「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実の「テックエディション」

2017.06.13 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン テックエディション」。ボディーカラーは「ピュアホワイト」。
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン テックエディション」。ボディーカラーは「ピュアホワイト」。拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年6月13日、7人乗りコンパクトミニバンの「ゴルフトゥーラン」に特別仕様車「Tech Edition(テックエディション)」を設定し、300台の台数限定で販売を開始した。

「ディープブラックパールエフェクト」のボディーカラーをまとった「ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン テックエディション」。パワーテールゲートを標準装備する。
「ディープブラックパールエフェクト」のボディーカラーをまとった「ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン テックエディション」。パワーテールゲートを標準装備する。拡大

今回のテックエディションは、「TSIコンフォートライン」をベースに、安全装備や快適装備の充実が図られたモデルである。

全車速追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロール(ACC)や渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」、プリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」、駐車支援システム「パークアシスト」などの安全装備を追加。さらに、純正インフォテインメントシステムの「Discover Pro」が備わるほか、モバイルオンラインサービスの「フォルクスワーゲンCar-Net」にも対応している。また、挟み込み防止機能とイージーオープン機能が付いたパワーテールゲートなども標準装備となる。

ボディーカラーは「ピュアホワイト」と「ディープブラックパールエフェクト」の全2色の設定。それぞれ限定150台で、価格は384万円。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, シャラン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
ホームへ戻る