「ジャガーEペース」に錦織選手とのコラボモデル 50台限定で注文受け付けを開始

2019.07.29 自動車ニュース
ジャガーEペースKEI NISHIKORI EDITION
ジャガーEペースKEI NISHIKORI EDITION拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年7月29日、SUV「ジャガーEペース」に特別仕様車「KEI NISHIKORI EDITION」を設定し、同日受注を開始した。

 
「ジャガーEペース」に錦織選手とのコラボモデル 50台限定で注文受け付けを開始の画像拡大
 
「ジャガーEペース」に錦織選手とのコラボモデル 50台限定で注文受け付けを開始の画像拡大
 
「ジャガーEペース」に錦織選手とのコラボモデル 50台限定で注文受け付けを開始の画像拡大
 
「ジャガーEペース」に錦織選手とのコラボモデル 50台限定で注文受け付けを開始の画像拡大
 
「ジャガーEペース」に錦織選手とのコラボモデル 50台限定で注文受け付けを開始の画像拡大
プロテニスプレイヤーの錦織 圭選手(左)。
プロテニスプレイヤーの錦織 圭選手(左)。拡大

黒い外装と赤い内装が印象的な限定モデル

EペースKEI NISHIKORI EDITIONは、ジャガーのブランドアンバサダーであるプロテニスプレイヤー錦織 圭選手とのコラボレーションによって企画された、販売台数50台の特別限定車である。同様のコンセプトで生まれたコラボレーションモデルとしては、5番目のモデルにあたる。

ベースとなるのは最高出力300psの2リッターガソリンターボエンジンを搭載した「R-DYNAMIC S」で、「Cool & Athletic」というテーマのもとに内外装をコーディネート。エクステリアは「ナルヴィックブラック」のボディーカラーに「ブラックエクステリアパック」の装飾パーツを組み合わせることで、全体を黒で統一。一方、インテリアにはマーズレッドのレザーシートを採用し、コントラストを効かせている。

さらにブラインドスポットアシストやアダプティブクルーズコントロール、ハイスピード・エマージェンシーブレーキからなる「ドライブパック」が標準で備わるなど、装備も充実している。

主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックエクステリアパック(サイドベント、サイドウィンドウサラウンド、フロントグリル、グリルサラウンド)
  • 自動防げんドアミラー(電動格納、ヒーター、アプローチライト、メモリー付き)
  • 20インチ 5スプリットスポーク“スタイル5051”(グロスブラックフィニッシュ)
  • ブレーキ・キャリパー(レッド)
  • マーズレッドウィンザーレザースポーツシート(エボニー/マーズレッドインテリア)
  • 18ウェイ電動フロントシート(メモリー付き)
  • コールドクライメートパック
  • パワーテールゲート
  • ドライブパック(ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、ハイスピード・エマージェンシーブレーキ)
  • スマートフォンパック(Apple CarPlay/Android Auto対応)

価格は739万円。

(webCG)

関連キーワード:
Eペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Eペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • ジャガーXF SE R-DYNAMIC P300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.5 試乗記 優雅さとスポーティーな走りを併せ持つジャガーのEセグメントモデル「XF」が、操作系の刷新を含む改良を受けて、2021年モデルへと進化。パワフルなガソリンターボエンジンと4WDを組み合わせた「XF SE R-DYNAMIC P300」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ジャガーFペースR-Dynamic SE D200(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.28 試乗記 2021年モデルの「ジャガーFペース」には、新たにマイルドハイブリッド付きの2リッターディーゼルターボモデルが設定されている。乗ってみるとこれがなかなか……というよりも、予想を大きく上回る出来栄えに、思わず笑みがこぼれた。
  • 【後編】ジャガーE-PACE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> ジャガーの4ドアサルーン「XE」とプレミアムSUV「E-PACE」。モデル名に“E”を冠したこの2台は、ジャガーのコンパクトクラス「E-LINE」を担うラインナップである。今回は、山岳路でE-PACEを走らせ、その実力を確かめてみた。
  • BMW R nineT(6MT)【レビュー】 2021.7.29 試乗記 レトロでありながらもアグレッシブなスタイリングと、見た目にたがわぬスポーティーな走りで人気を博す「BMW R nineT」。パンチの利いた空油冷ボクサーエンジンを搭載するBMWのロードスターモデルは、大幅改良によってどのような進化を遂げたのか?
ホームへ戻る