【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー

2017.04.12 自動車ニュース
「レクサスLS500“Fスポーツ”」
「レクサスLS500“Fスポーツ”」拡大

トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。

 
【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビューの画像拡大

今回出展されるLS500“Fスポーツ”は、次期「レクサスLS」のスポーティーバージョン。ガソリンエンジン車であるLS500のほか、ハイブリッド車「LS500h」にも設定される。新世代プラットフォーム「GA-Lプラットフォーム」の特性を生かした高い操縦安定性や、同車ならではの専用装備により、爽快なドライビングフィールを実現したという。

エクステリアは、独自の意匠で仕立てられたスピンドルグリルをはじめとする専用パーツでドレスアップ。「スパルタンでありながら精緻に作りこまれたデザイン」とアピールされる。

インテリアも、高いホールド性を実現する専用デザインのシートや、握る位置に合わせて断面形状を変化させた専用ステアリングホイール、メーターリングスライド機構を備えたTFT液晶メーターなどで、スポーティーなデザインと高い機能性を両立させた。

さらに、“Fスポーツ”ならではの走行性能を実現すべく、専用の20インチベンチレーテッドディスクブレーキや20インチランフラットタイヤ&ホイールを採用。VDIM(ビークルダイナミクスインテグレーテッドマネジメント)は、VGRS(バリアブルギアステアリング)、EPS(エレクトリックパワーステアリング)、DRS(ダイナミックリアステアリング)を統合制御する「レクサスダイナミックハンドリングシステム」に、「アクティブスタビライザー」や「AVS(アダプティブバリアブルサスペンションシステム)」を協調させ、車両のロールや上下運動の制御を可能とした。これにより、フラットな車両姿勢と、質感の高い乗り心地を実現。あらゆるシーンで優れたステアリングレスポンスと安心感を提供するという。

(webCG)

→「レクサスLS500“Fスポーツ”」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
LS, レクサス, モーターショー, ニューヨークモーターショー2017, 自動車ニュース

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • レクサスLS(前編:LS500h“バージョンL”、LS500h“Fスポーツ”) 2017.10.19 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」がフルモデルチェンジ。2017年10月19日に国内販売がスタートした。「従来の高級車の常識や概念にとらわれず、新たな価値観の提供を目指した」という、新型の姿を写真で紹介する。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(後編)【試乗記】 2020.1.9 試乗記 国産セダンユーザーの取り込みを狙う「ボルボS60」と、日本を代表するセダン「トヨタ・クラウン」を比較試乗。後編ではパワートレインとシャシー性能に注目し、SUV全盛期にあえてセダンを選ぶ理由を考える。
ホームへ戻る