「トヨタ・ハイラックス」、13年ぶりに国内で発売

2017.09.12 自動車ニュース
「トヨタ・ハイラックスZ」
「トヨタ・ハイラックスZ」拡大

トヨタ自動車は2017年9月12日、ピックアップトラック「ハイラックス」の販売を開始した。

「ハイラックス」は現在、タイを中心とした海外の10カ所で生産されている。
「ハイラックス」は現在、タイを中心とした海外の10カ所で生産されている。拡大
インテリアカラーはブラックが基調。シルバーのアクセントでドレスアップされている。
インテリアカラーはブラックが基調。シルバーのアクセントでドレスアップされている。拡大
後席の座面はチップアップ可能。背の高い荷物を室内に積載できる。
後席の座面はチップアップ可能。背の高い荷物を室内に積載できる。拡大
荷台の様子。オプションでベッドライナー(ポリ塩化ビニール製の中敷き)やトノカバーも用意される。
荷台の様子。オプションでベッドライナー(ポリ塩化ビニール製の中敷き)やトノカバーも用意される。拡大
フロントバンパープロテクターほか販売店オプションでドレスアップされた「トヨタ・ハイラックス」。
フロントバンパープロテクターほか販売店オプションでドレスアップされた「トヨタ・ハイラックス」。拡大
 
「トヨタ・ハイラックス」、13年ぶりに国内で発売の画像拡大

トヨタ・ハイラックスが日本国内で販売されるのは、2004年12月に6代目の取り扱いが終了して以来、およそ13年ぶり。海外生産の7代目をスキップする形で、2015年5月にデビューした8代目が日本に輸入されることになった。

日本仕様車の生産は、タイ国内で行われる。目標販売台数は年間2000台で、約9000人といわれる旧型ハイラックスユーザーの乗り換え先や、“団塊世代”の新たな選択肢、アウトドアでの活動が盛んな若者のツールとして提案したいという。

最新型ハイラックスのボディーサイズは、全長×全幅×全高=5335×1855×1800mmで、ホイールベースは3085mm。キャビンは2列シートの定員5人で、その後方に長さ×幅×高さ=1520×1535×480mmの荷台が設けられている。エクステリアデザインは、「タフ&エモーショナル」がコンセプト。迫力と躍動感を表現したとアピールされる。一方インテリアは、ブラックを基調に、シルバーの装飾やブルーのイルミネーションなどで洗練された室内空間が演出されている。

パワーユニットは、2.4リッター直4ディーゼルターボ「2GD-FTV」のみ。最高出力は150ps/3400rpmで、最大トルクは400Nm/1600-2000rpm。燃費は11.8km/リッター(JC08モード)である。駆動方式は、パートタイム式の4WDで、走行環境にあわせて、ダイヤル操作で2輪駆動または4輪駆動を選択できる。サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアがリーフスプリング式。「ヒルスタートアシストコントロール」や「アクティブトラクションコントロール」、「ダウンヒルアシストコントロール」などの電子制御システムも用意される。

そのほか上級モデルには、クルマだけでなく歩行者も認識する「歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステム」や、車線逸脱の回避を支援する「レーンディパーチャーアラート」も搭載される。

価格は以下の通り。ボディーカラーは、「ネビュラブルーメタリック」や「クリムゾンスパークレッドメタリック」を含む5色から選べる。

  • X(4WD/6AT):326万7000円
  • Z(4WD/6AT):374万2200円

(webCG)

関連キーワード:
ハイラックス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイラックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
ホームへ戻る