「ルノー・ルーテシア」に5段MTの新グレード

2017.10.12 自動車ニュース

ルノー・ジャポンは2017年10月12日、「ルーテシア」に、0.9リッター直3ターボエンジンと5段MTを組み合わせた新グレード「ゼンMT」の販売を開始した。

「ゼン」は、日本の禅を由来としたモデル名を冠する、ルーテシアの中間グレードである。同グレードのMT仕様については、2015年1月に一度設定されていたが、その後カタログ落ち。これまではデュアルクラッチ式ATを搭載した「ゼンEDC」のみがラインナップされていた。

なお、ブリリアントブラックのサイドプロテクションモールや、ツートンカラーのアロイホイール、ダークトーンのインテリアといった仕様については、EDCモデルと共通となっている。

価格は、EDC仕様より13万円安い204万円。

(webCG)
 

「ルノー・ルーテシア ゼンMT」
「ルノー・ルーテシア ゼンMT」拡大

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • 「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる? 2021.6.11 デイリーコラム これまでルノースポールが担ってきた事業を、同じグループ・ルノーのアルピーヌが受け継ぐことに。その変化は、これまで「R.S.」の名で親しまれてきた高性能モデルにどんな影響をおよぼすのか? 事情通がリポートする。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
ホームへ戻る