ケン・オクヤマ、ワンオフモデルの「Kode0」を発表

2017.08.21 自動車ニュース
「Kode0」
「Kode0」拡大

KEN OKUYAMA CARS(ケンオクヤマカーズ)は2017年8月18日(現地時間)、米カリフォルニア州モントレーで開催されたヒストリックカーイベント「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」において、「Kode0(コードゼロ)」を発表した。

 
ケン・オクヤマ、ワンオフモデルの「Kode0」を発表の画像拡大
 
ケン・オクヤマ、ワンオフモデルの「Kode0」を発表の画像拡大
 
ケン・オクヤマ、ワンオフモデルの「Kode0」を発表の画像拡大
 
ケン・オクヤマ、ワンオフモデルの「Kode0」を発表の画像拡大
 
ケン・オクヤマ、ワンオフモデルの「Kode0」を発表の画像拡大

コードゼロは、1970年代のスーパーカーを現代の技術で復活させるというコンセプトの元に開発されたワンオフモデルである。カーボンファイバーを多用したボディーは1550kgと軽量で、700psを発生するV12エンジンとも相まって世界トップレベルの動力性能を発揮するという。

エクステリアデザインは、低いノーズからリアエンドに至るまでが一本の線でつながったワンモーションのシルエットが特徴となっており、競合車との差別化や空力デバイスの採用などによって複雑化する昨今のスーパーカーとは一線を画するものとなっている。またフロントまわりでは、左右のフェンダーに高輝度LEDヘッドライトを溶け込ませることで、リトラクタブルヘッドライトを連想させる“顔のない”フロントデザインを実現。ラジエーターを冷却するエアインテークはドアに内蔵されている。

リアまわりではグリーンで塗装された6基のクーリングファンが特徴で、スリムな形状のLEDリアランプによりハイデッキスタイルを強調。左右のエアアウトレットと中央下部のエキゾーストアウトレットには、歴代のKodeシリーズと同じく三角形の意匠を用いている。

開発を担ったのはKEN OKUYAMA DESIGN青山スタジオで、内製によるカーボンファイバー製ボディーパネルの製造や、NCマシンによる切削作業を含むアッセンブルはKEN OKUYAMA CARS山形ファクトリーにて行われる。製作に際しては世界各国から最高峰のコンポーネンツを集め、作業のすべてをハンドメイドで行うとしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
国産その他, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事