軽量パーツを装備した「ルノー・メガーヌR.S.」の限定車が登場

2017.04.06 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S. 273パックスポール」
「ルノー・メガーヌR.S. 273パックスポール」拡大

ルノー・ジャポンは2017年4月6日、特別仕様車「メガーヌ ルノースポール(R.S.)273パックスポール」を発売した。販売台数は20台限定で、同年4月17日まで同社のウェブサイトにて注文を受け付け、抽選のうえ販売する。

「メガーヌR.S. 273パックスポール」の鍛造ホイール。ノーマルのメガーヌR.S.が装着するものに比べ、1本あたり約3.3kg軽量。


	「メガーヌR.S. 273パックスポール」の鍛造ホイール。ノーマルのメガーヌR.S.が装着するものに比べ、1本あたり約3.3kg軽量。
	拡大
アクラポヴィッチ製の軽量チタンマフラー。写真は、そのマフラーエンド。(クリックすると「メガーヌR.S. 273パックスポール」のディテールが見られます)
アクラポヴィッチ製の軽量チタンマフラー。写真は、そのマフラーエンド。(クリックすると「メガーヌR.S. 273パックスポール」のディテールが見られます)拡大

今回のメガーヌR.S. 273パックスポールは、「軽量鍛造ホイール、軽量チタンマフラーを装着することにより、走行性能とスピードにいっそうの磨きをかけた」とされる限定車。

その鍛造アロイホイールは、ホイールの設計者として名高いロベルト・マルケジーニ氏が日本のユーザーのためだけにデザインしたもので、ノーマルのメガーヌR.S.に比べて1本あたり約3.3kg軽量化されている。マフラーには、ノーマル比で約4kg軽量なアクラポヴィッチ製のチタンマフラーが採用される。

そのほか、シルバーのサイドデカールや、ルノー・スポールのテストドライバーであるロラン・ウルゴン氏のサインが入ったシリアルナンバープレートも装着される。

価格は419万円。ボディーカラーは「ジョン シリウス メタリック(15万6600円高)」と「ルージュ フラム メタリック」が選べる。

→メガーヌR.S. 273パックスポールのフォトギャラリーはこちら

(webCG)

 

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
ホームへ戻る