ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売

2017.05.02 自動車ニュース
「ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク」
「ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク」拡大

FCAジャパンは、「ジープ・グランドチェロキー」の特別仕様車「グランドチェロキー トレイルホーク」を、2017年5月13日に100台限定で発売する。

 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大

今回のグランドチェロキー トレイルホークは、内外装を専用仕立てとした上で、オフロード性能を高める装備や安全装備が与えられた限定車。

エクステリアは、ナチュラルグレーのフロントグリルやドアミラー、ルーフレールなどでドレスアップ。けん引フックやバッジにはレッドのアクセントが施される。さらに、専用デザインの18インチアルミホイールや、オールテレインタイヤ、オフロード走行時にボディー下部を保護するためのスキッドプレート(全4カ所)も装着される。

インテリアについては、レッドステッチを施したブラックレザーが特徴。ステアリングホイールの下部にはトレイルホーク専用のバッジが添えられる。

一定速度でのオフロード走行が可能になる「セレクスピードコントロール」や4WDシステム「クォドラドライブII」の搭載も、セリングポイントである。

具体的な特別装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ナチュラルグレードアミラーカバー
  • ナチュラルグレーアクセント付きフロントフォグランプベゼル
  • ナチュラルグレーアクセント付きブラックグリル
  • フロントレッドカラーけん引フック
  • マットブラックボンネットデカール
  • Trail Ratedバッジ(レッドカラー)
  • ピアノブラックベルトモール
  • ナチュラルグレールーフレール
  • レッドアクセント付きナチュラルグレーJeepバッジ
  • レッドアクセント付きナチュラルグレーGRAND CHEROKEEバッジ
  • フューエルタンク用スキッドプレート
  • トランスファーケース用スキッドプレート
  • フロントサスペンション用スキッドプレート
  • アンダーボディー用スキッドプレート
  • 18インチアルミホイール(トレイルホーク専用デザイン)
  • 265/60R18オールテレインタイヤ

【インテリア】

  • レッドステッチ入りインテリアアクセント
  • TRAILHAWKロゴ入りレザーシート(スエードインサート入り)

【機能装備】

  • セレクスピードコントロール(ヒルディセントコントロール/ヒルアセントコントロール)
  • クォドラドライブII(四輪駆動システム)

価格は599万4000円。ボディーカラーは、ビレットシルバーメタリック(限定60台)とダイアモンドブラッククリスタル(同40台)の2色が選べる。

(webCG)

 

関連キーワード:
グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る