レトロモダンな限定車 「MINIアイスブルー」登場

2017.09.11 自動車ニュース
「MINIクーパーD 5ドア アイスブルー」
「MINIクーパーD 5ドア アイスブルー」拡大

BMWジャパンは2017年9月8日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」に特別仕様車「ICE BLUE(アイスブルー)」を設定し、400台の台数限定で販売を開始した。

 
レトロモダンな限定車 「MINIアイスブルー」登場の画像拡大
 
レトロモダンな限定車 「MINIアイスブルー」登場の画像拡大
 
レトロモダンな限定車 「MINIアイスブルー」登場の画像拡大

BMWジャパンでは9月8日を「MINIクーパー(98)デイ」として、キャンペーンを実施。今回のアイスブルーはこれを記念して設定されたモデルで、過去に人気を博した「アイスブルー」のボディーカラーを復刻し、専用装備としている。

インテリアには、光沢のある乳白色の陶磁器、ボーンチャイナにインスパイアされたというオフホワイトのダッシュボードパネルを採用。日本限定となるこのパネルの表面には、レーザー技術により細かなパターンが彫り込まれており、光の当たり方によって表情を変える。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • ボディーカラー:アイスブルー(専用装備)
  • ホワイトルーフ&ミラーキャップ
  • LEDフロントフォグランプ
  • LEDヘッドライト
  • ホワイトターンシグナルライト
  • インテリアサーフェス:オフホワイト(専用装備、ダッシュボード&フロントエアダクト)
  • ナビゲーションパッケージ
  • ライトパッケージ
  • コンフォートアクセス
  • ストレージコンパートメントパッケージ

価格は以下の通り。

  • MINIクーパー 3ドア アイスブルー:335万3000円
  • MINIクーパー 5ドア アイスブルー:353万3000円
  • MINIクーパーD 5ドア アイスブルー:373万3000円

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
ホームへ戻る