「ボルボV40クロスカントリー」に、ファッションモデル監修の限定車登場

2017.04.18 自動車ニュース
稲沢朋子さんと「ボルボV40クロスカントリー イナトモ セレクション」。
稲沢朋子さんと「ボルボV40クロスカントリー イナトモ セレクション」。拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2017年4月18日、「V40クロスカントリー」に特別仕様車「INATOMO SELECTION(イナトモ セレクション)」を設定し、40台限定で発売した。

稲沢さんのセレクトにより、アンバーカラーのレザーシートを装備する。
稲沢さんのセレクトにより、アンバーカラーのレザーシートを装備する。拡大

今回のイナトモ セレクションは、40代女性向けファッション誌『STORY』のカバーモデルで、2016年からボルボのアンバサダーを務める稲沢朋子さん(愛称:イナトモ)がプロデュースしたモデル。

稲沢さんのセレクトにより、ボディーカラーにはデニムブルーメタリック、インテリアにはアンバーカラーのレザーシートを採用。都会的なカラーコーディネーションが特徴となっており、さらにパノラマガラスルーフも備わる。

また、V40クロスカントリーのカタログモデルと同様に、歩行者エアバッグや全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールなど、11種類以上の先進安全・運転支援技術をパッケージ化した「インテリセーフ」も標準装備する。

パワートレインは、2リッターディーゼルモデルの「D4」(限定30台)と、2リッターガソリンエンジンに四輪駆動システムを組み合わせた「T5 AWD」(同10台)が用意される。D4は18インチアルミホイールの「Metallah」を特別装備しており、T5 AWDと共通の外観となる。価格は両モデルとも459万円。

(webCG)

関連キーワード:
V40クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40クロスカントリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • ボルボV40クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.9 試乗記 長年にわたってボルボの販売面での主役を務めてきた「ボルボV40/V40クロスカントリー(CC)」が、2019年内に生産終了を迎える。最後の試乗の出発地は栃木・宇都宮。東京を目指す道のりで、V40CCとじっくり向き合ってみた。
  • ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2015.4.27 試乗記 ボルボのクロスオーバーモデル「V40クロスカントリー T5 AWD」に新たなパワートレインが投入された。その走りは、どう変わったのか? ワインディングロードで試した。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 非日常を感じさせるインテリアが特徴 「マツダ2ホワイトコンフォート」発売 2020.4.24 自動車ニュース マツダのコンパクトカー「マツダ2」に、特別仕様車「ホワイトコンフォート」登場。インテリアに、清涼感を感じさせるピュアホワイトレザーと温かみのあるグランリュクス素材が採用されている。
ホームへ戻る