「トヨタ・ハイラックス」、13年ぶりに国内で発売

2017.09.12 自動車ニュース
「トヨタ・ハイラックスZ」
「トヨタ・ハイラックスZ」拡大

トヨタ自動車は2017年9月12日、ピックアップトラック「ハイラックス」の販売を開始した。

「ハイラックス」は現在、タイを中心とした海外の10カ所で生産されている。
「ハイラックス」は現在、タイを中心とした海外の10カ所で生産されている。拡大
インテリアカラーはブラックが基調。シルバーのアクセントでドレスアップされている。
インテリアカラーはブラックが基調。シルバーのアクセントでドレスアップされている。拡大
後席の座面はチップアップ可能。背の高い荷物を室内に積載できる。
後席の座面はチップアップ可能。背の高い荷物を室内に積載できる。拡大
荷台の様子。オプションでベッドライナー(ポリ塩化ビニール製の中敷き)やトノカバーも用意される。
荷台の様子。オプションでベッドライナー(ポリ塩化ビニール製の中敷き)やトノカバーも用意される。拡大
フロントバンパープロテクターほか販売店オプションでドレスアップされた「トヨタ・ハイラックス」。
フロントバンパープロテクターほか販売店オプションでドレスアップされた「トヨタ・ハイラックス」。拡大
 
「トヨタ・ハイラックス」、13年ぶりに国内で発売の画像拡大

トヨタ・ハイラックスが日本国内で販売されるのは、2004年12月に6代目の取り扱いが終了して以来、およそ13年ぶり。海外生産の7代目をスキップする形で、2015年5月にデビューした8代目が日本に輸入されることになった。

日本仕様車の生産は、タイ国内で行われる。目標販売台数は年間2000台で、約9000人といわれる旧型ハイラックスユーザーの乗り換え先や、“団塊世代”の新たな選択肢、アウトドアでの活動が盛んな若者のツールとして提案したいという。

最新型ハイラックスのボディーサイズは、全長×全幅×全高=5335×1855×1800mmで、ホイールベースは3085mm。キャビンは2列シートの定員5人で、その後方に長さ×幅×高さ=1520×1535×480mmの荷台が設けられている。エクステリアデザインは、「タフ&エモーショナル」がコンセプト。迫力と躍動感を表現したとアピールされる。一方インテリアは、ブラックを基調に、シルバーの装飾やブルーのイルミネーションなどで洗練された室内空間が演出されている。

パワーユニットは、2.4リッター直4ディーゼルターボ「2GD-FTV」のみ。最高出力は150ps/3400rpmで、最大トルクは400Nm/1600-2000rpm。燃費は11.8km/リッター(JC08モード)である。駆動方式は、パートタイム式の4WDで、走行環境にあわせて、ダイヤル操作で2輪駆動または4輪駆動を選択できる。サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアがリーフスプリング式。「ヒルスタートアシストコントロール」や「アクティブトラクションコントロール」、「ダウンヒルアシストコントロール」などの電子制御システムも用意される。

そのほか上級モデルには、クルマだけでなく歩行者も認識する「歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステム」や、車線逸脱の回避を支援する「レーンディパーチャーアラート」も搭載される。

価格は以下の通り。ボディーカラーは、「ネビュラブルーメタリック」や「クリムゾンスパークレッドメタリック」を含む5色から選べる。

  • X(4WD/6AT):326万7000円
  • Z(4WD/6AT):374万2200円

(webCG)

関連キーワード:
ハイラックス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイラックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
ホームへ戻る