オーテックから「セレナ」ベースの特別仕様車が登場

2017.05.25 自動車ニュース
「日産セレナ ライダー Vセレクション」
「日産セレナ ライダー Vセレクション」拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2017年5月24日、ミニバン「セレナ」の「ライダー」および「ステップタイプ」に、特別仕様車「Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。

「セレナ ステップタイプ ハイウェイスター Vセレクション」
「セレナ ステップタイプ ハイウェイスター Vセレクション」拡大

今回の特別仕様車「ライダー Vセレクション」は、セレナの「X」グレードをベースに、「ライダー」の装備のほか、「LEDヘッドランプ」や運転席側の「ハンズフリーオートスライドドア」、「日産オリジナルナビ取付パッケージ」、「セーフティパックA」、「寒冷地仕様(4WDは標準)」、「オートデュアルエアコン」、「専用LEDフォグランプ(ホワイト)」、「専用テールフィニッシャー&専用マフラー」、フロントバンパーの「メタル調フィニッシュ」を標準装備としている。さらに、黒本革シートを採用した「ライダー Vセレクション ブラックレザー」も設定した。

いっぽう、助手席へ乗降する人と助手席側スライドドアから後席へ乗降する人が同時に使える、ロングステップを採用した「ステップタイプ」には、使い勝手や快適性を向上させる人気アイテムを標準装備した「X Vセレクション」と、「ハイウェイスター Vセレクション」を追加設定した。

価格は以下の通り。

  • ライダー Vセレクション(FF/CVT):333万5040円
  • ライダー Vセレクション(4WD/CVT):352万8360円
  • ライダー Vセレクション ブラックレザー(FF/CVT):353万4840円
  • ライダー Vセレクション ブラックレザー(4WD/CVT):372万8160円
  • ステップタイプ X Vセレクション(FF/CVT):288万9000円
  • ステップタイプ ハイウェイスター Vセレクション(FF/CVT):314万9280円

(webCG)

関連キーワード:
セレナ日産 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る