スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場

2017.06.15 自動車ニュース
「マクラーレン570Sスパイダー」
「マクラーレン570Sスパイダー」拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2017年6月14日(現地時間)、英国ウェストサセックス州で開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(開催期間:2017年6月29日~7月2日)において、オープンモデルの「マクラーレン570Sスパイダー」を初公開すると発表した。

 
スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場の画像拡大
 
スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場の画像拡大

「570Sクーペ」「570GT」に続いて、マクラーレンの“スポーツシリーズ”に、第3のボディースタイルを持つ570Sスパイダーが加わる。

クーペ、GTと同様、パワーユニットは570psと600Nmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンで、デュアルクラッチ式の7段ATが組み合わされる。0-100km/h加速が3.2秒、最高速度が328km/hという動力性能もクーペと同じで、オープン時の最高速度は315km/hと公称される。

そのルーフについては電動式で、「650S」と「675LTスパイダー」にも用いられている信頼性の高い技術を採用。強度の高いカーボンファイバー製の「モノセルIIシャシー」はコンバーチブル形状でも構造補強の必要がないとされ、クーペモデルからの重量増は46kgに抑えられている。また、ルーフの開閉に要する時間は15秒ほどで、40km/hまでは走行中でも操作できる。

オープンボディー化による空力の変化には、クーペよりも12mm高いリアスポイラーを採用することで対応。全体的な空力バランスは、クーペと同等のレベルがキープされているという。

最初の400台は「ローンチエディション」として生産される。すでに日本でも受注が開始されており、2017年秋以降のデリバリーが予定されている。価格は2898万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
570S, 570GT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • マクラーレンが公道を走れるレーシングカー「620R」を日本初公開【オートモビル カウンシル2020】 2020.3.23 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブは2020年3月23日、千葉県の幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:4月3日~5日)において、「マクラーレン620R」を日本初公開すると発表した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2020.3.24 試乗記 内外装のデザイン変更やユーザーインターフェイスの改善など、ブラッシュアップが図られたメルセデスAMGのフラッグシップ2ドアクーペ「GT」シリーズ。ラインナップの中で最も硬派な「GT R」をワインディングロードに連れ出し、その進化を確かめた。
ホームへ戻る