「トヨタ・ヴィッツ」の特別仕様車“セーフティーエディション”発売

2017.10.02 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」拡大

トヨタ自動車は2017年10月2日、コンパクトカー「ヴィッツ」の特別仕様車「ヴィッツF“Safety Edition(セーフティーエディション)”」を発表。同日、販売を開始した。

「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」
「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」拡大

今回のF“セーフティーエディション”は、ヴィッツの「ハイブリッドF」および「F」をベースに、安全性に配慮しながらドレスアップを施したという特別仕様車。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」が標準装備されるほか、メッキ加飾を施したアウトサイドドアハンドルおよびインサイドドアハンドル、ブルーブラック&ブラックの専用ファブリックシートが装着される。さらに、スマートエントリー&スタートシステムとイルミネーテッドエントリーシステムも備わる。

価格は以下の通り。ボディーカラーは、「ジュエラ」専用色のダークブルーマイカ、ボルドーマイカメタリックを含む全6色が用意される。

  • F“セーフティーエディション”(1リッター/FF車):138万4560円
  • F“セーフティーエディション”(1.3リッター/FF車):154万1160円
  • F“セーフティーエディション”(1.3リッター/4WD車):164万9160円
  • ハイブリッドF“セーフティーエディション”(ハイブリッド/FF車):187万9200円

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
ホームへ戻る