スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場

2017.06.15 自動車ニュース
「マクラーレン570Sスパイダー」
「マクラーレン570Sスパイダー」拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2017年6月14日(現地時間)、英国ウェストサセックス州で開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(開催期間:2017年6月29日~7月2日)において、オープンモデルの「マクラーレン570Sスパイダー」を初公開すると発表した。

 
スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場の画像拡大
 
スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場の画像拡大

「570Sクーペ」「570GT」に続いて、マクラーレンの“スポーツシリーズ”に、第3のボディースタイルを持つ570Sスパイダーが加わる。

クーペ、GTと同様、パワーユニットは570psと600Nmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンで、デュアルクラッチ式の7段ATが組み合わされる。0-100km/h加速が3.2秒、最高速度が328km/hという動力性能もクーペと同じで、オープン時の最高速度は315km/hと公称される。

そのルーフについては電動式で、「650S」と「675LTスパイダー」にも用いられている信頼性の高い技術を採用。強度の高いカーボンファイバー製の「モノセルIIシャシー」はコンバーチブル形状でも構造補強の必要がないとされ、クーペモデルからの重量増は46kgに抑えられている。また、ルーフの開閉に要する時間は15秒ほどで、40km/hまでは走行中でも操作できる。

オープンボディー化による空力の変化には、クーペよりも12mm高いリアスポイラーを採用することで対応。全体的な空力バランスは、クーペと同等のレベルがキープされているという。

最初の400台は「ローンチエディション」として生産される。すでに日本でも受注が開始されており、2017年秋以降のデリバリーが予定されている。価格は2898万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
570S, 570GT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン 570S の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • マクラーレンが最高速度403km/hのハイパーカー「スピードテール」を日本初披露 2020.9.14 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社は2020年9月14日、東京・西麻布においてハイパーカー「マクラーレン・スピードテール」を初披露した。同モデルはマクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を実現するというスーパーカーである。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
ホームへ戻る