「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売

2017.05.11 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー エクスプレッション」(写真左)と「キャプチャー プレミアム」(同左)。
「ルノー・キャプチャー エクスプレッション」(写真左)と「キャプチャー プレミアム」(同左)。拡大

ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。

「キャプチャー プレミアム」のレザーシート。
「キャプチャー プレミアム」のレザーシート。拡大
今回の特別仕様車には、アプリ「R&Go」に対応したラジオが備わる。写真のようにスマートフォンをインフォテインメントシステムとして活用するための、オプション「スマートフォン・クレードル」(5400円)も用意される。
今回の特別仕様車には、アプリ「R&Go」に対応したラジオが備わる。写真のようにスマートフォンをインフォテインメントシステムとして活用するための、オプション「スマートフォン・クレードル」(5400円)も用意される。拡大
「キャプチャー プレミアム」(写真をクリックすると、特別仕様車のフォトギャラリーが見られます)
「キャプチャー プレミアム」(写真をクリックすると、特別仕様車のフォトギャラリーが見られます)拡大

今回のルノー・キャプチャー エクスプレッションは、専用アプリ「R&Go」でスマートフォンを接続できるR&Go対応ラジオを装備し、クロームハブキャップでドレスアップした特別仕様車だ。

価格は254万円。ボディーカラーは、「イヴォワール+ノワールエトワールメタリック」「オランジュルシヨンメタリック+イヴォワール」「ブルーマリンフュメ」の3種が用意される。

もう1台のキャプチャー プレミアムには、キャプチャー エクスプレッションと同じR&Go対応ラジオおよびクロームハブキャップに加えて、レザーシート(前席シートヒーター付き)と専用レザーハンドル、専用レザーパーキングブレーキレバーが与えられる。

こちらの価格は266万円。ボディーカラーは、「イヴォワール+ノワールエトワールメタリック」「オランジュルシヨンメタリック+イヴォワール」「カプチーノメタリック+イヴォワール」「ルージュフラムメタリック+ノワールエトワールメタリック」「ブルーマリンフュメ」の5種がラインナップされる。

キャプチャー エクスプレッション、キャプチャー プレミアムともに、ツートンカラーのモデルは3万2400円高となる。

(webCG)

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • 「キャデラックCT6」の2019年モデル登場 2019.5.28 自動車ニュース GMジャパンがキャデラックの最上級セダン「CT6」の2019年モデルを発売。内外装をコンセプトカー「エスカーラ」をモチーフとしたデザインに変更したほか、新たに10段ATや地図データの更新が不要な完全通信型ナビゲーションシステムなどを採用した。
ホームへ戻る