特別なソフトトップの「フィアット500C」限定発売

2017.06.28 自動車ニュース
「フィアット500Cアイボリートップ」
「フィアット500Cアイボリートップ」拡大

FCAジャパンは2017年6月28日、「フィアット500C」に特別仕様車「Ivory Top(アイボリートップ)」を設定し、同年7月8日に60台の台数限定で発売すると発表した。

 
特別なソフトトップの「フィアット500C」限定発売の画像拡大
ブルーヴォラーレのボディーカラーをまとう「500Cアイボリートップ」。
ブルーヴォラーレのボディーカラーをまとう「500Cアイボリートップ」。拡大
こちらはボディーカラーがパソドブレレッドのモデル。10台限定で販売される。
こちらはボディーカラーがパソドブレレッドのモデル。10台限定で販売される。拡大
「500Cアイボリートップ」のインテリア。
「500Cアイボリートップ」のインテリア。拡大

今回のフィアット500Cアイボリートップは、0.9リッター2気筒TwinAirエンジンを搭載する「500Cツインエア ラウンジ」がベース。通常は設定のないアイボリーのソフトトップやエクステリアをドレスアップする特別なアイテムを装備することで、500Cの個性をより際立たせたモデルである。

主な特別装備は、以下の通り。

  • 12スポーク16インチアロイホイール
  • クロームミラーカバー
  • リアプライバシーガラス

ボディーカラーは、ボサノバホワイト(限定40台)とパソドブレレッド(同10台)、ブルーヴォラーレ(同10台)の3色を用意。カタログモデルには設定のないボサノバ ホワイトのボディーにアイボリールーフの組み合わせや、ブルーヴォラーレをベースとしたボディーカラーなど、限定車だけのコーディネートがセリングポイントとなっている。

価格は、282万4200円。

(webCG)

関連キーワード:
500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 「フィアット500/500C」にイタリアンカラーの限定車 2019.2.20 自動車ニュース FCAジャパンは2019年2月20日、「フィアット500/500C」に特別仕様車「スーパーイタリアン」を設定し、同年3月2日に190台の台数限定で発売すると発表した。特別なステッカーなどで、イタリア車らしさを強調している。
  • 第614回:欧州でも吹き荒れる「ジムニー」旋風
    スズキは“不吉数字”も恐れない!
    2019.7.26 マッキナ あらモーダ! トリノで開催されたモーターショーで、スズキのイタリア法人がスペシャルな「ジムニー」をお披露目した。来場者からの熱い視線を受けていたこの“フォーリセーリエ”には、当地で忌み嫌われる「13」と「17」の2つの数字が付されていた。この秘密に大矢アキオが迫る。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る