青空をイメージした限定車「フィアット500チエーロブル」発売

2017.10.07 自動車ニュース
「フィアット500/500Cチエーロブル」
「フィアット500/500Cチエーロブル」拡大

FCAジャパンは2017年10月7日、「フィアット500」および「フィアット500C」に特別仕様車「CieloBlu(チエーロブル)」を設定し、150台の台数限定で発売した。

 
青空をイメージした限定車「フィアット500チエーロブル」発売の画像拡大
 
青空をイメージした限定車「フィアット500チエーロブル」発売の画像拡大
 
青空をイメージした限定車「フィアット500チエーロブル」発売の画像拡大

イタリア語で青空を意味する名前が与えられた今回の特別仕様車は、「1.2ポップ」をベースに、ボディーカラーは空色の「ブルーヴォラーレ」を、ミラーカバーには雲をイメージしたホワイトをコーディネート。オープンモデルの500Cチエーロブルでは、ソフトトップカラーにアイボリーを採用している。

インテリアでは、ベース車ではグレーのシートを、上級グレードの「ラウンジ」と同じアイボリーとグレンチェック柄を組み合わせたデザインに変更。キーカバーにもホワイトのアクセントがあしらわれる。

価格は500チエーロブルが203万0400円(限定100台)、500Cチエーロブルが255万9600円(同50台)。

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • 赤・白・緑の「フィアット・パンダ4×4」登場 2018.11.6 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ4×4イタリアーナ」を150台限定で発売。パンダ4×4は、これまでにも複数回にわたり日本に導入されていた小型SUVで、今回のモデルは赤・白・緑の3色のボディーカラーを特徴としている。
  • 安全性能を高めたフィアット・パンダ発売 2015.11.4 自動車ニュース FCAジャパンは、「フィアット・パンダEasy」に衝突被害軽減ブレーキを標準装備としたうえで、2015年11月4日に発売した。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る