アストンの「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズに2つのニューモデル登場

2017.08.16 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート スピードスター」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート スピードスター」拡大

英アストンマーティンは2017年8月15日(現地時間)、米国カリフォルニア州カーメルにおいて「ヴァンキッシュ ザガート スピードスター」「ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク」を生産すると発表した。

 
アストンの「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズに2つのニューモデル登場の画像拡大
 
アストンの「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズに2つのニューモデル登場の画像拡大
「ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク」
「ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク」拡大
「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズの4モデル。
「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズの4モデル。拡大

今回の2モデルは、「ヴァンキッシュ ザガート クーペ」「ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」に続く、ヴァンキッシュ ザガートの第3、第4のモデルである。

ヴァンキッシュ ザガートとは、最高出力600psのV12エンジンを搭載する、「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」をベースとしたスペシャルモデルであり、ザガートの手になるデザインはもちろん、モデルごとに異なるチューニングを施したサスペンションのアダプティブ・ダンピング機能も特徴とされている。

生産が発表された2モデルのうち、スピードスターは完全な“ルーフレス・デザイン”が特徴のオープントップモデルで、シートの後方にはザガートの特徴であるダブル・バブル・ルーフに着想を得た流線形のカウルを採用。「オープントップの超高性能スポーツカーならではのエキサイトメント」を表現しているという。

一方のシューティングブレークは、長いルーフラインが特徴の2シーターモデルで、電動式のテールゲートを持つ荷室にはカスタムメイドのラゲッジセットを採用。ダブル・バブルのデザインが用いられたルーフには、コックピットに光を導くガラスインレイが装着されている。

生産台数は、シューティングブレークがクーペやヴォランテと同じ99台で、2018年の生産開始を予定。一方のスピードスターは28台となっているが、こちらについてはすでに全車売約済みで、2018年内の納車が予定されている。

(webCG)

◆「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ヴォランテ」シリーズのフォトギャラリーはこちら
 

関連キーワード:
ヴァンキッシュ, ヴァンキッシュ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン ヴァンキッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る