「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場

2017.04.03 自動車ニュース
「BMW i8プロトニック フローズン ブラック」
「BMW i8プロトニック フローズン ブラック」拡大

BMWジャパンは2017年4月3日、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」に特別仕様車「i8 Protonic Frozen Black(プロトニック フローズン ブラック)」を設定し、20台の台数限定で受注を開始した。デリバリーは同年6月からを予定している。 

 
「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場の画像拡大
 
「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場の画像拡大
 
「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場の画像拡大

今回のi8プロトニック フローズン ブラックは、ボディーカラーに専用のマットカラー「フローズン マット ブラック」を採用。同じく内側をマット加工した20インチアロイホイールとの組み合わせにより、存在感を強調したエクステリアが特徴となっている。さらにヘッドランプには、LEDヘッドライト比で約2倍の照射距離を実現した「BMWレーザーライト」を標準装備した。

インテリアについては、ブラックを基調としながらイエローのアクセントを随所に採用。エディションネーム、シリアルナンバー入りの専用バッジも備わる。

また、森永邦彦氏が設立したアパレルブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」とのコラボレーションによる、i8プロトニック フローズン ブラックの日本限定アクセサリーも装備する。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー「フローズン マット ブラック」
  • 専用20インチBMW iライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング470(内側マット仕上げ)(フロント:20×7.5Jホイール+215/45R20タイヤ、リア:20×8.5Jホイール+245/40R20タイヤ)
  • BMWレーザーライト
  • ブラックハイグロスフロントブレーキキャリパー(BMW iロゴ付き)
  • 専用スフェリックレザークロスアクセントシート(シートカラー:アミドイエローハイライト)
  • 専用ベロアフロアマット
  • アンソラジットルーフライニング
  • 専用ドアシルプレート
  • ブラックセラミックセレクターレバー
  • 専用グレーシートベルト
  • 専用インテリアバッジ(シリアルナンバー入り)
  • コンフォートアクセス
  • ストレージパッケージ(ポータブルカップホルダー<リアセンターコンソールに2個>、シートバックネット、収納ネット、ラゲッジコンパートメントカバー)
  • ANREALAGEコラボレーションBMW i8プロトニック フローズン ブラック日本限定アクセサリー
  • ChargeNow(全国の提携公共充電器での充電サービス/初年度無料)
  • BMW iコネクテッドドライブプレミアム

右ハンドル仕様と左ハンドル仕様がそれぞれ10台ずつ用意され、価格は2298万円。

(webCG)

関連キーワード:
i8, BMW, 自動車ニュース

BMW i8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • BMW i8(4WD/6AT)【海外試乗記】 2014.5.27 試乗記 BMW iブランドモデルの第2弾「i8」が、いよいよ公道に現れた。1.5リッター直3エンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド・スポーツカーの実力やいかに? ロサンゼルスからの第一報。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る