日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化

2017.07.13 自動車ニュース
「日産NV350キャラバン」
「日産NV350キャラバン」拡大

日産自動車は2017年7月13日、ワンボックス車「NV350キャラバン」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。

 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大

マイナーチェンジの内容はデザインの変更と装備の強化が主となっている。

エクステリアについては、フロントグリルまわりの意匠を、最近の日産のデザインテーマである「Vモーショングリル」(V字形のフロントグリルの装飾)をより強調したものに変更。またヘッドランプ、リアコンビランプをLED式に変更した。一方インテリアでは、「プレミアムGX」「GX」にシルバーの装飾を施したステアリングホイールを採用。シートファブリックも、ブラックの生地にホワイトのラインをランダムで施した、新しいデザインに変更している。

また、装備については、これまではバン・2WD車の一部のバリエーションのみに設定されていた「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」「VDC(ビーグルダイナミクスコントロール)」「ヒルスタートアシスト」をバンの全車で標準装備化。また4ナンバークラスのバンとして初めて「インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)」をオプションとして採用した。さらに、大きな音を立てることなくバックドアを全閉できる「バックドアオートクロージャー」、および液晶モニター付きの「オートエアコン+リアクーラー」を一部グレードに搭載。前者については非装備グレードでもオプションで選択可能となっている。

グレード体系では、エクステリアを中心に上級グレードに準じる仕様・装備とした新グレード「VX」を追加設定。また商用車系特装車についても、標準車と同様の変更がなされている。

価格はバンが227万7720円から381万2400円、ワゴンが258万6600円から348万9480円、マイクロバスが305万3160円から339万4440円。

(文=webCG/写真=荒川正幸)

関連キーワード:
NV350キャラバン, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • マツダが「CX-5」を一部改良 2.5リッターターボモデルを追加設定 2018.10.11 自動車ニュース マツダが「CX-5」を一部改良。2.5リッター直4ガソリンターボエンジン搭載モデルを追加設定したほか、充実した装備と上質な内外装が魅力の特別仕様車「エクスクルーシブモード」を設定。車両運動制御技術「G-ベクタリングコントロール プラス」を全車に標準装備した。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
ホームへ戻る