ダイハツ、軽乗用車「ムーヴ」の運転支援システムを大幅強化

2017.08.01 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴX“SA III”」
「ダイハツ・ムーヴX“SA III”」拡大

ダイハツ工業は2017年8月1日、軽乗用車「ムーヴ」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「ムーヴX“SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ムーヴX“SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」拡大
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」のリアビュー。
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」のリアビュー。拡大
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大

ダイハツ・ムーヴは1995年にデビューしたハイトワゴンタイプの軽乗用車である。現行型は6代目のモデルにあたり、2014年12月に登場している。

今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムに最新の「スマートアシストIII」を採用。このシステムは新型「ミラ イース」から導入が進められているもので、自動緊急ブレーキが歩行者にも対応するなど、機能が大幅に強化されている。さらに、モニターに自車の俯瞰(ふかん)映像を表示することで駐車時などの運転を支援する「パノラマモニター」も新たに設定している。

またアルミホイールの形状を変更するなど、各部のデザインにも手を加えており、標準車のムーヴではメッキグリルの採用などによってエクステリアの質感を向上。「ムーヴ カスタム」ではエクステリアに新開発の多灯薄型LEDヘッドランプやクリアタイプのインナーレンズを使ったリアコンビネーションランプを採用したほか、インテリアでもインストゥルメントパネルガーニッシュの意匠を変更している。またリアシートの背もたれの背面に、荷室側からリアシートをスライドできるレバーを設置するなど、使い勝手の改善も図っている。

価格はムーヴが111万2400円から147万4200円、ムーヴ カスタムが137万1600円から174万9600円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ムーヴ, ムーヴカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ムーヴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • ダイハツが「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」を一部改良 LEDヘッドランプを一部グレードに標準装備 2019.11.1 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年11月1日、「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」を一部改良し、販売を開始した。スマートアシストIII付きグレードに「LEDヘッドランプ」を標準装備したほか、アトレー ワゴンの外装色にレーザーブルークリスタルシャインを追加した。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る