メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表

2017.05.02 自動車ニュース
 
メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表の画像拡大

2017年5月2日、5月4日の「スター・ウォーズの日」(“May the Force be with you”と“May the Fourth”の語呂合わせ)を前にして、メルセデス・ベンツと映画『スター・ウォーズ』がコラボした特別プロジェクト発表イベントが都内で開催された。

「CLA180 STAR WARS Edition」。ボディーカラーはストームトルーパーをイメージしたという「カルサイトホワイト」。
「CLA180 STAR WARS Edition」。ボディーカラーはストームトルーパーをイメージしたという「カルサイトホワイト」。拡大
こちらはダース・ベイダーをイメージした「ナイトブラック」。
こちらはダース・ベイダーをイメージした「ナイトブラック」。拡大
特別装備の、ミレニアム・ファルコン号のコックピットがプリントされたサンシェード。裏面には「MAY THE FORCE BE WITH YOU」(フォースがともにあらんことを)とプリントされている。
特別装備の、ミレニアム・ファルコン号のコックピットがプリントされたサンシェード。裏面には「MAY THE FORCE BE WITH YOU」(フォースがともにあらんことを)とプリントされている。拡大
イグニッションオン/オフに反応して、R2-D2の音声が流れるドライブレコーダーを特別装備する。
イグニッションオン/オフに反応して、R2-D2の音声が流れるドライブレコーダーを特別装備する。拡大
左からウォルト・ディズニー・ジャパン ゼネラルマネージャーのジャスティン・スカルポーネ氏、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長、R2-D2,C-3PO。
左からウォルト・ディズニー・ジャパン ゼネラルマネージャーのジャスティン・スカルポーネ氏、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長、R2-D2,C-3PO。拡大
発表イベントにはスター・ウォーズファン100人も参加。フォトセッションではご覧の人だかりとなった。
発表イベントにはスター・ウォーズファン100人も参加。フォトセッションではご覧の人だかりとなった。拡大

ファンにはたまらない特別装備を満載

今回、発表されたのは特別仕様車「CLA180 STAR WARS Edition(スター・ウォーズ エディション)」。オープニングムービーが流れると、「カルサイトホワイト」と「ナイトブラック」の2台がアンベールされ、価格は504万円、それぞれ60台の台数限定で販売すると発表された。

ボディーカラーからわかるように、それぞれストームトルーパーとダース・ベイダーをイメージしたモデルで、内装も特別仕様。ナイトブラックはホイールにもブラックペイントが施されていて、エクステリアは真っ黒だ。共通の特別装備として、R2-D2の音声が流れるドライブレコーダー、映画のロゴが記された専用フロアマット、リバーシブルサンシェード、スペシャルナンバープレート&プレートホルダーが付く。フロントドアを開けると足元にスター・ウォーズのロゴを映し出すウエルカムライトも装備される。

ステージにメルセデス・ベンツ日本(MBJ)の上野金太郎社長とウォルト・ディズニー・ジャパン(WDJ)ゼネラルマネージャーを務めるジャスティン・スカルポーネ氏が登場し、トークショーを行った。上野社長によると、MBJとWDJの関係が始まったのは、2014年に発売された「スマート・フォーツー エレクトリックドライブedition Disney」から。今回、新たなコラボを考えていて、宇宙からやってきたという設定のCMを作ったCLAがスター・ウォーズの世界観と重なることに気づいたという。

映画のシリーズ第1作が公開されたのは1977年。40周年を記念してエピソード4、5、6のクラシック3部作をイメージした特別仕様車を作ることになった。あまり評判のよくないプリクエル3部作を除外したのは賢明な判断だろう。ストームトルーパーもダース・ベイダーも物語の中では悪役なのに、キャラクターとして人気がある。スカルポーネ社長は、「ブラックナイトはダークサイドの方にオススメです!」と話していた。

会場にはコラボモデルに熱い視線を送る一般のスター・ウォーズファンの姿も。中にはジェダイやストームトルーパーのコスプレを決めたマニアもいた。“特別ゲスト”としてR2-D2とC-3POが登場すると歓声が上がり、一斉にカメラが向けられた。

ルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、オビ=ワン・ケノービ、チューバッカが乗るミレニアム・ファルコン号のコックピットをプリントしたサンシェードなどはファンが欲しがりそうだが、単体での販売はないそう。手に入れるには、CLA180 STAR WARS Editionを買うしかない。購入特典としてクルマをバックにR2-D2、C-3PO、BB-8と記念撮影できるというから、コアなファンにとっては504万円も高くはないのだろう。

注文受け付けは特設サイトを通して行われ、6月上旬に販売が開始される見込み。

(文=鈴木真人/写真=webCG)

関連キーワード:
CLAクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLAクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA220d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
  • メルセデスの「SLC」の最後を飾る「ファイナルエディション」登場 2019.6.28 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年6月28日、オープントップモデル「メルセデス・ベンツSLC」に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、同日、注文受け付けを開始した。外装色に初代「SLK」へのオマージュとなる「サンイエロー」を設定している。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表 2019.6.18 自動車ニュース 独ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表。最高出力420psを発生する、自然吸気の4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載した高性能モデルで、ともに300km/hを超える最高速と、0-100km/h=4.4秒という加速性能を実現している。
ホームへ戻る