クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

電気で走るチンクエチェント!? 「フィアット500クラシケev」が示した新しいクラシックカー像

2020.09.23 デイリーコラム

 “博物館発”のベンチャープロジェクト

クラシックカーをコンバートした電気自動車(EV)が、ここ数年、その筋のスペシャリストたち、あるいは自動車メーカーの手によって続々と誕生していることを、ご存じの向きも多いだろう。このクラシックカー業界最新のムーブメントのなかでも、格別にアイコニックで、格別にカワイイ一台が誕生することになった。しかもそれは、日本のエンスージアストたちが主導したアイデアに基づくもの。古きよき“チンク”こと「フィアット500」を蒐集(しゅうしゅう)するプライベートミュージアム「チンクエチェント博物館(Museo Cinquecento)」のプロデュースにより、イタリアの名匠たちの手で製作される「フィアット500クラシケev」である。

日本発のアイデアによるものとはどういうことか? 車名の「クラシケ」とは何を意味するのか? そのあたりを理解してもらうためにも、まずはチンクエチェント博物館のこれまでの取り組みについて紹介したい。

今を去ること20年前の2000年、愛知県にオープンしたチンクエチェント博物館は、初代“トポリーノ”と2代目“ヌォーヴァ”という2世代のフィアット500とそのファミリーたちの保護・保存に取り組んできた。さらに「ミュージアム館内で展示するだけでなく、このクルマへの愛を共有するエンスージアストに入手・所有してもらい、いつまでも元気一杯走らせ続けてもらうことも、チンクエチェントという文化遺産を守ることにつながる」と考え、イタリアのスペシャリストが手がけた500のリフレッシュ車両、名づけて「フィアット500クラシケ」の輸入・販売を行うことを決意した。

チンクエチェント博物館が発表した「フィアット500クラシケev」。2代目「フィアット500」のコンバージョンEVだ。
チンクエチェント博物館が発表した「フィアット500クラシケev」。2代目「フィアット500」のコンバージョンEVだ。拡大
「フィアット500クラシケev」は、フルレストアを施した2代目「フィアット500」をベースに、EVパワートレインを搭載したモデルとなる。
「フィアット500クラシケev」は、フルレストアを施した2代目「フィアット500」をベースに、EVパワートレインを搭載したモデルとなる。拡大
インテリアはまさに“オリジナル・チンク”そのもの。見てわかる違いは、ダッシュボード上に小さなディスプレイが追加された程度で、EV化に際して雰囲気が崩されたということはない。
インテリアはまさに“オリジナル・チンク”そのもの。見てわかる違いは、ダッシュボード上に小さなディスプレイが追加された程度で、EV化に際して雰囲気が崩されたということはない。拡大

レストアした「500」にEVパワートレインを搭載

こうして誕生したフィアット500クラシケは、イタリアで日常的に走行している車両のなかから、比較的ボディーコンディションのよい個体を選んで輸入・販売する「ベース」、内外装パーツの多くを新品に交換し、エンジンやトランスミッション、足まわり、ブレーキなどに入念なメンテナンスを施した「スタンダード」、顧客のフルオーダーに基づいてボディー全体を取り外し、新たに板金塗装まで行う「フルレストア」の3つのステージを用意。また、往年のアバルトのお家芸的チューニングを現代に復活させたライトチューン車両「mCrt 595」と「mCrt 650」が、スタンダードとフルレストアの両仕様で選択できるという。

そして、フルレストア仕様限定で、まったく新しい価値を提供するべくつくられるのが、EVの500クラシケevなのだ。

チンクエチェント博物館のフィアット500クラシケevは、リアの、本来ならば空冷直列2気筒OHVエンジンが収まるコンパートメントに、イタリア・ニュートロン社製EVコンバージョンキットを組み込んだもの。このコンバージョンキットは、車両を走らせるためのモーターやコントロールユニットによって構成される。そして、オリジナルでは燃料タンクと小さなトランクが置かれるフロントに、モーター駆動用のリチウムイオンバッテリーが搭載される。

バッテリーは1基(ONE BATTERY)と2基(TWO BATTERY)から選択可能で、総電力量は前者が5.5kWhで後者は10kWh。バッテリーの充電は家庭用の200V電源に対応しており、一回の充電で可能な走行距離は「ONE BATTERY」仕様で約40km、「TWO BATTERY」仕様では約80kmとされている。

フロントに搭載された走行用バッテリー。5.5kWhのものと10kWhのものの2種類が用意される。
フロントに搭載された走行用バッテリー。5.5kWhのものと10kWhのものの2種類が用意される。拡大
リアに積まれるニュートロン社製のEVコンバージョンキット……もそうだが、サビなどの一切見られないコンパートメントの仕上がりにも注目してほしい。
リアに積まれるニュートロン社製のEVコンバージョンキット……もそうだが、サビなどの一切見られないコンパートメントの仕上がりにも注目してほしい。拡大
外観では、フロントウィンドウに備わる充電中に光るインジケーターが特徴。
外観では、フロントウィンドウに備わる充電中に光るインジケーターが特徴。拡大
左右シート間に備わる2つのボタン。右の「S」はスポーツモードの、左の「R」はリバースのスイッチだ。
左右シート間に備わる2つのボタン。右の「S」はスポーツモードの、左の「R」はリバースのスイッチだ。拡大

クラシックなれど新しい時代の楽しいクルマ

フィアット500クラシケevというクルマの存在を初めて耳にしたときから興味津々だった筆者は、まだ試作車段階というONE BATTERY仕様に、ごく短時間・短距離ながら試乗するチャンスを得た。

2気筒のガソリンエンジンを搭載するオリジナルの500は、排気量479cc、最高出力13PSというか細いパワーにすぎなかった初期モデルはもちろん、中期以降の499.5cc、18PSのモデルであっても、ノーマルのままなら日本の都市部で交通の流れに追いつく、あるいは急勾配の坂道を軽快に走るのは、正直なところなかなかの冒険的行為だった。

一方の500クラシケevは、最高出力こそ13kW(約18PS)と古きよきガソリンエンジン車と変わらないのだが、一方で最大トルクは160N・m(約16.3kgf・m)と、初期モデルの実に5倍以上の数値をマークする。しかも、電動モーターの特徴でアクセルペダルを踏み込んだ直後から太いトルクが立ち上がるので、キュートな見た目の印象とは裏腹の速さ(あくまで体感的なものだが……)を発揮する。

加えて、車両重量はONE BATTERY仕様で590kg、TWO BATTERYで650kgという、現代のクルマでは考えられないような圧倒的な軽さも、このクルマの特異なキャラクターを決定づけているだろう。軽量であるがゆえに、レスポンスのよい加速感や強い回生制動などに代表される電動モーターの特質が、面白いほどダイレクトに伝わってくる。

まるで遊園地の乗り物をストリートで乗るようなワクワク感を、超絶キュートな“チンク”で体感できるこのクルマは、ほかに何者にも似ていない新時代のファンカーと得心したのである。

東京・有明のガレーヂ伊太利屋にて。同店に加え、「フィアット500クラシケev」はフィアット岐阜、フィアット京都でも扱われる。
東京・有明のガレーヂ伊太利屋にて。同店に加え、「フィアット500クラシケev」はフィアット岐阜、フィアット京都でも扱われる。拡大
ベース車の4段MTはそのまま残されているが、パワーユニットは1回転目から最大トルクを発生させることができ、エンストもしない電動モーターなので、操作する必要はなし。基本は3速に入れっぱなしでOKだ。
ベース車の4段MTはそのまま残されているが、パワーユニットは1回転目から最大トルクを発生させることができ、エンストもしない電動モーターなので、操作する必要はなし。基本は3速に入れっぱなしでOKだ。拡大
プロトタイプはエンジンフードを開けて直接ポートにケーブルをつながないと充電できないが、市販モデルではフロントのエンブレムに充電口を設けることも検討しているという。
プロトタイプはエンジンフードを開けて直接ポートにケーブルをつながないと充電できないが、市販モデルではフロントのエンブレムに充電口を設けることも検討しているという。拡大
「フィアット500クラシケev」のドライブフィールは、EVの走行特性をダイレクトに感じさせるものだった。
「フィアット500クラシケev」のドライブフィールは、EVの走行特性をダイレクトに感じさせるものだった。拡大

日々に彩りを添えてくれるクラシックカーという提案

もちろん、一回の充電で走らせられる距離は限られるので、ドライブは自宅などの充電環境から近距離に限定されるものの、コロナ禍もあって“近距離を最大限に楽しむ”過ごし方が再認識されるようになった今日にあって、こういった日常生活で満喫できるクラシックカーの登場は、とても歓迎すべきことと思われる。

フィアット500クラシケevは、在庫車両以外はすべてカスタムオーダーとなり、受注から納車までの納期の目安は約6カ月。オーダーの場合、ベースモデル(「500D」「500F」「500L」から選択可能)やボディーカラー、インテリアの仕立てなどが自由に選べるほか、オリジナル500の最初期型に存在した「トラスフォルマービレ」のようなロングサンルーフや、「フィアット・アバルト695SS」のようなオーバーフェンダー付きなどのカスタマイズも対応可能とされている。

ちなみに、お値段はスタート価格でONE BATTERY仕様が506万円、TWO BATTERY仕様は550万円とのこと(消費税込み)。ご興味を持たれた方には、まずはチンクエチェント博物館の公式ホームページを訪ねることをおすすめしたい。

(文=武田公実/写真=チンクエチェント博物館/編集=堀田剛資)

バッテリーの残量は、ダッシュボードのディスプレイで確認できる。
バッテリーの残量は、ダッシュボードのディスプレイで確認できる。拡大
クラシックカーというと、“ハレ”の日にドライブに引っ張り出すクルマというイメージが強いが、「フィアット500クラシケev」は“ケ”……すなわち普段の日常に彩りを添えてくれる、新しいクラシックカー像を見せてくれた。
クラシックカーというと、“ハレ”の日にドライブに引っ張り出すクルマというイメージが強いが、「フィアット500クラシケev」は“ケ”……すなわち普段の日常に彩りを添えてくれる、新しいクラシックカー像を見せてくれた。拡大
webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フィアット 500 の中古車
関連キーワード
関連記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。