ホワイトがアクセント、「日産マーチ」に新グレードが登場

2017.07.05 自動車ニュース
「日産マーチGパーソナライゼーション」。ボディーカラーは復刻色の「サンライトオレンジ」。
「日産マーチGパーソナライゼーション」。ボディーカラーは復刻色の「サンライトオレンジ」。拡大

日産自動車は2017年7月5日、コンパクトカー「マーチ」に新グレード「パーソナライゼーション」を追加設定し、販売を開始した。

同じく復刻色の「スプリンググリーン」をまとう「マーチGパーソナライゼーション」。
同じく復刻色の「スプリンググリーン」をまとう「マーチGパーソナライゼーション」。拡大
こちらのボディーカラーは新色の「チタニウムカーキ」。
こちらのボディーカラーは新色の「チタニウムカーキ」。拡大
同じく新色の「ダークブルー」。
同じく新色の「ダークブルー」。拡大

今回追加されたパーソナライゼーションは、「X Vセレクション」と「G」をベースに、ホワイトの電動格納式リモコンドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付き)とアウトサイドドアハンドル(フロントドア、リアドア)、フルホイールカバーなどを装備。マーチに設定される個性的なボディーカラーにホワイトがアクセントとなり、よりおしゃれな印象をもたらすという。

ラインナップと価格は以下の通り

【FF車】

  • X Vセレクション パーソナライゼーション:140万8320円
  • Gパーソナライゼーション(FF):158万9760円

【4WD車】

  • X FOUR Vセレクション パーソナライゼーション:158万3280円
  • G FOURパーソナライゼーション:175万3920円

合わせてマーチのボディーカラーのバリエーションも充実が図られた。「チタニウムカーキ」と「ダークブルー」の2色を追加するとともに、かつて人気を博した「サンライトオレンジ」と「スプリンググリーン」を復刻。全11色の展開となる。

(webCG)

関連キーワード:
マーチ, 日産, 自動車ニュース

日産 マーチ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.7.11 試乗記 ランドローバーのプレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2代目が日本上陸を果たした。新しいプラットフォームとマイルドハイブリッドの採用によって、ブランド躍進の立役者はどう進化したのか。最高出力300psを誇るトップグレードで確かめた。
ホームへ戻る