BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファイン

2017.08.23 自動車ニュース
「BMW 1シリーズ」
「BMW 1シリーズ」拡大

BMWジャパンは2017年8月23日、「BMW 1シリーズ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

※日本仕様はすべて右ハンドル
※日本仕様はすべて右ハンドル拡大
 
BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファインの画像拡大
 
BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファインの画像拡大

今回の改良では内装デザインの大幅変更と、一部装備の見直しが行われた。

インテリアでは、ハイグロスブラックを使用したセンターコンソールとインストゥルメントパネルに新デザインを採用したほか、トリムにはクロームメッキ加飾を追加。素材も上質なものへと変更し、質感も向上させた。

装備面では、タッチ操作に対応したコントロールディスプレイを採用。HDDナビゲーションシステムのメニュー画面の使い勝手も向上させている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 118i:317万円
  • 118iスポーツ:364万円
  • 118iスタイル:364万円
  • 118i Mスポーツ:384万円
  • 118dスポーツ:385万円
  • 118dスタイル:385万円
  • 118d Mスポーツ:405万円
  • 120iスポーツ:439万円
  • 120iスタイル:439万円
  • 120i Mスポーツ:452万円
  • M140i:618万円

(webCG)

 

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
  • FFを選んでもコダワリは変わらず
    新型「1シリーズ」に見るBMWの理想主義
    2019.8.2 デイリーコラム フルモデルチェンジでFFになった、コンパクトハッチバック「BMW 1シリーズ」。FRからの転向にはどんな背景があったのだろうか。BMWの開発ポリシーにも大きな変化が? 関係者の話を交え、藤島知子がリポートする。
ホームへ戻る