日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化

2017.07.13 自動車ニュース
「日産NV350キャラバン」
「日産NV350キャラバン」拡大

日産自動車は2017年7月13日、ワンボックス車「NV350キャラバン」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。

 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大

マイナーチェンジの内容はデザインの変更と装備の強化が主となっている。

エクステリアについては、フロントグリルまわりの意匠を、最近の日産のデザインテーマである「Vモーショングリル」(V字形のフロントグリルの装飾)をより強調したものに変更。またヘッドランプ、リアコンビランプをLED式に変更した。一方インテリアでは、「プレミアムGX」「GX」にシルバーの装飾を施したステアリングホイールを採用。シートファブリックも、ブラックの生地にホワイトのラインをランダムで施した、新しいデザインに変更している。

また、装備については、これまではバン・2WD車の一部のバリエーションのみに設定されていた「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」「VDC(ビーグルダイナミクスコントロール)」「ヒルスタートアシスト」をバンの全車で標準装備化。また4ナンバークラスのバンとして初めて「インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)」をオプションとして採用した。さらに、大きな音を立てることなくバックドアを全閉できる「バックドアオートクロージャー」、および液晶モニター付きの「オートエアコン+リアクーラー」を一部グレードに搭載。前者については非装備グレードでもオプションで選択可能となっている。

グレード体系では、エクステリアを中心に上級グレードに準じる仕様・装備とした新グレード「VX」を追加設定。また商用車系特装車についても、標準車と同様の変更がなされている。

価格はバンが227万7720円から381万2400円、ワゴンが258万6600円から348万9480円、マイクロバスが305万3160円から339万4440円。

(文=webCG/写真=荒川正幸)

関連キーワード:
NV350キャラバン, 日産, 自動車ニュース

日産 NV350キャラバン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • スズキが「エブリイ/エブリイワゴン」の安全装備を強化 2019.6.17 自動車ニュース スズキが軽商用車「エブリイ」と軽乗用車「エブリイワゴン」に一部仕様変更を実施。軽キャブバンや軽キャブワゴンでは初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を新たに採用するなど、安全装備の拡充を図った。
  • 「王道」に挑むのは「SUV風」と「未来顔」
    軽自動車の“カスタム顔”バトルが新時代に突入!
    2019.6.19 デイリーコラム 標準顔と“カスタム顔”の2本立てがスタンダードだった軽乗用車のデザインに、新たな流れが湧き起こりつつある。「SUV風」で攻めるスズキと三菱、「未来顔」を世に問うホンダ、そして王道を突き進むダイハツ……。それぞれの思惑とは!?
  • 日本の軽規格が海外へ スズキが新型「アルト」をパキスタンで発売 2019.6.17 自動車ニュース スズキのパキスタン現地子会社が新型「アルト」を発売。日本で販売している軽自動車の「アルト」と同じ全長、全幅のボディーに660ccのR06A型エンジンを搭載したもので、日本の軽自動車規格に準じたクルマをスズキが海外生産するのは、今回が初の例となる。
  • 「スズキ・アルト」40周年を記念した特別仕様車が登場 2019.6.13 自動車ニュース スズキは2019年6月13日、軽乗用車「アルト」に「40周年記念特別仕様車Lリミテッド」を設定、同日に販売を開始した。ブラック基調のインテリアのほか、「40th Anniversary」専用エンブレムなど特別装備を数多く採用。全5色のボディーカラーを用意している。
ホームへ戻る