限定4台、「BMW i8」にマットイエローの特別仕様車

2017.10.04 自動車ニュース
「BMW i8プロトニックフローズンイエロー」
「BMW i8プロトニックフローズンイエロー」拡大

BMWジャパンは2017年10月4日、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」に特別仕様車「i8 Protonic Frozen yellow(プロトニックフローズンイエロー)」を設定し、4台の台数限定で注文受け付けを開始した。納車は同年11月からを予定している。

 
限定4台、「BMW i8」にマットイエローの特別仕様車の画像拡大
 
限定4台、「BMW i8」にマットイエローの特別仕様車の画像拡大
 
限定4台、「BMW i8」にマットイエローの特別仕様車の画像拡大
 
限定4台、「BMW i8」にマットイエローの特別仕様車の画像拡大
 
限定4台、「BMW i8」にマットイエローの特別仕様車の画像拡大

今回のi8プロトニックフローズンイエローは、ボディーカラーに専用のマットカラー「プロトニックフローズンイエロー」を採用。同じく内側をマット加工した20インチアロイホイールとの組み合わせにより、存在感を強調したエクステリアを特徴としている。さらにヘッドランプには、LEDヘッドライト比で約2倍の照射距離を実現した「BMWレーザーライト」を標準装備した。

インテリアについては、ブラックを基調としながらイエローのアクセントを随所に採用。エディションネーム、シリアルナンバー入りの専用バッジも備わる。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー「プロトニックフローズンイエロー/フローズングレーメタリックアクセント」
  • 専用20インチBMW iライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング470<内側マット仕上げ>(フロント:20×7 1/2Jホイール+215/45R20タイヤ、リア:20×8 1/2Jホール+245/40R20タイヤ)
  • BMWレーザーライト
  • ブラックハイグロスフロントブレーキキャリパー(BMW iロゴ付き)
  • 専用スフェリックレザークロスアクセントシート(シートカラー:アミドイエローハイライト)
  • 専用ベロアフロアマット
  • アンソラジットルーフライニング
  • 専用ドアシルプレート
  • ブラックセラミックセレクターレバー
  • 専用グレーシートベルト
  • 専用インテリアバッジ(シリアルナンバー入り)
  • コンフォートアクセス
  • ストレージパッケージ(ポータブルカップホルダー<リアセンターコンソールに2個>、シートバックネット、収納ネット、ラゲッジコンパートメントカバー)
  • Chrage Now(全国の提携公共充電器での充電サービス/初年度無料)

価格は2298万円。

(webCG)

関連キーワード:
i8, BMW, 自動車ニュース

BMW i8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【試乗記】 2018.11.17 試乗記 2017年11月のロサンゼルスモーターショーで発表された「i8ロードスター」は、プラグインハイブリッドスポーツ「i8」の派生モデルにして、BMWが「ピュアオープンeモビリティー」と呼ぶフラッグシップモデル。i8はオープン化によって、どんな走りをみせてくれるのか。
ホームへ戻る