「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動

2017.10.11 自動車ニュース

ルノー・ジャポンは2017年10月11日、アルピーヌブランドモデルの日本における輸入販売事業を行うため、ビジネスユニット アルピーヌ・ジャポンを10月に設立したと発表した。CEOはルノー・ジャポン代表取締役社長の大極 司氏が務める。

アルピーヌ・ジャポンは、セールス、マーケティング、サービス等のオペレーション業務をルノー・ジャポンに委託し、事業を行う。同社は2018年初めに、新型車「アルピーヌA110」と、その販売に関する発表を行う予定だ。

(webCG)

「アルピーヌA110」(写真はジュネーブモーターショー2017に出展された際のもの)
「アルピーヌA110」(写真はジュネーブモーターショー2017に出展された際のもの)拡大

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入 2019.6.18 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンが「A110S」を2020年の前半に日本に導入すると発表。292psの高出力エンジンを搭載した「A110」の高性能版で、サスペンションの剛性アップやワイドタイヤの装着といった改良が施されるほか、オプションでカーボンルーフも用意されている。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
ホームへ戻る