ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売

2017.05.02 自動車ニュース
「ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク」
「ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク」拡大

FCAジャパンは、「ジープ・グランドチェロキー」の特別仕様車「グランドチェロキー トレイルホーク」を、2017年5月13日に100台限定で発売する。

 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大

今回のグランドチェロキー トレイルホークは、内外装を専用仕立てとした上で、オフロード性能を高める装備や安全装備が与えられた限定車。

エクステリアは、ナチュラルグレーのフロントグリルやドアミラー、ルーフレールなどでドレスアップ。けん引フックやバッジにはレッドのアクセントが施される。さらに、専用デザインの18インチアルミホイールや、オールテレインタイヤ、オフロード走行時にボディー下部を保護するためのスキッドプレート(全4カ所)も装着される。

インテリアについては、レッドステッチを施したブラックレザーが特徴。ステアリングホイールの下部にはトレイルホーク専用のバッジが添えられる。

一定速度でのオフロード走行が可能になる「セレクスピードコントロール」や4WDシステム「クォドラドライブII」の搭載も、セリングポイントである。

具体的な特別装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ナチュラルグレードアミラーカバー
  • ナチュラルグレーアクセント付きフロントフォグランプベゼル
  • ナチュラルグレーアクセント付きブラックグリル
  • フロントレッドカラーけん引フック
  • マットブラックボンネットデカール
  • Trail Ratedバッジ(レッドカラー)
  • ピアノブラックベルトモール
  • ナチュラルグレールーフレール
  • レッドアクセント付きナチュラルグレーJeepバッジ
  • レッドアクセント付きナチュラルグレーGRAND CHEROKEEバッジ
  • フューエルタンク用スキッドプレート
  • トランスファーケース用スキッドプレート
  • フロントサスペンション用スキッドプレート
  • アンダーボディー用スキッドプレート
  • 18インチアルミホイール(トレイルホーク専用デザイン)
  • 265/60R18オールテレインタイヤ

【インテリア】

  • レッドステッチ入りインテリアアクセント
  • TRAILHAWKロゴ入りレザーシート(スエードインサート入り)

【機能装備】

  • セレクスピードコントロール(ヒルディセントコントロール/ヒルアセントコントロール)
  • クォドラドライブII(四輪駆動システム)

価格は599万4000円。ボディーカラーは、ビレットシルバーメタリック(限定60台)とダイアモンドブラッククリスタル(同40台)の2色が選べる。

(webCG)

 

関連キーワード:
グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る