メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表

2017.05.02 自動車ニュース
 
メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表の画像拡大

2017年5月2日、5月4日の「スター・ウォーズの日」(“May the Force be with you”と“May the Fourth”の語呂合わせ)を前にして、メルセデス・ベンツと映画『スター・ウォーズ』がコラボした特別プロジェクト発表イベントが都内で開催された。

「CLA180 STAR WARS Edition」。ボディーカラーはストームトルーパーをイメージしたという「カルサイトホワイト」。
「CLA180 STAR WARS Edition」。ボディーカラーはストームトルーパーをイメージしたという「カルサイトホワイト」。拡大
こちらはダース・ベイダーをイメージした「ナイトブラック」。
こちらはダース・ベイダーをイメージした「ナイトブラック」。拡大
特別装備の、ミレニアム・ファルコン号のコックピットがプリントされたサンシェード。裏面には「MAY THE FORCE BE WITH YOU」(フォースがともにあらんことを)とプリントされている。
特別装備の、ミレニアム・ファルコン号のコックピットがプリントされたサンシェード。裏面には「MAY THE FORCE BE WITH YOU」(フォースがともにあらんことを)とプリントされている。拡大
イグニッションオン/オフに反応して、R2-D2の音声が流れるドライブレコーダーを特別装備する。
イグニッションオン/オフに反応して、R2-D2の音声が流れるドライブレコーダーを特別装備する。拡大
左からウォルト・ディズニー・ジャパン ゼネラルマネージャーのジャスティン・スカルポーネ氏、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長、R2-D2,C-3PO。
左からウォルト・ディズニー・ジャパン ゼネラルマネージャーのジャスティン・スカルポーネ氏、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長、R2-D2,C-3PO。拡大
発表イベントにはスター・ウォーズファン100人も参加。フォトセッションではご覧の人だかりとなった。
発表イベントにはスター・ウォーズファン100人も参加。フォトセッションではご覧の人だかりとなった。拡大

ファンにはたまらない特別装備を満載

今回、発表されたのは特別仕様車「CLA180 STAR WARS Edition(スター・ウォーズ エディション)」。オープニングムービーが流れると、「カルサイトホワイト」と「ナイトブラック」の2台がアンベールされ、価格は504万円、それぞれ60台の台数限定で販売すると発表された。

ボディーカラーからわかるように、それぞれストームトルーパーとダース・ベイダーをイメージしたモデルで、内装も特別仕様。ナイトブラックはホイールにもブラックペイントが施されていて、エクステリアは真っ黒だ。共通の特別装備として、R2-D2の音声が流れるドライブレコーダー、映画のロゴが記された専用フロアマット、リバーシブルサンシェード、スペシャルナンバープレート&プレートホルダーが付く。フロントドアを開けると足元にスター・ウォーズのロゴを映し出すウエルカムライトも装備される。

ステージにメルセデス・ベンツ日本(MBJ)の上野金太郎社長とウォルト・ディズニー・ジャパン(WDJ)ゼネラルマネージャーを務めるジャスティン・スカルポーネ氏が登場し、トークショーを行った。上野社長によると、MBJとWDJの関係が始まったのは、2014年に発売された「スマート・フォーツー エレクトリックドライブedition Disney」から。今回、新たなコラボを考えていて、宇宙からやってきたという設定のCMを作ったCLAがスター・ウォーズの世界観と重なることに気づいたという。

映画のシリーズ第1作が公開されたのは1977年。40周年を記念してエピソード4、5、6のクラシック3部作をイメージした特別仕様車を作ることになった。あまり評判のよくないプリクエル3部作を除外したのは賢明な判断だろう。ストームトルーパーもダース・ベイダーも物語の中では悪役なのに、キャラクターとして人気がある。スカルポーネ社長は、「ブラックナイトはダークサイドの方にオススメです!」と話していた。

会場にはコラボモデルに熱い視線を送る一般のスター・ウォーズファンの姿も。中にはジェダイやストームトルーパーのコスプレを決めたマニアもいた。“特別ゲスト”としてR2-D2とC-3POが登場すると歓声が上がり、一斉にカメラが向けられた。

ルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、オビ=ワン・ケノービ、チューバッカが乗るミレニアム・ファルコン号のコックピットをプリントしたサンシェードなどはファンが欲しがりそうだが、単体での販売はないそう。手に入れるには、CLA180 STAR WARS Editionを買うしかない。購入特典としてクルマをバックにR2-D2、C-3PO、BB-8と記念撮影できるというから、コアなファンにとっては504万円も高くはないのだろう。

注文受け付けは特設サイトを通して行われ、6月上旬に販売が開始される見込み。

(文=鈴木真人/写真=webCG)

関連キーワード:
CLAクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLAクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク 2019.8.27 画像・写真 FFのプラットフォームを用いた4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLA」と、ワゴンボディーの「CLAシューティングブレーク」が2代目にフルモデルチェンジ。ボディーサイズの拡大により、より流麗なスタイリングとなった新型の姿を写真で紹介する。
  • トレッド幅拡大で走行性能もアップ 新型「CLA/CLAシューティングブレーク」登場 2019.8.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年8月27日、新型「メルセデス・ベンツCLA」および「CLAシューティングブレーク」を導入すると発表。同日、予約注文受け付けを開始した。
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る