軽量パーツを装備した「ルノー・メガーヌR.S.」の限定車が登場

2017.04.06 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S. 273パックスポール」
「ルノー・メガーヌR.S. 273パックスポール」拡大

ルノー・ジャポンは2017年4月6日、特別仕様車「メガーヌ ルノースポール(R.S.)273パックスポール」を発売した。販売台数は20台限定で、同年4月17日まで同社のウェブサイトにて注文を受け付け、抽選のうえ販売する。

「メガーヌR.S. 273パックスポール」の鍛造ホイール。ノーマルのメガーヌR.S.が装着するものに比べ、1本あたり約3.3kg軽量。


	「メガーヌR.S. 273パックスポール」の鍛造ホイール。ノーマルのメガーヌR.S.が装着するものに比べ、1本あたり約3.3kg軽量。
	拡大
アクラポヴィッチ製の軽量チタンマフラー。写真は、そのマフラーエンド。(クリックすると「メガーヌR.S. 273パックスポール」のディテールが見られます)
アクラポヴィッチ製の軽量チタンマフラー。写真は、そのマフラーエンド。(クリックすると「メガーヌR.S. 273パックスポール」のディテールが見られます)拡大

今回のメガーヌR.S. 273パックスポールは、「軽量鍛造ホイール、軽量チタンマフラーを装着することにより、走行性能とスピードにいっそうの磨きをかけた」とされる限定車。

その鍛造アロイホイールは、ホイールの設計者として名高いロベルト・マルケジーニ氏が日本のユーザーのためだけにデザインしたもので、ノーマルのメガーヌR.S.に比べて1本あたり約3.3kg軽量化されている。マフラーには、ノーマル比で約4kg軽量なアクラポヴィッチ製のチタンマフラーが採用される。

そのほか、シルバーのサイドデカールや、ルノー・スポールのテストドライバーであるロラン・ウルゴン氏のサインが入ったシリアルナンバープレートも装着される。

価格は419万円。ボディーカラーは「ジョン シリウス メタリック(15万6600円高)」と「ルージュ フラム メタリック」が選べる。

→メガーヌR.S. 273パックスポールのフォトギャラリーはこちら

(webCG)

 

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.19 試乗記 レーシングドライバー谷口信輝が、100台限定販売の「ルノー・メガーヌ ルノースポール(R.S.)カップ」に試乗。かつてカタログモデルを「メチャクチャいいですよ」と激賞した谷口は、6段MTとよりハードなサスを備えた辛口仕様をどうジャッジする!?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」に、辛口バージョン「カップ」が登場。日本ではわずか100人の幸せなファン(マニア!?)のみが楽しめるハードな乗り味を、発売に先駆けてテストした。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.5.9 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」に、6段マニュアルトランスミッションとよりハードなシャシーを備えた限定車「カップ」が用意された。“MT車保存会の会員”を自認する下野康史は、その出来栄えをどうジャッジする?
  • メガーヌ ルノー・スポール カップ 2019.3.27 実力検証! ルノー・メガーヌR.S.カップ<PR> ルノーのモータースポーツ部門が開発した高性能モデル「メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」。その3代目となる最新型では、どんな走りが楽しめるのか? サーキットにおける試乗インプレッションを動画でお届けする。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
ホームへ戻る