BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファイン

2017.08.23 自動車ニュース
「BMW 1シリーズ」
「BMW 1シリーズ」拡大

BMWジャパンは2017年8月23日、「BMW 1シリーズ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

※日本仕様はすべて右ハンドル
※日本仕様はすべて右ハンドル拡大
 
BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファインの画像拡大
 
BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファインの画像拡大

今回の改良では内装デザインの大幅変更と、一部装備の見直しが行われた。

インテリアでは、ハイグロスブラックを使用したセンターコンソールとインストゥルメントパネルに新デザインを採用したほか、トリムにはクロームメッキ加飾を追加。素材も上質なものへと変更し、質感も向上させた。

装備面では、タッチ操作に対応したコントロールディスプレイを採用。HDDナビゲーションシステムのメニュー画面の使い勝手も向上させている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 118i:317万円
  • 118iスポーツ:364万円
  • 118iスタイル:364万円
  • 118i Mスポーツ:384万円
  • 118dスポーツ:385万円
  • 118dスタイル:385万円
  • 118d Mスポーツ:405万円
  • 120iスポーツ:439万円
  • 120iスタイル:439万円
  • 120i Mスポーツ:452万円
  • M140i:618万円

(webCG)

 

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る