「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動

2017.10.11 自動車ニュース

ルノー・ジャポンは2017年10月11日、アルピーヌブランドモデルの日本における輸入販売事業を行うため、ビジネスユニット アルピーヌ・ジャポンを10月に設立したと発表した。CEOはルノー・ジャポン代表取締役社長の大極 司氏が務める。

アルピーヌ・ジャポンは、セールス、マーケティング、サービス等のオペレーション業務をルノー・ジャポンに委託し、事業を行う。同社は2018年初めに、新型車「アルピーヌA110」と、その販売に関する発表を行う予定だ。

(webCG)

「アルピーヌA110」(写真はジュネーブモーターショー2017に出展された際のもの)
「アルピーヌA110」(写真はジュネーブモーターショー2017に出展された際のもの)拡大

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • 半世紀の時を超えて 新旧「アルピーヌA110」に見るフレンチスポーツの進化 2020.3.6 デイリーコラム 復活、復刻、リバイバル。往年の名車を思わせるモデルがさまざまなブランドから登場するなか、筆者は「アルピーヌA110S」の走りに大きな衝撃を受けたという。スポーツカーの進化について、ひとりのクルマ好きが語った。
  • アルピーヌが「A110」の限定モデルやパーソナライゼーションプログラムを日本に導入 2020.3.4 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンが「A110」の2車種の限定モデルと、パーソナライゼーションプログラムの日本導入を発表。エレガントな内外装が特徴の「リネージGT」を2020年春に、イエローの外装色が特徴の「カラーエディション2020」を同年夏に導入するとしている。
ホームへ戻る