ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」、世界初公開

2017.07.14 自動車ニュース
「ジャガーEペース」
「ジャガーEペース」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2017年7月13日(現地時間)、新型SUV「ジャガーEペース」を世界初公開した。

 
ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」、世界初公開の画像拡大
 
ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」、世界初公開の画像拡大
 
ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」、世界初公開の画像拡大
 
ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」、世界初公開の画像拡大
 
ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」、世界初公開の画像拡大

現代的なコンパクトSUV

Eペースは、「ジャガーのスポーツカーのデザインとパフォーマンス、広々とした室内空間、実用性、コネクティビティーを兼ね備える」とうたわれる、5人乗りのSUV。既存の「Fペース」よりもコンパクトなモデルとしてラインナップされる。

パワーユニットは、INGENIUM(インジニウム)と名付けられた、最高出力300psの2リッター直4ガソリンターボと同150psの2リッター直4ディーゼルターボ。ジャガー初の「アクティブドライブラインAWDシステム」で、驚異的なトラクション能力とジャガーならではの後輪駆動特性を両立させるという。

一方、「InControlシステム」と呼ばれる特徴的な通信機能も備わっており、車両の位置をスマートフォン上で追跡したり、事故が発生した際には救急サービスに自動的に連絡したりできる。さらに、スマートフォンやスマートウオッチで燃料の残量や走行距離を車両から離れた場所で確認できるほか、遠隔操作によるカーエアコンの操作やエンジンの始動も可能だ。

デジタル機器の接続端子も豊富で、12V電源ソケットは4つ、USB接続ポートは5つ装備。最大で8台の機器を接続できる4G Wi-Fiホットスポットも備わっており、複数のデジタル機器を所有する、現代のファミリーのニーズに応えるという。

安全装備については、ステレオカメラを使った、歩行者検知機能を含む自動緊急ブレーキシステムのほか、レーンキープアシスト、トラフィックサインレコグニション(交通標識認識)、インテリジェントスピードリミッター、ドライバーコンディションモニターなどが搭載される。衝突時にボンネット上に展開する歩行者保護エアバッグも、セリングポイントのひとつである。

(webCG)

→「ジャガーEペース」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
Eペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.10.21 試乗記 欧州プレミアムブランドの電気自動車(BEV)として、いち早く“公道デビュー”を果たした「ジャガーIペース」。航続距離438km(WLTCモード)という実用性と、スポーツカーもかくやの動力性能を併せ持つ次世代ラグジュアリーカーが見せる新世界とは?
  • 第41回:ジャガーIペース(後編) 2019.7.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 他のどんなクルマにも似ていないデザインで登場した、ジャガー初の電気自動車「Iペース」。このモデルが提案する“新しいクルマのカタチ”は、EV時代のメインストリームとなりうるのか? 明照寺彰と永福ランプ、webCGほったが激論を交わす。
  • 第40回:ジャガーIペース(前編) 2019.7.10 カーデザイナー明照寺彰の直言 ジャガーからブランド初の100%電気自動車(EV)「Iペース」が登場。SUVのようにも、ハッチバックのようにも見える400psの快速EV。そのデザインに込められた意図とは? EVデザインのトレンドを踏まえつつ、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
  • アストンマーティンDBXプロトタイプ(4WD/9AT)【海外試乗記】 2020.1.17 試乗記 アストンマーティン初のSUVとして開発された「DBX」。2020年春の発売を前に中東・オマーンで試乗した新型車は、スポーツカーブランドの血筋を感じる操縦性と、予想以上の実用性を兼ね備えていた。
ホームへ戻る