ピレリがF1の技術を用いたカラードタイヤを発表

2017.06.06 自動車ニュース
「ピレリPゼロ カラーエディション」
「ピレリPゼロ カラーエディション」拡大

ピレリジャパンは2017年6月6日、サイドウオールにカラーリングを施した「Pゼロ カラーエディション」を日本に導入すると発表。自社の公式ウェブサイトで先行予約の受け付けを開始した。

 
ピレリがF1の技術を用いたカラードタイヤを発表の画像拡大
 
ピレリがF1の技術を用いたカラードタイヤを発表の画像拡大

Pゼロ カラーエディションは、ピレリが2011年から供給しているF1用タイヤのラベリング技術をもちいたカラードタイヤであり、タイヤの性能に影響を及ぼすことなく、カラーの光沢を維持し、色あせを防ぐ新素材が用いられているという。

欧州ではすでにパガーニ、ランボルギーニ、マクラーレンに採用されており、今夏からはフェラーリ、アストンマーティン、ポルシェ、ベントレーにも採用される予定となっている。

基本カラーはレッド、イエロー、ホワイト、シルバーの4色だが、これ以外のオプションカラーについても提供は可能とのこと。先行予約の受け付けは、まずは一部のスーパースポーツモデル用のタイヤから行い、次いで欧州高級車メーカー用のタイヤにも対象を拡大するとしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事