日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化

2017.07.13 自動車ニュース
「日産NV350キャラバン」
「日産NV350キャラバン」拡大

日産自動車は2017年7月13日、ワンボックス車「NV350キャラバン」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。

 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大

マイナーチェンジの内容はデザインの変更と装備の強化が主となっている。

エクステリアについては、フロントグリルまわりの意匠を、最近の日産のデザインテーマである「Vモーショングリル」(V字形のフロントグリルの装飾)をより強調したものに変更。またヘッドランプ、リアコンビランプをLED式に変更した。一方インテリアでは、「プレミアムGX」「GX」にシルバーの装飾を施したステアリングホイールを採用。シートファブリックも、ブラックの生地にホワイトのラインをランダムで施した、新しいデザインに変更している。

また、装備については、これまではバン・2WD車の一部のバリエーションのみに設定されていた「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」「VDC(ビーグルダイナミクスコントロール)」「ヒルスタートアシスト」をバンの全車で標準装備化。また4ナンバークラスのバンとして初めて「インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)」をオプションとして採用した。さらに、大きな音を立てることなくバックドアを全閉できる「バックドアオートクロージャー」、および液晶モニター付きの「オートエアコン+リアクーラー」を一部グレードに搭載。前者については非装備グレードでもオプションで選択可能となっている。

グレード体系では、エクステリアを中心に上級グレードに準じる仕様・装備とした新グレード「VX」を追加設定。また商用車系特装車についても、標準車と同様の変更がなされている。

価格はバンが227万7720円から381万2400円、ワゴンが258万6600円から348万9480円、マイクロバスが305万3160円から339万4440円。

(文=webCG/写真=荒川正幸)

関連キーワード:
NV350キャラバン, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • トライアンフ・ストリートスクランブラー(MR/5MT)【レビュー】 2019.2.16 試乗記 堅牢なオフロードスタイルとファッション性、そして多用途性を併せ持つ、トライアンフのネオクラシック「ストリートスクランブラー」。またがってむちを当てるや、ライダーは気軽にどこでも行きたくなる自由な気分に満たされるのだった。
  • ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.15 試乗記 ホンダのベストセラーSUV「ヴェゼル」に高性能グレード「ツーリング」が追加された。コンパクトなボディーを最高出力172psの1.5リッターVTECターボエンジンで操るうちに見えてきた、同車にとって最大のライバルとは!?
  • BMWアルピナD4ビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.2.14 試乗記 実に700Nmもの最大トルクを発生する、3リッター直6ディーゼルエンジンを搭載した「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。よどみない加速と繊細な乗り味に浸りながら、アルピナという小さな自動車メーカーが長年にわたり愛され続ける理由を考えた。
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.13 試乗記 メルセデス・ベンツの新世代デザインをまとい、華々しいデビューを飾った新型「Aクラス」。金看板の自然対話式インターフェイス「MBUX」を武器に、強豪ひしめくCセグメントの新たな盟主となることはできるのだろうか。
ホームへ戻る