ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売

2017.05.02 自動車ニュース
「ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク」
「ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク」拡大

FCAジャパンは、「ジープ・グランドチェロキー」の特別仕様車「グランドチェロキー トレイルホーク」を、2017年5月13日に100台限定で発売する。

 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大
 
ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売の画像拡大

今回のグランドチェロキー トレイルホークは、内外装を専用仕立てとした上で、オフロード性能を高める装備や安全装備が与えられた限定車。

エクステリアは、ナチュラルグレーのフロントグリルやドアミラー、ルーフレールなどでドレスアップ。けん引フックやバッジにはレッドのアクセントが施される。さらに、専用デザインの18インチアルミホイールや、オールテレインタイヤ、オフロード走行時にボディー下部を保護するためのスキッドプレート(全4カ所)も装着される。

インテリアについては、レッドステッチを施したブラックレザーが特徴。ステアリングホイールの下部にはトレイルホーク専用のバッジが添えられる。

一定速度でのオフロード走行が可能になる「セレクスピードコントロール」や4WDシステム「クォドラドライブII」の搭載も、セリングポイントである。

具体的な特別装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ナチュラルグレードアミラーカバー
  • ナチュラルグレーアクセント付きフロントフォグランプベゼル
  • ナチュラルグレーアクセント付きブラックグリル
  • フロントレッドカラーけん引フック
  • マットブラックボンネットデカール
  • Trail Ratedバッジ(レッドカラー)
  • ピアノブラックベルトモール
  • ナチュラルグレールーフレール
  • レッドアクセント付きナチュラルグレーJeepバッジ
  • レッドアクセント付きナチュラルグレーGRAND CHEROKEEバッジ
  • フューエルタンク用スキッドプレート
  • トランスファーケース用スキッドプレート
  • フロントサスペンション用スキッドプレート
  • アンダーボディー用スキッドプレート
  • 18インチアルミホイール(トレイルホーク専用デザイン)
  • 265/60R18オールテレインタイヤ

【インテリア】

  • レッドステッチ入りインテリアアクセント
  • TRAILHAWKロゴ入りレザーシート(スエードインサート入り)

【機能装備】

  • セレクスピードコントロール(ヒルディセントコントロール/ヒルアセントコントロール)
  • クォドラドライブII(四輪駆動システム)

価格は599万4000円。ボディーカラーは、ビレットシルバーメタリック(限定60台)とダイアモンドブラッククリスタル(同40台)の2色が選べる。

(webCG)

 

関連キーワード:
グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • 第167回:新型フィットは色がイイ 2020.3.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第167回は「新型フィットは色がイイ」。発売以来好調の「ホンダ・フィット」に試乗! 柴犬顔の印象は? ライバル車でもある、かつての愛車「トヨタ・アクア」との比較を交えながら、デザインや走りをジャッジする。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
ホームへ戻る