「トヨタ・ヴィッツ」の特別仕様車“セーフティーエディション”発売

2017.10.02 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」拡大

トヨタ自動車は2017年10月2日、コンパクトカー「ヴィッツ」の特別仕様車「ヴィッツF“Safety Edition(セーフティーエディション)”」を発表。同日、販売を開始した。

「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」
「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディション”」拡大

今回のF“セーフティーエディション”は、ヴィッツの「ハイブリッドF」および「F」をベースに、安全性に配慮しながらドレスアップを施したという特別仕様車。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」が標準装備されるほか、メッキ加飾を施したアウトサイドドアハンドルおよびインサイドドアハンドル、ブルーブラック&ブラックの専用ファブリックシートが装着される。さらに、スマートエントリー&スタートシステムとイルミネーテッドエントリーシステムも備わる。

価格は以下の通り。ボディーカラーは、「ジュエラ」専用色のダークブルーマイカ、ボルドーマイカメタリックを含む全6色が用意される。

  • F“セーフティーエディション”(1リッター/FF車):138万4560円
  • F“セーフティーエディション”(1.3リッター/FF車):154万1160円
  • F“セーフティーエディション”(1.3リッター/4WD車):164万9160円
  • ハイブリッドF“セーフティーエディション”(ハイブリッド/FF車):187万9200円

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.18 試乗記 要人御用達の国産ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」が、20年ぶりにフルモデルチェンジ。「継承と進化」をテーマに開発された新型は、ほかのサルーンでは味わえない独自の高級車像を築き上げていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターS(FR/6MT)【試乗記】 2018.8.18 試乗記 マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」がマイナーチェンジ。エンジンに手が入れられた最新の「ロードスターRF」と「ロードスター」を乗り比べてみると、つくり手の思いが詰まったモダンなスポーツカー像が見えてきた。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
ホームへ戻る