「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場

2017.04.03 自動車ニュース
「BMW i8プロトニック フローズン ブラック」
「BMW i8プロトニック フローズン ブラック」拡大

BMWジャパンは2017年4月3日、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」に特別仕様車「i8 Protonic Frozen Black(プロトニック フローズン ブラック)」を設定し、20台の台数限定で受注を開始した。デリバリーは同年6月からを予定している。 

 
「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場の画像拡大
 
「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場の画像拡大
 
「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場の画像拡大

今回のi8プロトニック フローズン ブラックは、ボディーカラーに専用のマットカラー「フローズン マット ブラック」を採用。同じく内側をマット加工した20インチアロイホイールとの組み合わせにより、存在感を強調したエクステリアが特徴となっている。さらにヘッドランプには、LEDヘッドライト比で約2倍の照射距離を実現した「BMWレーザーライト」を標準装備した。

インテリアについては、ブラックを基調としながらイエローのアクセントを随所に採用。エディションネーム、シリアルナンバー入りの専用バッジも備わる。

また、森永邦彦氏が設立したアパレルブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」とのコラボレーションによる、i8プロトニック フローズン ブラックの日本限定アクセサリーも装備する。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー「フローズン マット ブラック」
  • 専用20インチBMW iライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング470(内側マット仕上げ)(フロント:20×7.5Jホイール+215/45R20タイヤ、リア:20×8.5Jホイール+245/40R20タイヤ)
  • BMWレーザーライト
  • ブラックハイグロスフロントブレーキキャリパー(BMW iロゴ付き)
  • 専用スフェリックレザークロスアクセントシート(シートカラー:アミドイエローハイライト)
  • 専用ベロアフロアマット
  • アンソラジットルーフライニング
  • 専用ドアシルプレート
  • ブラックセラミックセレクターレバー
  • 専用グレーシートベルト
  • 専用インテリアバッジ(シリアルナンバー入り)
  • コンフォートアクセス
  • ストレージパッケージ(ポータブルカップホルダー<リアセンターコンソールに2個>、シートバックネット、収納ネット、ラゲッジコンパートメントカバー)
  • ANREALAGEコラボレーションBMW i8プロトニック フローズン ブラック日本限定アクセサリー
  • ChargeNow(全国の提携公共充電器での充電サービス/初年度無料)
  • BMW iコネクテッドドライブプレミアム

右ハンドル仕様と左ハンドル仕様がそれぞれ10台ずつ用意され、価格は2298万円。

(webCG)

関連キーワード:
i8, BMW, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.9.13 試乗記 欧州製4ドアクーペの元祖、「メルセデス・ベンツCLS」が3代目にモデルチェンジ。“新世代メルセデスデザイン”の嚆矢(こうし)として語られることの多い新型CLSだが、実車に触れてみると、ほかにも多くの特筆すべきポイントが見受けられたのだった。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.28 試乗記 ランボルギーニの旗艦車種「アヴェンタドール」に、さらなる高性能モデル「SVJ」が登場。よりパワフルな6.5リッターV12エンジンを搭載し、先進の可変空力デバイス「ALA」を備えたアヴェンタドールの最終進化形を、クローズドコースで試した。
ホームへ戻る