トヨタ・ヴィッツのアイドリングストップ車拡大

2011.09.06 自動車ニュース

「トヨタ・ヴィッツ」のアイドリングストップ車拡大

トヨタ自動車は、コンパクトカー「ヴィッツ」のグレード体系を見直し、アイドリングストップ機能の搭載車種を拡大した。

これまでベーシックグレード「F」にのみ設定されていたアイドリングストップ機能付きモデル「SMART STOPパッケージ」が、上級グレードの「U」や女性向けグレード「Jewela」の1.3リッターFF車でも選べるようになった。
10・15モードの燃費は、いずれも26.5km/リッター。

価格は、「U SMART STOPパッケージ」が156万円で、「Jewela SMART STOPパッケージ」が142万円。

(webCG 関)

「トヨタ・ヴィッツ U SMART STOPパッケージ」
「トヨタ・ヴィッツ U SMART STOPパッケージ」 拡大

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
ホームへ戻る