電気で走るチンクエチェント!? 「フィアット500クラシケev」が示した新しいクラシックカー像

2020.09.23 デイリーコラム

 “博物館発”のベンチャープロジェクト

クラシックカーをコンバートした電気自動車(EV)が、ここ数年、その筋のスペシャリストたち、あるいは自動車メーカーの手によって続々と誕生していることを、ご存じの向きも多いだろう。このクラシックカー業界最新のムーブメントのなかでも、格別にアイコニックで、格別にカワイイ一台が誕生することになった。しかもそれは、日本のエンスージアストたちが主導したアイデアに基づくもの。古きよき“チンク”こと「フィアット500」を蒐集(しゅうしゅう)するプライベートミュージアム「チンクエチェント博物館(Museo Cinquecento)」のプロデュースにより、イタリアの名匠たちの手で製作される「フィアット500クラシケev」である。

日本発のアイデアによるものとはどういうことか? 車名の「クラシケ」とは何を意味するのか? そのあたりを理解してもらうためにも、まずはチンクエチェント博物館のこれまでの取り組みについて紹介したい。

今を去ること20年前の2000年、愛知県にオープンしたチンクエチェント博物館は、初代“トポリーノ”と2代目“ヌォーヴァ”という2世代のフィアット500とそのファミリーたちの保護・保存に取り組んできた。さらに「ミュージアム館内で展示するだけでなく、このクルマへの愛を共有するエンスージアストに入手・所有してもらい、いつまでも元気一杯走らせ続けてもらうことも、チンクエチェントという文化遺産を守ることにつながる」と考え、イタリアのスペシャリストが手がけた500のリフレッシュ車両、名づけて「フィアット500クラシケ」の輸入・販売を行うことを決意した。

チンクエチェント博物館が発表した「フィアット500クラシケev」。2代目「フィアット500」のコンバージョンEVだ。
チンクエチェント博物館が発表した「フィアット500クラシケev」。2代目「フィアット500」のコンバージョンEVだ。拡大
「フィアット500クラシケev」は、フルレストアを施した2代目「フィアット500」をベースに、EVパワートレインを搭載したモデルとなる。
「フィアット500クラシケev」は、フルレストアを施した2代目「フィアット500」をベースに、EVパワートレインを搭載したモデルとなる。拡大
インテリアはまさに“オリジナル・チンク”そのもの。見てわかる違いは、ダッシュボード上に小さなディスプレイが追加された程度で、EV化に際して雰囲気が崩されたということはない。
インテリアはまさに“オリジナル・チンク”そのもの。見てわかる違いは、ダッシュボード上に小さなディスプレイが追加された程度で、EV化に際して雰囲気が崩されたということはない。拡大
フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 地球滅亡の日まで生き残る 新型「トヨタ・ランドクルーザー」のメカニズムを読み解く 2021.6.16 デイリーコラム 生誕70周年のアニバーサリーに新型が発表された「トヨタ・ランドクルーザー」。ランクルの本質である“信頼性・耐久性・悪路走破性”を進化させつつ継承したというが、果たしてどんなメカニズムによって成し遂げているのだろうか。
  • スバルが「フォレスター」を大幅改良 新世代の「アイサイト」を搭載 2021.6.14 自動車ニュース スバルは2021年6月14日、「フォレスター」の大幅改良モデル(日本仕様)を初公開し、先行予約注文受け付けを開始した。正式発表は同年8月の予定。フロントマスクなどに新デザインを採用したほか、全モデルで足まわりのセッティングを変更している。
ホームへ戻る