「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売

2017.05.11 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー エクスプレッション」(写真左)と「キャプチャー プレミアム」(同左)。
「ルノー・キャプチャー エクスプレッション」(写真左)と「キャプチャー プレミアム」(同左)。拡大

ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。

「キャプチャー プレミアム」のレザーシート。
「キャプチャー プレミアム」のレザーシート。拡大
今回の特別仕様車には、アプリ「R&Go」に対応したラジオが備わる。写真のようにスマートフォンをインフォテインメントシステムとして活用するための、オプション「スマートフォン・クレードル」(5400円)も用意される。
今回の特別仕様車には、アプリ「R&Go」に対応したラジオが備わる。写真のようにスマートフォンをインフォテインメントシステムとして活用するための、オプション「スマートフォン・クレードル」(5400円)も用意される。拡大
「キャプチャー プレミアム」(写真をクリックすると、特別仕様車のフォトギャラリーが見られます)
「キャプチャー プレミアム」(写真をクリックすると、特別仕様車のフォトギャラリーが見られます)拡大

今回のルノー・キャプチャー エクスプレッションは、専用アプリ「R&Go」でスマートフォンを接続できるR&Go対応ラジオを装備し、クロームハブキャップでドレスアップした特別仕様車だ。

価格は254万円。ボディーカラーは、「イヴォワール+ノワールエトワールメタリック」「オランジュルシヨンメタリック+イヴォワール」「ブルーマリンフュメ」の3種が用意される。

もう1台のキャプチャー プレミアムには、キャプチャー エクスプレッションと同じR&Go対応ラジオおよびクロームハブキャップに加えて、レザーシート(前席シートヒーター付き)と専用レザーハンドル、専用レザーパーキングブレーキレバーが与えられる。

こちらの価格は266万円。ボディーカラーは、「イヴォワール+ノワールエトワールメタリック」「オランジュルシヨンメタリック+イヴォワール」「カプチーノメタリック+イヴォワール」「ルージュフラムメタリック+ノワールエトワールメタリック」「ブルーマリンフュメ」の5種がラインナップされる。

キャプチャー エクスプレッション、キャプチャー プレミアムともに、ツートンカラーのモデルは3万2400円高となる。

(webCG)

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション(MR/6MT)【試乗記】 2020.5.28 試乗記 日本限定モデルとして開発された、特別な「ロータス・エリーゼ」に試乗。こだわりのカラーリングも魅力だが、その走りは、ほかのスポーツカーでは得がたいドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
ホームへ戻る