「トヨタ・ハイラックス」、13年ぶりに国内で発売

2017.09.12 自動車ニュース
「トヨタ・ハイラックスZ」
「トヨタ・ハイラックスZ」拡大

トヨタ自動車は2017年9月12日、ピックアップトラック「ハイラックス」の販売を開始した。

「ハイラックス」は現在、タイを中心とした海外の10カ所で生産されている。
「ハイラックス」は現在、タイを中心とした海外の10カ所で生産されている。拡大
インテリアカラーはブラックが基調。シルバーのアクセントでドレスアップされている。
インテリアカラーはブラックが基調。シルバーのアクセントでドレスアップされている。拡大
後席の座面はチップアップ可能。背の高い荷物を室内に積載できる。
後席の座面はチップアップ可能。背の高い荷物を室内に積載できる。拡大
荷台の様子。オプションでベッドライナー(ポリ塩化ビニール製の中敷き)やトノカバーも用意される。
荷台の様子。オプションでベッドライナー(ポリ塩化ビニール製の中敷き)やトノカバーも用意される。拡大
フロントバンパープロテクターほか販売店オプションでドレスアップされた「トヨタ・ハイラックス」。
フロントバンパープロテクターほか販売店オプションでドレスアップされた「トヨタ・ハイラックス」。拡大
 
「トヨタ・ハイラックス」、13年ぶりに国内で発売の画像拡大

トヨタ・ハイラックスが日本国内で販売されるのは、2004年12月に6代目の取り扱いが終了して以来、およそ13年ぶり。海外生産の7代目をスキップする形で、2015年5月にデビューした8代目が日本に輸入されることになった。

日本仕様車の生産は、タイ国内で行われる。目標販売台数は年間2000台で、約9000人といわれる旧型ハイラックスユーザーの乗り換え先や、“団塊世代”の新たな選択肢、アウトドアでの活動が盛んな若者のツールとして提案したいという。

最新型ハイラックスのボディーサイズは、全長×全幅×全高=5335×1855×1800mmで、ホイールベースは3085mm。キャビンは2列シートの定員5人で、その後方に長さ×幅×高さ=1520×1535×480mmの荷台が設けられている。エクステリアデザインは、「タフ&エモーショナル」がコンセプト。迫力と躍動感を表現したとアピールされる。一方インテリアは、ブラックを基調に、シルバーの装飾やブルーのイルミネーションなどで洗練された室内空間が演出されている。

パワーユニットは、2.4リッター直4ディーゼルターボ「2GD-FTV」のみ。最高出力は150ps/3400rpmで、最大トルクは400Nm/1600-2000rpm。燃費は11.8km/リッター(JC08モード)である。駆動方式は、パートタイム式の4WDで、走行環境にあわせて、ダイヤル操作で2輪駆動または4輪駆動を選択できる。サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアがリーフスプリング式。「ヒルスタートアシストコントロール」や「アクティブトラクションコントロール」、「ダウンヒルアシストコントロール」などの電子制御システムも用意される。

そのほか上級モデルには、クルマだけでなく歩行者も認識する「歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステム」や、車線逸脱の回避を支援する「レーンディパーチャーアラート」も搭載される。

価格は以下の通り。ボディーカラーは、「ネビュラブルーメタリック」や「クリムゾンスパークレッドメタリック」を含む5色から選べる。

  • X(4WD/6AT):326万7000円
  • Z(4WD/6AT):374万2200円

(webCG)

関連キーワード:
ハイラックス, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
ホームへ戻る