第5回:クルマ好きの桃源郷へようこそ
輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~

2016.05.11 JAIA輸入車試乗会2016

クルマ好き垂涎(すいぜん)のスーパースポーツや、名だたる名門のプレミアムカーが名を連ねるお値段2000万円オーバーの世界。今回はそんな夢の世界のクルマにチョイ乗り。webCG編集部員が注目したクルマは、くしくも4台すべてが英国車となった。

ベントレー・コンチネンタルGT V8 S
ベントレー・コンチネンタルGT V8 S 拡大
 
第5回:クルマ好きの桃源郷へようこそ 輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像 拡大
 
第5回:クルマ好きの桃源郷へようこそ 輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像 拡大
 
第5回:クルマ好きの桃源郷へようこそ 輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像 拡大

格の違いにほれぼれ
ベントレー・コンチネンタルGT V8 S……2310万円

まるで、映画に出てくる無敵タイプの主人公だ。デカくて筋骨隆々で、いかにもケンカが強そうで……“別格”なムードが、むんむん漂っている。
しかも、あきれるほどゴージャス。シャープなエッジやクロムのパーツがキラキラと輝き、1.5mもあるドアを開ければ、レザーにウッド、メタルでしつらえた豪華なインテリアがドライバーを迎える。いったい誰が、どう乗りこなすのだろうか?

インポーターによれば、V型8気筒を積む「コンチネンタルGT」のオーナーは「自ら起業した若い経営者」、つまり野心的なビジネスマンが多いそう。年齢層の中心は、W型12気筒モデルより7~8歳若い50代前半で、20代のオーナーも少なくないという。新規のユーザー、特にポルシェからの乗り換えが多いのも特徴。つまりベントレーは、高級車ブランドとして、よりポピュラーになりつつあるわけだ。販売が好調(2015年の販売台数は370台で前年比16%増)なのも、うなずける。

V8モデルは後発ながら、いまやコンチネンタルGTの6割を占める多数派だ。実際乗ってみると、ビート感のあるエンジンフィーリングは、存在感のあるキャラに合っていると思える。最高速度がW12より控えめ(309km/h!)だって、かまわない。飛ばさなくても気持ちよく流せる性質は、グランドツアラーとして好ましい。
走りの特殊技能も、あまりない。“S”モデルとて、サスが4段階に調整できるだけ。けれども、あれもできる、これもできると、スイッチまみれな高性能車が多い中では、潔いというか、むしろ器の大きさを感じさせる。女性でなくともほれぼれする、益荒男(ますらお)ぶりなのである。

(文=webCG 関/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)【試乗記】 2010.5.17 試乗記 アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)
    ……2238万2850円

    アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズに、V12ユニットを搭載する最強モデルが登場! その実力や、いかに?
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
ホームへ戻る