレムに“猛牛”を掲げている。その勢いは今年も続くのか。ニューモデルの発表時期や日本への導入スケジュールを、ランボルギーニ・ジャパンに聞いた。

  • 2020.11.20 画像・写真

    ランボルギーニ・ウラカンSTO

    ランボルギーニ・ジャパンは2020年11月20日、東京・六本木のブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を世界初公開。レーシングマシンをモチーフにしたという市販ロードカーの姿を写真で紹介する。

  • 2020.11.20 自動車ニュース

    モータースポーツ部門直系の「ランボルギーニ・ウラカンSTO」東京で世界初披露

    ランボルギーニ・ジャパンは2020年11月20日、東京・六本木のランボルギーニブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を初公開した。同モデルの実車披露は、今回が世界初となる。

  • 2020.11.19 自動車ニュース

    レーシングマシンの技術を市販車にフィードバック 「ランボルギーニ・ウラカンSTO」発表

    伊アウトモビリ・ランボルギーニは2020年11月19日(現地時間)、同社のモータースポーツ部門スクアドラコルセの知見を用いて開発したロードモデル「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を発表した。

  • 2020.11.6 自動車ニュース

    「ランボルギーニ・ウラカン」に鮮やかな蛍光色のカラーオプション登場

    アウトモビリ・ランボルギーニは2020年11月3日(現地時間)、「ウラカン」の新たなカラーオプション「Fluo Capsule(フルオカプセル)」を発表した。フルオはイタリア語で“蛍光”を意味するもので、鮮やかな蛍光外装色が同オプションの特徴である。

  • 2020.11.1 池沢早人師の恋するニューモデル

    ランボルギーニ・ウラカンEVO(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第6回は、「ランボルギーニ・ウラカンEVO」の試乗リポート後編。これまで数々のスーパーカーを乗り継いできたベテランに「次期愛車候補」と言わしめた理由とは?

  • 2020.10.25 池沢早人師の恋するニューモデル

    ランボルギーニ・ウラカンEVO(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第5回の試乗車は「ランボルギーニ・ウラカンEVO」(前編)。「ポルシェ911カレラ」「メルセデスAMG GT R」と、2台続いたドイツ車から乗り替えたイタリアンスーパーカーの印象は?

  • 2020.8.12 試乗記

    ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】

    「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?

  • 2020.2.14 試乗記

    ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】

    640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。

  • 2020.1.10 自動車ニュース

    ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を日本初公開 走りをより楽しむための2WDモデル

    アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンが、「ウラカンEVO RWD」を東京・代官山で日本初公開した。V10エンジン搭載のスーパースポーツカー「ウラカンEVO」をベースとした後輪駆動モデルで、価格は2653万9635円。デリバリーは2020年春以降となる。

  • 2020.1.6 自動車ニュース

    ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を発表 操る楽しさを追求した後輪駆動モデル

    ランボルギーニが「ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンEVO RWD」を発表。4WDシステムを省略することで車両重量を1389kgに軽減するとともに、トラクションコントロールやステアリング機構も最適化することで、“操る楽しさ”を追求している。

  • 2019.12.17 画像・写真

    「Lamborghini Night 2019」の会場から

    2019年12月13日に東京・青山の Francfranc SQUAREで開催された「Lamborghini Night 2019」。「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」や「ウラカンEVO」「ウラカンEVOスパイダー」といった最新モデルが顔をそろえたイベントの模様を写真で紹介。

  • 2019.8.20 自動車ニュース

    北米の2つの耐久レース優勝を記念 「ウラカンEVO GTセレブレーション」発表

    伊ランボルギーニは2019年8月16日(現地時間)、米カリフォルニア州モントレーで行われたカーイベント「ザ・クエイル・モータースポーツギャザリング」において、「ウラカンEVO」の特別仕様車「ウラカンEVO GTセレブレーション」を発表した。

  • 2019.7.19 試乗記

    ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】

    ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?

  • 2019.3.13 画像・写真

    「ランボルギーニ・ウラカンEVO」発表会の会場から

    最高出力640psを発生するV10エンジンを搭載した「ランボルギーニ・ウラカンEVO」が日本でデビュー。東京都港区の六本木ヒルズ52階TOKYO CITY VIEWにおいて開催された発表会の模様を写真で紹介する。

  • 2019.3.8 自動車ニュース

    最高出力640psの「ランボルギーニ・ウラカンEVO」日本デビュー

    ランボルギーニ・ジャパンは2019年3月8日、東京都港区の六本木ヒルズ52階TOKYO CITY VIEWにおいて自然吸気5.2リッターV10エンジンを搭載するミドシップモデル「ウラカン」の進化版となる「ウラカンEVO」を発表した。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。