「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動

2017.10.11 自動車ニュース

ルノー・ジャポンは2017年10月11日、アルピーヌブランドモデルの日本における輸入販売事業を行うため、ビジネスユニット アルピーヌ・ジャポンを10月に設立したと発表した。CEOはルノー・ジャポン代表取締役社長の大極 司氏が務める。

アルピーヌ・ジャポンは、セールス、マーケティング、サービス等のオペレーション業務をルノー・ジャポンに委託し、事業を行う。同社は2018年初めに、新型車「アルピーヌA110」と、その販売に関する発表を行う予定だ。

(webCG)

「アルピーヌA110」(写真はジュネーブモーターショー2017に出展された際のもの)
「アルピーヌA110」(写真はジュネーブモーターショー2017に出展された際のもの)拡大

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • 第8回:アルピーヌA110(後編) 2018.10.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 「アルピーヌA110」のデザインについて、その弱点を指摘しつつ、同時に「欲しくなった」とも語った明照寺氏。その理由はどこにあるのか? 現役の自動車デザイナーが個人的な欲望を刺激されるクルマとは、どのようなものなのか?
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • 第7回:アルピーヌA110(前編) 2018.10.10 カーデザイナー明照寺彰の直言 レースやラリーで名をはせた「アルピーヌ」の名とともに、復活を遂げたフランスのスポーツカー「アルピーヌA110」。尻下がりのフォルムや特徴的な各部のプレスラインなど、オリジナルを忠実に再現したその意匠を、現役のカーデザイナーはどう評するのか?
ホームへ戻る