特別なソフトトップの「フィアット500C」限定発売

2017.06.28 自動車ニュース
「フィアット500Cアイボリートップ」
「フィアット500Cアイボリートップ」拡大

FCAジャパンは2017年6月28日、「フィアット500C」に特別仕様車「Ivory Top(アイボリートップ)」を設定し、同年7月8日に60台の台数限定で発売すると発表した。

 
特別なソフトトップの「フィアット500C」限定発売の画像拡大
ブルーヴォラーレのボディーカラーをまとう「500Cアイボリートップ」。
ブルーヴォラーレのボディーカラーをまとう「500Cアイボリートップ」。拡大
こちらはボディーカラーがパソドブレレッドのモデル。10台限定で販売される。
こちらはボディーカラーがパソドブレレッドのモデル。10台限定で販売される。拡大
「500Cアイボリートップ」のインテリア。
「500Cアイボリートップ」のインテリア。拡大

今回のフィアット500Cアイボリートップは、0.9リッター2気筒TwinAirエンジンを搭載する「500Cツインエア ラウンジ」がベース。通常は設定のないアイボリーのソフトトップやエクステリアをドレスアップする特別なアイテムを装備することで、500Cの個性をより際立たせたモデルである。

主な特別装備は、以下の通り。

  • 12スポーク16インチアロイホイール
  • クロームミラーカバー
  • リアプライバシーガラス

ボディーカラーは、ボサノバホワイト(限定40台)とパソドブレレッド(同10台)、ブルーヴォラーレ(同10台)の3色を用意。カタログモデルには設定のないボサノバ ホワイトのボディーにアイボリールーフの組み合わせや、ブルーヴォラーレをベースとしたボディーカラーなど、限定車だけのコーディネートがセリングポイントとなっている。

価格は、282万4200円。

(webCG)

関連キーワード:
500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2009.10.16 試乗記 フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)
    ……289.0万円

    「フィアット500」にスライディングルーフ式のキャンパストップを備えた「500C」。イタリア車らしい、愛嬌たっぷりのオープンモデルにスーザン史子が試乗した。
  • ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT(FF/6MT)【試乗記】 2021.7.19 試乗記 長く愛されてきた2代目「ルノー・カングー」の最終ロットがいよいよ日本上陸。しかもその中身は、最後にして最初となるディーゼルエンジン搭載モデルである。そしてこの希少な初物では、カングーの美点がガソリンモデル以上に味わえるのだからたまらない。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • 「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場 2021.3.8 自動車ニュース FCAジャパンは2021年3月5日、「フィアット500/500C」に特別仕様車「ミモザ2」を設定し、同年3月20日に250台の台数限定で発売すると発表した。ミモザの花をイメージしたという「ハッピーイエロー」の専用ボディーカラーを採用している。
ホームへ戻る