クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第28回:個性派たちの遊撃戦
時代を変えた風雲児たち

2018.07.19 自動車ヒストリー 鈴木 真人 自動車の普及と販売競争がもたらした、大衆車から高級車にいたる序列。しかし歴史を振り返ると、ヒエラルキーの外に突然現れ、時代を変えるほどの衝撃を与えたモデルが確かに存在した。日本の自動車史に名を残す個性的な3台の“遊撃手”を紹介する。

トヨタと日産の販売戦争が激化

戦後日本のモータリゼーションを主導したのは、トヨタと日産である。1955年に発売された「トヨペット・クラウン」は、戦後初の本格的国産乗用車だった。公称最高速度100km/hという動力性能と快適な乗り心地が高い評価を受け、自主開発路線が正しかったことを証明した。しかし、100万円近くする価格は当時の庶民がおいそれと手を出せるものではない。自家用車として使われることは少なく、タクシー用途が主流だった。

自動車の普及に大きな役割を果たしたのは、1959年に日産が発売したひと回り小さなモデルの初代「ブルーバード」である。前身となる「ダットサン210型」がトラックと共用のシャシーだったのに対し、乗用車専用の設計を採用して走行性能を飛躍的に向上させた。タクシー需要が好調だっただけでなく、一般ユーザーからも支持されて売れ行きが伸びる。トヨタは1960年に2代目「コロナ」を発売して対抗するが、ブルーバードの牙城を崩すには至らなかった。

ブルーバードとコロナの販売合戦は次第に激しさを増し、社運をかけた競い合いが“BC戦争”と呼ばれるようになる。ブルーバードは1963年に発売された2代目のデザインが不評で、翌年発売された3代目コロナが初めて首位を奪った。それでもブルーバードはアメリカでの販売が好調を持続し、輸出台数ではコロナを上回っていた。

1966年になると、戦いの場を移してさらに競争はヒートアップ。日産が4月に「サニー」を発売し、ベーシックな大衆車の市場を切り開く。スタンダードが41万円という低価格もあり、人々は好感をもって迎え入れた。11月、トヨタは同じクラスの「カローラ」をデビューさせる。サニーよりも100cc大きな1100cエンジンを搭載し、「プラス100ccの余裕」というそのものズバリのキャッチコピーで優位性をアピールした。1970年になると、モデルチェンジしたサニーがエンジンを1200ccに拡大し、「隣のクルマが小さく見えます」とやり返す。

トヨタ博物館に展示される、初代「トヨペット・クラウン」。他社が海外メーカーのノックダウン生産で技術を蓄えようとする中、トヨタは自前の技術にこだわり、戦後初の本格的国産乗用車を完成させた。
トヨタ博物館に展示される、初代「トヨペット・クラウン」。他社が海外メーカーのノックダウン生産で技術を蓄えようとする中、トヨタは自前の技術にこだわり、戦後初の本格的国産乗用車を完成させた。拡大
小型大衆車の嚆矢(こうし)となった初代「ダットサン・ブルーバード」。当時主流だったタクシー需要に加え、一般ユーザーからも広く受け入れられたモデルで、女性オーナードライバー向けの特別仕様車「ファンシーデラックス」も設定された。
小型大衆車の嚆矢(こうし)となった初代「ダットサン・ブルーバード」。当時主流だったタクシー需要に加え、一般ユーザーからも広く受け入れられたモデルで、女性オーナードライバー向けの特別仕様車「ファンシーデラックス」も設定された。拡大
1964年に登場した3代目「トヨペット・コロナ」。トヨタは同車の性能の高さを訴求するため、当時開通したばかりの名神高速道路で10万km連続高速走行公開テストを実施。優れた高速性能と高い耐久性をアピールした。
1964年に登場した3代目「トヨペット・コロナ」。トヨタは同車の性能の高さを訴求するため、当時開通したばかりの名神高速道路で10万km連続高速走行公開テストを実施。優れた高速性能と高い耐久性をアピールした。拡大
1966年にデビューした初代「ダットサン・サニー」(上)と、初代「トヨペット・カローラ」(下)。
1966年にデビューした初代「ダットサン・サニー」(上)と、初代「トヨペット・カローラ」(下)。拡大
ホンダ シビック の中古車

清新なイメージを体現したシビック

ラインナップがそろい、トヨタでは「カローラ→コロナ→クラウン」、日産では「サニー→ブルーバード→セドリック」という序列が確立される。若い時にエントリーカーを手に入れ、収入や地位が上がるにつれてクルマもグレードアップさせていくという構図が固まったのである。

トヨタと日産が張り合う一方で、ほかのメーカーも注目すべきモデルを作っていた。1966年、富士重工がFFで水平対向エンジンというユニークなメカニズムを持つ「スバル1000」を発売。1967年には、東洋工業(現マツダ)がロータリーエンジンを搭載した「コスモスポーツ」を世に出す。1969年にホンダが満を持して発表したのは、空冷エンジンにこだわった「ホンダ1300」だった。それぞれに意欲的なメカニズムを備えたモデルだったが、モータリゼーションを担う主役とはなっていない。

時代を変えるほどのインパクトを持っていたのは、1972年の「ホンダ・シビック」である。アメリカの大気汚染規制法であるマスキー法を世界で最初にクリアしたCVCCエンジンを搭載したことで、世界に衝撃を与えたクルマだ。人気となったのは環境性能が優れていたからだけではない。何よりも、クルマ全体が新鮮さを感じさせたことが、若い人たちを引きつけた。

競争が激化すると、ユーザーの心をとらえるためにクルマをいかに高級に見せるかが販売戦略のテーマとなる。シビックはこうした風潮に背を向けた。飾り立てることをせず、経済的で合理的であることを前面に押し出したのだ。2ボックススタイルとFF方式を採用したのも、時代の先端を行っていた。ホンダは戦後にできた新しい自動車メーカーであり、F1参戦というチャレンジも行っていた。清新なイメージを見事に体現したのがシビックだったのである。

初代「ホンダ・シビック」は、1972年7月11日に東京・赤坂プリンスホテルで発表された。
初代「ホンダ・シビック」は、1972年7月11日に東京・赤坂プリンスホテルで発表された。拡大
「クリアするのは不可能」とさえ言われたマスキー法の規制をクリアする、クリーンな排気を実現したCVCCエンジン。1973年12月より導入された。
「クリアするのは不可能」とさえ言われたマスキー法の規制をクリアする、クリーンな排気を実現したCVCCエンジン。1973年12月より導入された。拡大
初代「シビック」のイメージスケッチ。
初代「シビック」のイメージスケッチ。拡大
2ボックススタイルのボディーとFFの駆動レイアウトがかなえた合理的で効率的なパッケージも、初代「ホンダ・シビック」の人気の一因となった。
2ボックススタイルのボディーとFFの駆動レイアウトがかなえた合理的で効率的なパッケージも、初代「ホンダ・シビック」の人気の一因となった。拡大

トレンディーなファミリアが初代イヤーカーに

同じように、ほかのクルマにはない個性によって80年代に人気を博したのが「マツダ・ファミリア」である。オート三輪のメーカーとして成功していた東洋工業は、1960年に軽自動車の「R360」で四輪乗用車の分野に進出した。1963年には小型乗用車のファミリアを発売し、ライトバンからセダン、クーペとラインナップを拡大していく。エンジンは「キャロル」のものを拡大した800ccの水冷直列4気筒で、700ccの「トヨタ・パブリカ」より大型だったことが購買意欲を刺激した。

ファミリアの4代目は、ヨーロッパや北米でも販売されるようになっていた。日本で大ヒットしたのは、初めてFF化された1980年の5代目である。駆動方式の変更に合わせてデザインを一新し、シンプルな面で構成された直線基調のハッチバックになった。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の登場で世界のトレンドとなっていたスタイルを、いち早く取り入れたのだ。

FFの利点を生かして室内は広く、前席シートはほとんどフルフラットになるまで倒すことができた。若者の圧倒的な支持を得たのは、電動サンルーフなどが標準装備とされた「XG」グレードである。色は鮮やかな赤が選ばれた。エンジンは74馬力の1.3リッターと85馬力の1.5リッターの2種類。どちらもクラストップレベルのハイパワーでありながらガソリン消費量は少なかった。前年に第2次オイルショックが起きていて、燃費のよさがアピールポイントとなったのだ。

この年から始まった日本カー・オブ・ザ・イヤーで、ファミリアは初代イヤーカーとなった。売れ行きはその後も伸び続け、1982年と83年には、月間販売台数でカローラとサニーを抑えて5回の1位を獲得している。

1963年に登場した初代「マツダ・ファミリア」。セダン、クーペ、バン、トラックという幅広いラインナップと、“白いエンジン”と呼ばれた総アルミ製の直4 OHVエンジンが特徴だった。
1963年に登場した初代「マツダ・ファミリア」。セダン、クーペ、バン、トラックという幅広いラインナップと、“白いエンジン”と呼ばれた総アルミ製の直4 OHVエンジンが特徴だった。拡大
1977年に登場した4代目「ファミリア」こと「ファミリアAP」。この代で初めて、基幹モデルのボディー形状にセダンではなくハッチバックが採用された。
1977年に登場した4代目「ファミリア」こと「ファミリアAP」。この代で初めて、基幹モデルのボディー形状にセダンではなくハッチバックが採用された。拡大
5代目「ファミリア」は1980年6月にデビュー。FFの駆動方式や多彩なシートアレンジ、直線基調のシンプルなスタイリングなどで人気を博し、大ヒットを記録した。
5代目「ファミリア」は1980年6月にデビュー。FFの駆動方式や多彩なシートアレンジ、直線基調のシンプルなスタイリングなどで人気を博し、大ヒットを記録した。拡大
ファミリアの誕生20周年を記念した特別仕様車「ファミリア ターボ スポルトヨーロッパ」。人気モデルとなった5代目ファミリアは、セダンやAT仕様の追加、ターボモデルの設定などを経て、1985年まで販売された。
ファミリアの誕生20周年を記念した特別仕様車「ファミリア ターボ スポルトヨーロッパ」。人気モデルとなった5代目ファミリアは、セダンやAT仕様の追加、ターボモデルの設定などを経て、1985年まで販売された。拡大

パリでダンスしたジェミニ

戦前にバスやトラックなどの生産でトップ企業となっていたいすゞ自動車は、戦後になると「ヒルマン・ミンクス」のライセンス生産で乗用車部門に進出する。その経験をもとに、「ベレル」「ベレット」という独自開発のモデルを製造するようになった。ベレルは失敗に終わったが、ベレットはスポーティーなハンドリングで高い評価を受ける。それでも乗用車販売のノウハウに乏しいいすゞは1960年代に経営が悪化し、1971年にアメリカのゼネラルモーターズ(GM)と資本提携することになった。

GMでは「グローバルカー構想」を推進しており、その中で生まれたのが「ジェミニ」だった。「オペル・カデット」をベースとし、世界中でそれぞれの国に合わせたモデルを製造する取り組みである。「シボレー・シェベット」や「ポンティアック1000」は姉妹車にあたる。

ジェミニは1985年にFF化され、2代目となった。こちらはいすゞが独自に開発したモデルである。基本デザインは「117クーペ」や「ピアッツァ」も手がけたジョルジェット・ジウジアーロが担当し、都会的な印象を与える洗練されたスタイルとなった。1.5リッターのガソリンエンジンのほかに、お得意のディーゼルエンジンも用意された。

キビキビとしたハンドリングが好評で、売れ行きも順調に伸びていく。クルマの出来の良さ以外にも、ヒットの要因があった。「街の遊撃手」というキャッチコピーが使われたCMが、強い印象を残したのである。パリにクルマを持ち込み、凱旋(がいせん)門やエッフェル塔を背景にして撮影を行った。ワルツやシャンソンが流れる中、ジェミニがダンスを踊るように街を走る。息を合わせて流れるようにランデブー走行する様子は優雅に見えたが、華麗な動きの裏にはプロのドライバーチームの緻密な運転技術があった。

最初の2台バージョンから徐々に数が増えて、20台以上がエレガントな乱舞を披露するCMもあった。地下鉄の駅から階段を駆け上がるシーンも撮影されている。CMのコンセプトには、ハンドリング重視、ヨーロッパ志向というジェミニのキャラクターが強く表れていた。ドイツのイルムシャーやイギリスのロータスと組み、スポーティーなチューニングが施された特別モデルも販売されている。

いすゞは2002年に乗用車部門から撤退したが、ジェミニのCMは今も語り継がれている傑作だ。初代シビック、赤いファミリアも、一つの時代を作ったクルマとして今も多くの人が鮮明に記憶している。突然現れて華麗な遊撃戦を繰り広げたクルマたちは、風景を一変させてしまうような衝撃をもたらしたのだ。

(文=webCG/イラスト=日野浦 剛/写真=いすゞ自動車、トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、マツダ)

高い運動性能によって人気を博した「いすゞ・ベレット」。写真は“ベレG”の名で親しまれ、日本車として初めて車名に“GT”の文字を冠した「ベレット1600GT」。
高い運動性能によって人気を博した「いすゞ・ベレット」。写真は“ベレG”の名で親しまれ、日本車として初めて車名に“GT”の文字を冠した「ベレット1600GT」。拡大
1974年に登場した初代「ジェミニ」は、「オペル・カデット」の姉妹車だった。
1974年に登場した初代「ジェミニ」は、「オペル・カデット」の姉妹車だった。拡大
1985年に登場した2代目「いすゞ・ジェミニ」。初代とは異なり、いすゞ独自のコンパクトカーとしてデビューした。
1985年に登場した2代目「いすゞ・ジェミニ」。初代とは異なり、いすゞ独自のコンパクトカーとしてデビューした。拡大
2代目「ジェミニ」のインストゥルメントパネルまわり。写真は「1500 3ドアHBC/C」のもの。
2代目「ジェミニ」のインストゥルメントパネルまわり。写真は「1500 3ドアHBC/C」のもの。拡大
“シグナスII”こと4EC1型1.5リッターディーゼルターボエンジン。
“シグナスII”こと4EC1型1.5リッターディーゼルターボエンジン。拡大
2代目「ジェミニ」には、ヨーロッパを想起させるさまざまなモデルがラインナップされた。写真は上から、「イルムシャー 4ドアセダン」「ユーロルーフ2」「ZZハンドリングbyロータス 3ドア」。
2代目「ジェミニ」には、ヨーロッパを想起させるさまざまなモデルがラインナップされた。写真は上から、「イルムシャー 4ドアセダン」「ユーロルーフ2」「ZZハンドリングbyロータス 3ドア」。拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ シビック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。