漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場

2017.08.28 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」拡大

トヨタ自動車は2017年8月28日、「クラウン アスリート」に特別仕様車“J-FRONTIERリミテッド”を設定し、販売を開始した。

「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」のリアビュー。
「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」のリアビュー。拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
「クラウン アスリートS“J-FRONTIERリミテッド”」
「クラウン アスリートS“J-FRONTIERリミテッド”」拡大

今回の“J-FRONTIERリミテッド”は、駐車場などでのアクセル踏み間違え時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」を装備したほか、特別な内外装が与えられている。

特別装備の内容は以下の通り。

【全車共通】

  • 外装色:ブラックほか全6色、および「JAPAN COLOR SELECTION PACKAGE」(全12色)
  • 内装色:アイアンブラック(特別設定色)
  • フロントグリル(フードモール、アッパーモール、ロアモール、カバーモール):漆黒メッキ
  • フロントフォグランプベゼル:ブラック
  • 本革巻き4本スポークステアリングホイール:ブラックレイヤーウッド(本杢目)
  • インストゥルメントパネル/ドアトリム/センターコンソール/シフトノブ:ブラックレイヤーウッド調加飾
  • ウルトラスエード×本革シート表皮
  • アルミペダル(アクセル、ブレーキ)
  • インテリジェントクリアランスソナー

【S“J-FRONTIERリミテッド”、S Four“J-FRONTIERリミテッド”】

  • 王冠エンブレム(フロント)/Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付き)/リアライセンス、LEDリアコンビネーションガーニッシュ:ダークスモークメッキ
  • LEDリアコンビネーションランプ(エクステンションサイド部):ブラック

【S-T“J-FRONTIERリミテッド”】

  • リアバンパーロアスポイラー:ブラック
  • 前席シートヒーター

価格は以下の通り。

  • S-T“J-FRONTIERリミテッド”:454万6800円
  • S“J-FRONTIERリミテッド”:497万8800円
  • S Four“J-FRONTIERリミテッド”:519万4800円

(webCG)

関連キーワード:
クラウン アスリート, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
ホームへ戻る